マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル 〜 枯淡の境地のショパン!

毎年のようにカーネギーホールでリサイタルを開いているイタリアの巨匠、マウリツィオ・ポリーニ。今年も5月にニューヨークに来演。

 Pollini 1

今年はリサイタルに加え、室内楽やオーケストラ・コンサートでのコンチェルトなど、多彩なプログラムが用意されたが、私が行ったのはリサイタルの回で、得意のオール・ショパン・プログラム

      Pollini 2

当初はドビュッシーの前奏曲集などもプログラムに組み込まれていたのだが、事前にショパンのみのプログラムに変更されていた。メインにピアノ・ソナタ第3番を据え、その前後に様々な曲を組み込んだ構成。

 Pollini 3

プログラムの前半は、作品27の2曲の夜想曲バラードの第3・4番子守唄、そしてスケルツォ第1番で締めくくられた。今年75歳になったポリーニだが、若い頃に比べ、演奏スタイル、そしてピアノの音色も本当に変わった。昔は大理石のようなひんやりとした音色で、完璧という言葉はこの人のためにあるとでも言うような隙のない演奏だったのだが、近年は流動性の高いいわば草書体の演奏。テクニックの完璧さはさすがにかなり後退した感じだが、ピアノの音色は随分艶っぽくなって、高音など光り輝くように美しい。これは、ピアノ界のロールスロイスと言われる、名調律師アンジェロ・ファブリーニの手になるピアノを使っている事も大きいのだろうか。ピアノを見るとスタインウェイの文字の下に、ファブリーニの名前がしっかりと刻印されている!

 Pollini 4

前半のプログラムでは、最初の夜想曲は少しそっけなく弾き過ぎている印象を受け、曲の美しさが際立ってこない感じだったが、その後のバラードスケルツォはさすが。そっけなく弾き流しているように見えて、旋律線はくっきりと浮かび上がってくるし、ショパンのこうした曲に必要な「間」が絶妙に織り交ぜられていて、これらの曲を一つの小宇宙として提示できるのは、巨匠の芸以外何者でもないといった感じ!

 Pollini 5

後半も夜想曲(作品55の2曲)から始まり、ソナタの第3番。こちらも非常に流動感の強い演奏で、淡々と進めているように見えて、その中からくっきりとショパンの音楽が浮かび上がってくるのが素晴らしい!

 Pollini 7

これだけのショパンの曲を弾いて疲れたのか、プログラムはバラード第1番1曲のみ。この曲はポリーニのお気に入りなのか、極めて高い頻度でこの曲を弾くことが多いような印象(全てのコンサートに行っているわけではもちろんないので、偉そうな事は言えませんが…)。

 Pollini 6

昔のポリーニの演奏を知っている中高年層の人の中には、今の彼の演奏を高く評価しない人が結構いるのだが、芸術家が人間である以上、長い年月の間に演奏スタイルが変化していくのはむしろ当然で、個人的にはその優劣を論じても意味がないのではないかと思う。確かに昔に比べてテクニックの完璧さなど、失ったものもあるかも知れないが、ピアノの音色の美しさ・艶っぽさは今が上だと思うし、今の草書体の演奏にも、若手のピアニストが同じように弾いたって、多分及びもつかない、長年音楽と向かい合ってきた者だけが得ることが出来るような、独特な深みがあると思う。18歳でショパン・コンクールに優勝した後、まだ自分の音楽に納得がいかないといってその後8年間本格的な演奏活動を行わなかった彼の事、今の音楽に納得がいかなかったら潔く引退していると思います!

マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル
オール・ショパン・プログラム
2 Nocturnes, Op. 27
Ballade No. 3 in A-flat major, Op. 47
Ballade No. 4 in F minor, Op. 52
Berceuse in D-flat major, Op. 57
Scherzo No. 1 in B minor, Op. 20
2 Nocturnes, Op. 55
Piano Sonata No. 3 in B minor, Op. 58
(Encore)
Ballade No. 1 in G minor, Op. 23
2017年5月21日、カーネギー・ホール


⇒ 2015年10月のカーネギー・ホール・リサイタル感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

小籠包といったらココ! 南翔小籠包を久々に訪問

家族が小籠包を食べたいとの事で、久々にフラッシングにある名店、南翔小籠包を訪問する事に!

      Nan Xiang 1

相変わらずテーブルが空くのを待つ人々でごった返している店の前。但し、意外に回転は速いので、それほど待たずに入れる。

 Nan Xiang 2

まずは中国版お好み焼きに、かた焼きそばを頼んで、それをつまみながら小籠包が出来上がるのを待つ。

 Nan Xiang 3
 Nan Xiang 4

小籠包はいつものように、蟹味噌ベースのものと、スタンダードなものをワン・オーダーずつ。

 Nan Xiang 5
 Nan Xiang 6

口の中をやけどしないように、小籠包を口に運ぶ。ここは皮と中の餡、スープのバランスが良く、黄金の味!

 Nan Xiang 7

南翔小籠包
38-12 Prince Street, Flushing
(地下鉄7号線・Main St-Flushing駅から徒歩3分ほど)
Tel. 718-321-3838
営業時間: 8AM - 12AM (金・土: - 1AM)

⇒ 前回訪問記
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

グレートウォール 〜 チャン・イーモウ監督の破天荒な歴史アクション大作!

「HERO」(02年)などで知られる中国チャン・イーモウ監督ハリウッドに進出して製作した、万里の長城を舞台にした歴史アクション大作。アンディ・ラウマット・デイモンら、香港と米国を代表するスターが結集した国際色豊かなキャスティングが話題となった。中国で2016年12月に先行公開された後、全米では今年2月に公開され、公開週に興行ランキングの3位にランクインしている。

      Great Wall Poster

雇用主を求めて世界中を旅しているウィリアム(デイモン)ら20数名の傭兵部隊は、シルクロードを通過中に、中国国境付近で馬賊から攻撃を受けた上に、謎の怪物にも襲われる。

 Wall 1

かろうじて生き残ったウィリアムトバール(ペドロ・パスカル)は、ほうほうの体で楚軍が守る万里の長城にたどり着き、守備軍を率いるワン将軍(ラウ)に許され、彼らの仲間に加わる事に。

 Wall 2

自分たちを襲った怪物は饕餮(とうてつ)という生き物で、60年ごとにやってくる襲撃から守るために万里の長城が築かれた事を知る。彼らと長城に居合わせたバラード(ウィレム・デフォー)は、ワンやその配下の武将リン・メイ司令官(ジン・ティエン)と共に、饕餮の襲撃を迎え撃つ事を決意するのだが…

 Wall 3

チャン・イーモウ監督ハリウッド進出第1作は、万里の長城と想像上の怪物を組みわせた奇想天外の大作に。長城を舞台に繰り広げられるバトルはハリウッドらしく派手。主力部隊は真っ青な甲冑に身を包んで宙を舞う女性兵士軍団なのだが、発想は面白いかもしれないが、大挙して押し寄せる怪物を退治するには少し迫力不足(笑)?

 Wall 4

「紅いコーリャン」(87年)チャン・ツィーイーを世に出した「初恋のきた道」(99年)のようなしっとりした作品から、米国でも大ヒットを記録した「HERO」「LOVERS」(04年)のようなアクション大作へと作風が大きく変化した感のあるイーモウ監督だが、このハリウッド第1作ではその路線をさらに大きく推し進めている印象。

 Wall 5

そうは言っても、アメリカ人監督の作品とは一風異なる独特な感性も感じられるのだが、ストーリーの底が浅く、見終わってもあまり印象に残らない感じ。この先イーモウ監督ハリウッドでどのような映画を作っていくのだろうか。  ⇒ 6/10点

 Wall 6

グレートウォール
The Great Wall (2016年・中国/アメリカ)
監督: Zhang Yimou
キャスト: Matt Damon, Andy Lau, Tian Jing, Willem Dafoe, Pedro Pascal, Zhang Hanyu, Eddie Peng, Lu Han, Kenny Lin, Wang Junkai, Zheng Kai, Huang Xuan, Cheney Chen ほか
上映時間: 103分


⇒ 圧倒的な映像美で魅せる「HERO」(02年)感想太鼓判!!

⇒ デイモン主演、おなじみのシリーズ最新作「ジェイソン・ボーン」(16年)感想

⇒ デフォー出演作「ジョン・ウィック」(14年)感想
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

本日の一杯: Sapporo の味噌ラーメン!

暑くてもラーメン!(笑)

 Sapporo_20170624130254d91.jpeg

Sapporo
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

本日のスイーツ: 地元ウェストチェスターの人気スイーツ・ショップ Riviera

ここ数年、急速に質の高いスイーツ・ショップが増えてきているマンハッタンだが、一度郊外に出ると、まだまだそうした店は少ないのが現実。アーズレイにある Riviera Bakeshop は、その中では、美味しいスイーツを提供する数少ない店の一つ。

 Riviera 1
 地方のロードサイド店といった趣の外観

 Riviera 02
 いつもお客さんで賑わっている店内。イートインスペースもある。

      Riviera 3
 ショーウィンドウの中には地元で人気のデコレーションケーキの数々が。個別のオーダーにも応じてくれ、我が家は野球のグローブの形をしたケーキを作ってもらった事もある

そのデコレーションケーキも、それほど強烈な甘さというわけでもなく、見た目は楽しいし、結構いけるのだが、ここの一押しはフルーツのタルト!

 Riviera 4

ベリーたっぷりのミックスベリー・タルト、カスタード・クリームもいっぱいつまっていて、美味しさ満点です!

 Riviera 5

Riviera Bakeshop

⇒ Riviera で注文したバースデー・ケーキ!
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード