北米興行成績 (2017年3月20日)

サマータイムになったにも関わらず、先週は大雪が降ったりと、相変わらず春まだ遠しのニューヨーク。そんな中、先週末はディズニーから話題作が期待のデビュー!:

① Beauty and the Beast (初登場)
② Kong: Skull Island (第2週、前週1位)
③ Logan (第3週、前週2位)
④ Get Out (第4週、前週3位)
⑤ The Shack (第3週、前週4位)
⑥ The LEGO Batman Movie (第6週、前週5位)
⑦ The Belko Experiment (初登場)
⑧ Hidden Figures (第12週、前週7位)
⑨ John Wick: Chapter Two (第6週、前週8位)
⑩ Before I Fall (第3週、前週6位)


アニメ映画史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされ、しばらく低迷していたディズニー・アニメ復活を決定づけた「美女と野獣」(91年)の実写再映画化作品 "Beauty and the Beast" は、事前予想を大幅に上回る興行収入170百万ドルで堂々のトップ。 勿論これは今年最高の成績だが、ディズニーにとっても実写映画としては歴代トップとなる興行成績だった。「トワイライト」シリーズビル・コンドンが監督、エマ・ワトソンが主演を務めた本作、批評家からは概ね好評で、観た人の平均評価も A

      Beauty Poster

興行収入4.1百万ドルで7位スタートとなったのが、低予算ホラー映画、"The Belko Experiment"

      Belko Poster

限定公開作では、ダニー・ボイル監督の出世作となった「トレインスポッティング」(96年)の続編、"T2: Trainspotting" が5館で公開され、高い評価を得ている一方、寡作な監督から一転して、最近は新作を連発しているテレンス・マリック監督がオールスター・キャストで製作した "Song to Song" が4館、フランソワ・オゾン監督の最新作 "Frantz" が 2館で公開されたが、評価はまちまちなようだ。

      T2 Poster
      Song to Song Poster
     Frantz Poster
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年3月13日)

日本ゴジラと同じく、アメリカで絶大な人気を誇っているキング・コング。そのコングを主人公にした映画が先週末期待のデビュー!:

① Kong: Skull Island (初登場)
② Logan (第2週、前週1位)
③ Get Out (第3週、前週2位)
④ The Shack (第2週、前週3位)
⑤ The LEGO Batman Movie (第5週、前週4位)
⑥ Before I Fall (第2週、前週5位)
⑦ Hidden Figures (第11週、前週7位)
⑧ John Wick: Chapter Two (第5週、前週6位)
⑨ La La Land (第14週、前週10位)
⑩ Fifty Shades Darker (第5週、前週9位)


1933年の「キング・コング」から数えて今回が8度目の映画化となる "Kong: Skull Island" は、興行収入61百万ドルで前週トップの "Logan" に代わって順当にトップの座を獲得。トム・ヒドルストンサミュエル・L・ジャクソンブリー・ラーソンらが出演した本作、批評家からの評価も上々で、観た人の平均評価も B+ とまずまず。 2020年には「キングコング対ゴジラ」(62年)の再映画化も予定されているらしい。

     Kong Poster

全米公開作はこの1本のみで、他は順位に大幅な変動はなし。"Hidden Figures" (第11週)や "La La Land" (第14週)など、アカデミー賞ノミネート組がしぶとくトップ10に残っているのが目を引く。

 Hidden Figures

限定公開作では、クリステン・スチュアート主演の話題作、 "Personal Shopper" が4館、ジム・ブロードベントシャーロット・ランプリングが出演している "The Sense of Ending" が同じく4館、昨年のカンヌ映画祭で注目を集めたフランスの新進女性監督 ジュリア・デュクルノーのホラー映画 "Raw" が2館で公開され、いずれも高い評価を得ているようだ。

     Personal Shopper Poster
      Sense of Ending Poster
     Raw Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年3月6日)

アカデミー賞でのハプニングの余韻もようやく落ち着いた先週末、前週に引き続き3作の全米公開作がデビューしたが:

① Logan (初登場)
② Get Out (第2週、前週1位)
③ The Shack (初登場)
④ The LEGO Batman Movie (第4週、前週2位)
⑤ Before I Fall (初登場)
⑥ John Wick: Chapter Two (第4週、前週4位)
⑦ Hidden Figures (第10週、前週7位)
⑧ The Great Wall (第3週、前週3位)
⑨ Fifty Shades Darker (第4週、前週5位)
⑩ La La Land (第13週、前週8位)


興行収入85百万ドルと今年一番の成績でトップに立ったのが、「X-MEN」シリーズ中随一の人気を誇るキャラクター、ウルヴァリンを主人公にした人気スピンオフ・シリーズの第3弾、"Logan"。主演のヒュー・ジャックマンがこの役での出演は本作品を最後にすると公表しているが、バイオレンス色が強まり、シリーズ中初めてR指定(17歳未満は保護者同伴が必要)となったにも関わらず、観客動員には影響しなかったようだ。観た人の平均評価も A- と好評。

      Logan Poster

興行収入16百万ドルで3位に入ったのが、最近すっかりジャンルとして確立した感のあるキリスト教信仰をテーマにした映画の一つで、サム・ワーシントンオクタヴィオ・スペンサーが共演した "The Shack"。 批評家からの評価は低いのだが、こうした映画は一定の観客層がおり、観た人の平均評価は A と好評。

      Shack Poster

興行収入 4.9百万ドルで5位に入ったのが、人気ヤング・アダルト向け小説を映画化した "Before I Fall"観た人の平均評価は B

      Before I Fall Poster

この他では、アナ・ケンドリックリサ・ クドローが共演したコメディ映画、"Table 19" が868館で公開されたが、興行収入 1.6百万ドルにとどまり、トップ10入りする事は出来なかった。

      Table 19 Poster

限定公開作では、アマンダ・サイフリッドと大御所シャーリー・マクレーンが共演したコメディ映画、"The Last Word" が4館で公開され、まずまずの評判のようだ。

      Last Word Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年2月27日)

作品賞の発表を間違えるという、アカデミー賞史上初めてのハプニングが起きた先週末、3作の全米公開作がデビューしたが、明暗が分かれた:

① Get Out (初登場)
② The LEGO Batman Movie (第3週、前週1位)
③ The Great Wall (第2週、前週3位)
④ John Wick: Chapter Two (第3週、前週4位)
⑤ Fifty Shades Darker (第3週、前週2位)
⑥ Fist Fight (第2週、前週5位)
⑦ Hidden Figures (第9週、前週5位)
⑧ La La Land (第12週、前週9位)
⑨ Split (第6週、前週7位)
⑩ Lion (第14週、前週圏外)


興行収入31百万ドルで、前週まで2週連続トップだった "The LEGO Batman Movie" に代わってトップに立ったのが、昨年のサンダンス映画祭で絶賛されたホラー・コメディ、"Get Out"。この手の映画としては極めて珍しく、批評家からあまねく絶賛されていて、観た人の平均評価も A-

      Get Out Poster

中国・アメリカ合作のアニメ映画 "Rock Dog" は、興行収入 3.7百万ドルとギリギリでトップ10入りを逃している。観た人の平均評価は B+ とまずまず。

      Rock Dog Poster

ニコラス・ホルトフェリシティ・ジョーンズが共演したアクション映画 "Collide" は、興行収入わずか 1.5百万ドルと惨敗。観た人の平均評価も C+ と芳しくない…

      Collide Poster

ランキング10位以内はほとんど順位に変動がない中、アカデミー作品賞にもノミネートされた "Lion" がその効果もあったのか、公開14週目にして再びトップ10入りしているのが注目される。

 Lion 1

限定公開作では、アカデミー長編アニメ映画賞にノミネートされた "My Life as a Zucchini"ニューヨークロスの2館で公開され、評判が良いようだ。

      My Life as a Zucchini Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年2月20日)

プレジデント・デーの3連休となった先週末は、全米公開作3本がデビュー:
① The LEGO Batman Movie (第2週、前週1位)
② Fifty Shades Darker (第2週、前週2位)
③ The Great Wall (初登場)
④ John Wick: Chapter Two (第2週、前週3位)
⑤ Fist Fight (初登場)
⑥ Hidden Figures (第9週、前週5位)
⑦ Split (第5週、前週4位)
⑧ A Dog's Purpose (第4週、前週6位)
⑨ La La Land (第11週、前週8位)
⑩ A Cure for Wellness (初登場)


先週末も興行収入33百万ドルと好調な成績で、新作の挑戦を退けてトップの座を維持したのが "The LEGO Batman Movie"。海外でも好調な観客動員を記録しているようだ。

 LEGO Batman

興行収入18百万ドルで3位にとどまったのが、チャン・イーモウ監督の最新作で、中国宋朝末期を舞台に、マット・デイモンを主演に迎えた異色のモンスター・アクション映画、"The Great Wall"観た人の平均評価は B とそこそこ。

      Great Wall Poster

興行収入 12百万ドルで5位に入ったのが、アイス・キューブ主演のコメディ映画、"Fist Fight"。こちらも観た人の平均評価は B とそこそこ。

      Fist Fight Poster

興行収入 4.4百万ドルでかろうじて10位にランクインしたのが、低予算ホラー映画、"A Cure for Wellness"。こちらは観た人の平均評価が C+ と芳しくない…

      Cure for Wellness Poster

上映館数 333と中規模の公開となったメキシコ発のロマンス・コメディ、"Everybody Loves Somebody" は興行収入 0.9百万ドルとトップ10入りはならなかった。

      Everybody Loves Somebody Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード