北米興行成績 (2018年2月19日)

プレジデンツ・デイの3連休となった先週末、マーベル・コミックのスーパーヒーローもの最新作をはじめ、全米公開作3作がデビューしたが:

① Black Panther (初登場)
② Peter Rabbit (第2週、前週2位)
③ Fifty Shades Freed (第2週、前週1位)
④ Jumanji: Welome to the Jungle (第9週、前週4位)
⑤ The 15:17 to Paris (第2週、前週3位)
⑥ The Greatest Showman (第9週、前週5位)
⑦ Early Man (初登場)
⑧ Maze Runner: The Death Cure (第4週、前週6位)
⑨ Winchester (第3週、前週7位)
⑩ Samson (初登場)


マーベル・コミックのスーパーヒーローたちを、同一の世界観のクロスオーバー作品に登場させる「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの18作目となる "Black Panther" は、興行収入192百万ドルと破格の成績でぶっちぎりの首位発進。これは歴代5位に当たる成績で、2月公開作品としても歴代1位、マーベルものとしても「アベンジャーズ」(12年)に次ぐ歴代2位と、異例の好成績となった。監督のライアン・クーグラーをはじめオール・ブラック・キャストの本作品、すでにカルチャー現象として語られ始めている。観た人の平均評価も A+ と絶賛されている。

      Black Panther Poster

興行収入3.2百万ドルで7位スタートとなったのが、石器時代を舞台にしたアニメ映画 "Early Man"観た人の平均評価は B

      Earl Man Poster

旧約聖書に登場するサムソンを主人公にした歴史映画 "Samson" は、予想を下回る興行収入2百万ドルで辛うじて10位にランクイン。

      Samson Poster

この他では、中国で記録的ヒットとなったアクション映画 "Monster Hunt" (15年) の続編、"Monster Hunter 2" が69館で公開されているが、同時公開された本国では再び記録的なヒットとなっているようだ。

      Monster Hunt 2 Poster

限定公開作では、イギリスのブラック・コメディ映画 "The Party" が3館、ロシアアンドレイ・ズビャギンツェフ監督のアカデミー外国語映画賞ノミネート"Loveless" が3館で公開され、高い評価を得ているほか、ニューヨークチャイナタウンを舞台にした中国映画 "Detective Chinatown 2" が115館、ジョン・ハム主演のドラマ "Nostalgia" が3館、コメディ映画 "The Boy Downstairs" が1館で公開され、こちらもまずまずの評判のようだ。

      Party Poster
      Loveless Poster
      Detective Chinatown 2 Poster
      Nostalgia Poster
      Boy Downstairs Poster

一方で、48館で公開されたフランソワ・オゾン監督の最新ミステリー "Double Lover" の評判はあまり良くないようだ。

      Double Lover Poster
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2018年2月12日)

スーパーボウルの熱狂も落ち着いてきた先週末は、3本の全米公開作がデビューする豊作となったが:

① Fifty Shades Freed (初登場)
② Peter Rabbit (初登場)
③ The 15:17 to Paris (初登場)

④ Jumanji: Welome to the Jungle (第8週、前週1位)
⑤ The Greatest Showman (第8週、前週4位)
⑥ Maze Runner: The Death Cure (第3週、前週2位)
⑦ Winchester (第2週、前週3位)
⑧ The Post (第8週、前週6位)
⑨ The Shape of Water (第11週、前週9位)
⑩ Den of Thieves (第4週、前週8位)


興行収入39百万ドルでトップ発進となったのが、アメリカでは社会現象となったアダルト向けロマンス・ドラマ「フィフティ・シェイズ」3部作の完結編、"Fifty Shades Freed"。 1作目から変わらずダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナン共演の本作、3部作中最低のスタートとなったが、観た人の平均評価は B+ とまずまず。但し批評家からは酷評されているようだ。

      Freed Poster

興行収入25百万ドルで2位に入ったのが、あのピーター・ラビットをコンピューター・アニメーション化した "Peter Rabbit"観た人の平均評価は A- と好評だったのだが、映画中の食物アレルギー描写について物議を醸しているようだ…

      Peter Rabbit Poster

興行収入13百万ドルで3位スタートとなったのが、クリント・イーストウッド監督の最新作 "The 15:17 to Paris"。2015年にアムステルダムパリ行きの高速列車内で発生したテロ未遂事件を描いた作品だが、イーストウッド監督の作品としては珍しく観た人の平均評価が B- とあまり良くなく、批評家からの評価も低い…

      15-17 Poster

限定公開作では、ロマンス・コメディ "La Boda de Valentina" が 331館、インド発のコメディ・ドラマ "Pad Man" が152館、今年のアカデミー賞にノミネートされた短編映画を集めた "The Oscar Nominated Short Films 2018" が180館で公開された他、アメリカ・ギリシャ合作映画 "Golden Exits" が1館で公開され、評判が良いようだ。

      Valentina Poster
    Pad Man Poster
      Short Films Poster
      Golden Exits Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2018年2月5日)

全米が熱狂するスーパーボウルが開催される週末は、例年観客動員が落ち込むため、通常あまり新作が公開されず、今年も全米公開作は1作のみだったが::

① Jumanji: Welome to the Jungle (第7週、前週2位)
② Maze Runner: The Death Cure (第2週、前週1位)
③ Winchester (初登場)
④ The Greatest Showman (第7週、前週4位)
⑤ Hostiles (第7週、前週3位)
⑥ The Post (第7週、前週5位)
⑦ 12 Strong (第3週、前週6位)
⑧ Den of Thieves (第3週、前週7位)
⑨ The Shape of Water (第10週、前週8位)
⑩ Paddington 2 (第4週、前週9位)


前週トップの "Maze Runner: The Death Cure" に代わって興行収入11百万ドルで三たびトップに返り咲いたのが "Jumanji: Welcome to the Jungle"。配給元のソニー・ピクチャーズにとっては思わぬ大ヒットとなった。

 Jumanji_20180206115046ba1.jpg

唯一の新作、ヘレン・ミレン主演のホラー映画 "Winchester" は興行収入 9.3百万ドルで3位に入った。ホラー映画の常で批評家からの評価は低く、観た人の平均評価は B-

      Winchester Poster

限定公開作では、今年のアカデミー外国語映画賞にノミネートされているチリ映画 "A Fantastic Woman" が5館、イランの故アッバス・キアロスタミ監督の遺作となった実験的作品 "24 Frames" が1館で公開され、高い評価を得ているほか、黒沢清監督の SF映画 "Before We Vanish" (邦題「散歩する侵略者」)も2館で公開され、こちらも評判が良いようだ。

      Fantastic Woman Poster
      24 Frames Poster
      Before We Vanish Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2018年1月29日)

先週は今年のアカデミー賞の候補作も発表され、いよいよ賞レースが盛り上がってきた先週末、全米公開作は1作のみで、前週まで4週連続でトップを快調に走っていた "Jumanji: Welcome to the Jungle" に挑戦したが:

① Maze Runner: The Death Cure (初登場)
② Jumanji: Welome to the Jungle (第6週、前週1位)
③ Hostiles (第6週、前週圏外)
④ The Greatest Showman (第6週、前週5位)
⑤ The Post (第6週、前週4位)
⑥ 12 Strong (第2週、前週2位)
⑦ Den of Thieves (第2週、前週3位)
⑧ The Shape of Water (第9週、前週圏外)
⑨ Paddington 2 (第3週、前週6位)
⑩ Padmavati (初登場)


興行収入24百万ドルでトップの座を奪ったのが、ヤングアダルト向け人気SFスリラー小説シリーズを映画化した「メイズ・ランナー」シリーズの第3弾、"Maze Runner: The Death Cure"。これまでそこそこの成績を挙げているとはいえ、メガヒットとはなっていないシリーズなので、3作目ともなると、そろそろ飽きられる可能性があるのだが、3作連続でトップの座を獲得しているのは立派!観た人の平均評価も B+ とまずまず。

      Death Cure Poster

公開6週目で上映館数を119館から2,816館に拡大して、興行収入10百万ドルで3位にランクインしたのが、クリスチャン・ベイル主演の西部劇、"Hostiles"。批評家からの評価は良かったのだが、オスカーでは残念ながらノミネートされなかった。観た人の平均評価は B

 Hostiles.jpg

一方で、最多13部門でノミネートされた有力候補 "The Shape of Water" は先週上映館数を1.854館に拡大させて、興行収入5.7百万ドルで8位にランクインしている。

 Shape of Water

最後に、インド発の歴史ドラマ "Padmavati" が興行収入4.3百万ドルで10位に入った。

      Padmavati Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2018年1月22日)

近年にない寒い日々が続くニューヨークだが、先週末は久々に(冬としては)過ごしやすい気温になって、少し一息ついた感じ。北米興行界では全米公開作3作がデビューしたが:

① Jumanji: Welome to the Jungle (第5週、前週1位)
② 12 Strong (初登場)
③ Den of Thieves (初登場)
④ The Post (第5週、前週2位)
⑤ The Greatest Showman (第5週、前週5位)
⑥ Paddington 2 (第2週、前週7位)
⑦ The Commuter (第2週、前週3位)
⑧ Star Wars: The Last Jedi (第6週、前週6位)
⑨ Insidious: The Last Key (第3週、前週4位)
⑩ Forever My Girl (初登場)


ドゥエイン・ジョンソンケヴィン・ハートが共演した "Jumanji: Welcome to the Jungle" は先週末も強さを見せ、興行収入20百万ドルで3週連続でトップの座を堅持。

 Jumanji 2

興行収入17百万ドルで新作のトップを切って2位に入ったのが、2001年のアメリカ同時多発テロの直後にアフガニスタンに派遣された米軍特殊部隊の兵士たちの実話に基づいた "12 Strong"クリス・ヘムズワースマイケル・シャノンマイケル・ペーニャらが出演した本作、観た人の平均評価は A と好評だった。

      12 Strong Poster

興行収入15百万ドルで続く3位に入ったのが、ジェラルド・バトラー主演のアクション・スリラー、"Den of Thieves"。こちらは批評家からの評価は芳しくないのだが、観た人の平均評価は B+ とまずまず。

      Den of Thieves Poster

最後の1本、ハイジ・マクラフリンのロマンス小説の映画化作品、Forever My Girl は興行収入4.7百万ドルで10位にランクイン。

      Forever My Girl Poster

先週末は限定公開作は目立った作品がなかったようだ。

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード