北米興行成績 (2017年10月16日)

秋も深まってきて、ハロウィンが近づき、紅葉も見頃になってきたニューヨーク、先週末は全米公開作2作がデビューし、前週トップの "Blade Runner 2049" に挑戦したが:

① Happy Death Day (初登場)
② Blade Runner 2049 (第2週、前週1位)
③ The Foreigner (初登場)
④ It (第6週、前週3位)
⑤ The Mountain Between Us (第2週、前週2位)
⑥ American Made (第3週、前週6位)
⑦ Kingsman: The Golden Circle (第4週、前週5位)
⑧ The LEGO Ninjago Movie (第4週、前週7位)
⑨ My Little Pony: The Movie (第2週、前週4位)
⑩ Victoria and Abdul (第4週、前週8位)


興行収入27百万ドルでトップに立ったのは、ハロウィンを控えたこの時期の定番、低予算ホラー映画の "Happy Death Day"。この手の映画には珍しく、観た人の平均評価が B 、批評家からの評価もまずまず。

      Happy Death Day Poster

興行収入13百万ドルで3位発進となったのが、ジャッキー・チェンピエール・ブロスナンが共演したアクション・スリラー、"The Foreigner"。今や一大映画マーケットとなった中国市場を意識して、最近増えてきた米中合作映画の一つで、観た人の平均評価も A- と良好。

      Foreigner Poster

この他では、821館の公開でスタートした、黒人初の最高裁判事となったサーグッド・マーシャルを描いた歴史ドラマ "Marshall" が興行収入3百万ドルでランクインまであと一歩だったのに対して、 1,229館でスタートした、ワンダーウーマンのキャラクターを生み出した心理学者を描いた "Professor Marston & the Wonder Woman" は興行収入わずか 0.7百万ドルと明暗を分けた。

      Marshall Poster
      Professor Marston Poster

限定公開作で高い評価を得たのは、3館で公開された難民問題を扱ったドイツのドキュメンタリー映画 "Human Flow" と1館で公開されたフィンランドの異色アーティストを描いた "Tom of Finland"

      Human Flow Poster
     Tom of Finland Poster

この他では、クマのプーさんの作者 A・A・ミルンとその息子のクリストファー・ロビンを描いた "Goodbye Christopher Robin" が9館、アンドリュー・ガーフィールドが主演した感動作 "Breathe" が4館、バンク・ロッカー転じて自殺願望者を助けることに奔走する僧侶になった男の姿を追ったドキュメンタリー映画 "The Departure" が1館、アルフレッド・ヒチコック監督の傑作「サイコ」の有名なシャワー・シーンを徹底的に分析した話題のドキュメンタリー映画、"78/52" が同じく 1館で公開され、いずれもまずまずの評判のようだ。

      Goodbye Christopher Robin Poster
      Breathe Poster
      Departure Poster
      78:52 Poster
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年10月9日)

コロンバス・デーの3連休で、夏を思わせるような暖かい陽気となった先週末のニューヨーク、北米映画界では全米公開作2作がデビューした:

① Blade Runner 2049 (初登場)
② The Mountain Between Us (初登場)
③ It (第5週、前週1位)
④ My Little Pony: The Movie (初登場)
⑤ Kingsman: The Golden Circle (第3週、前週3位)
⑥ American Made (第2週、前週2位)
⑦ The LEGO Ninjago Movie (第3週、前週4位)
⑧ Victoria and Abdul (第3週、前週圏外)
⑨ Flatliners (第2週、前週5位)
⑩ Battle of the Sexes (第3週、前週6位)


すっかりメジャーな存在になったカナダドゥニ・ヴィルヌーヴ監督を起用したSF映画の金字塔「ブレード・ランナー」(82年)の注目の続編、"Blade Runner 2049" は興行収入 32百万ドルで順当にトップの座を獲得したが、事前予想よりは大幅に低い結果に終わった。前作に引き続きハリソン・フォードが出演し、ライアン・ゴスリングジャレッド・レトら旬の俳優を起用したにも関わらず、観客層は前作のファンらの世代が中心で、新しい観客層に充分アピール出来なかったためと分析されている。映画自体は、批評家からの評価も高く、観た人の平均評価も A- と好評だった。

      Blade Runner 2049 Poster

興行収入10百万ドルで続く2位に入ったのが、ケイト・ウィンスレットイドリス・エルバが共演したサバイバル映画、"The Mountain Between Us"。こちらは批評家からの評価はあまり良くないのだが、観た人の平均評価は A- と好評だった。

      Mountain Between Us Poster

エミリー・ブラントリーヴ・シュライバーらが声で出演したファミリー向けアニメ映画 "My Little Pony: The Movie" は興行収入 8.8百万ドルで4位スタート。こちらも観た人の平均評価は A- と好評だった。

      My Little Pony Poster

また限定公開からスタートした、英ヴィクトリア女王とその従者との交流を描いた "Victoria and Abdul" が、公開3週目で上映館数を732館まで拡大させ、興行収入4.1百万ドルで8位にランクインしている。

 Victoria and Abdul

上映館数640でスタートしたファミリー・ドラマ "The Stray" は、興行収入550千ドルと不振で、トップ10入りを逃している。

      Stray Poster

限定公開作では、4館で公開された青春映画 "The Florida Project" が高い評価を得る一方、今年89歳になるアニェス・ヴァルダ監督のドキュメンタリー映画 "Faces Places" が5館、メキシコの女性シンガー、チャヴェラ・ヴァルガスを追ったドキュメンタリー映画、"Chavela" が4館、ロマンス映画 "Dina" が1館で公開され、まずまずの評価を得ているようだ。

      Florida Project Poster
      Faces Places Poster
      Chavela Poster
      Dina Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年10月2日)

ロックフェラー・センターの噴水前の広場も早くもスケート・リンクへの転換準備が始まり、秋の兆しが深まってきたニューヨーク、先週末は全米公開作2作がデビュー:

① It (第4週、前週2位)
② American Made (初登場)
③ Kingsman: The Golden Circle (第2週、前週1位)
④ The Lego Ninjago Movie (第2週、前週3位)
⑤ Flatliners (初登場)
⑥ Battle of the Sexes (第2週、前週圏外)
⑦ American Assassin (第3週、前週4位)
⑧ Home Again (第4週、前週5位)
⑨ Till Death Do Us Part (初登場)
⑩ mother! (第3週、前週6位)


前週末に、"Kingsman: The Golden Circle" にトップの座を奪われたスティーヴン・キング原作の映画化作品 "It" が、興行収入17. 3百万ドルと僅差でかわし、再びトップの座を奪回。先週末は1位から3位まではビデオ判定が必要(笑)と思われるほどの僅差だった。

 It_20171003103340f8d.jpg

興行収入17百万ドルとタッチの差で2位に滑り込んだのが、トム・クルーズ主演のアクション映画、"American Made"観た人の平均評価は B+ で、批評家からの評価も良好。それにしても、体を張ったアクション映画に出演し続けるトムの役者魂には頭が下がります。

      American Made Poster

興行収入6.7百万ドルで5位発進となったのが、SFホラー映画 "Flatliners"。こちらは観た人の平均評価は B- とそれほど悪くなかったのが、批評家からは前例を見ないほど酷評されているようだ…

      Flatliners Poster

また、限定公開で出発した "Battle of the Sexes" が公開2週目で上映館数を1,213館に拡大し、興行収入4.1百万ドルで6位にランクインしている。

 Battle of the Sexes

この他では、より小規模な上映館数でスタートした作品が二つ。上映館数562館のサスペンススリラー "Till Death Do Us Part" が興行収入 1.6百万ドルで9位にランクインした一方、上映館数 661館のキリスト教映画 "A Question of Faith" は興行収入1.1百万ドルでランク入りを逃している。

     Till Death Do Us Part Poster
      Question of Faith Poster

限定公開作は豊作。アメリカのオルタナティブ・ロック・バンド、パール・ジャムのコンサートを記録したドキュメンタリー映画 "Pearl Jam - Let's Play Two" が5館、先日91歳で亡くなった俳優ハリー・ディーン・スタントンの遺作となった "Lucky" が同じく5館、2005年、FBI副長官在職中に、ウォーターゲート事件の情報提供者「ディープスロート」であった事を公表したマーク・フェルトを描いたスパイ・スリラー "Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House" も同様に5館、インディー系コメディ映画 "Signature Move" が1館、アメリカの伝説のサーファー、レイアード・ハミルトンを追ったドキュメンタリー映画 "Take Every Wave: The Life of Laird Hamilton" が同じく1館、混合予防ワクチンの有効性に疑義を呈した論文の有効性をめぐって大きな論争とスキャンダルを引き起こした英国の元医師、アンドリュー・ウェイクフィールドを題材にしたドキュメンタリー映画 "The Pathological Optimist" も1館で公開され、いずれも評判が良いようだ。

      Pearl Jam Poster
      Lucky Poster
      Mark Felt Poster
      Signature Move Poster
      Take Every Wave Poster
      Pathological Optimist Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年9月25日)

ホラー映画としては記録的な興行収入を上げて公開以来2週連続でトップに君臨している "It" に対し、先週末は3本の全米公開作が挑戦:

① Kingsman: The Golden Circle (初登場)
② It (第3週、前週1位)
③ The Lego Ninjago Movie (初登場)
④ American Assassin (第2週、前週2位)
⑤ Home Again (第3週、前週4位)
⑥ mother! (第2週、前週3位)
⑦ Friend Request (初登場)
⑧ The Hitman's Bodyguard (第6週、前週5位)
⑨ Stronger (初登場)
⑩ Wind River (第8週、前週7位)


興行収入39百万ドルで "It" に代わってトップに立ったのが、2014年のイギリスのスパイ映画「キングスマン」の続編となる "Kingsman: The Golden Circle"。前作同様、監督: マシュー・ヴォーン/主演: コリン・ファースのコンビで、批評家の反応はあまり良くないものの、観た人の平均評価は B+ とまずまずだった。

      Golden Circle Poster

興行収入21百万ドルで4位に入ったのが、人気コンピューター・アニメーション 「LEGO ムービー」シリーズのスピンオフ作品、"The Lego Ninjago Movie"。 こちらも批評家からの評価はまちまちだが、ファミリー層を中心とする観た人の平均評価は B+ とまずまず。

      Ninjago Poster

興行収入2.4百万ドルと事前予想を下回る成績で7位にとどまったのが、フェイスブックに超自然現象を掛け合わせたホラー映画、"Friend Request"。こちらは批評家からの評価も悪く、観た人の平均評価も C+

      Friend Request Poster

この他では、ボストン・マラソンで発生した爆弾テロ事件で両脚を失った実在の人物をジェイク・ギレンホールが演じた "Stronger" が、574館と比較的小規模の上映館数ながら、批評家からの高い評価を背景に興行収入1.7百万ドルで9位にランクインしているのが注目される。

      Stronger Poster

限定公開作では、名テニス・プレイヤー、ビリー・ジーン・キングと当時55歳だった往年の名選手ボビー・リッグスとの間で1973年に行われた史上名高い男女対抗戦を、エマ・ストーンスティーヴ・カレルの共演で描いた "Battle of the Sexes" が21館、ヴィクトリア女王とそのインド人侍従を描いた "Victoria and Abdul" が4館、印象派の巨匠ゴッホの生涯を描いたアニメ映画 "Loving Vincent" が1館で公開され、いずれも高い評価を得ているほか、ハーバード大学の博士課程在学中に、現在でも治療法が見つかっていない慢性疲労症候群を発症した女性 Jennifer Brea が主演・監督を務めた "Unrest"アメリカ出身の女性ダンサー Bobbi Jene Smith を追ったドキュメンタリー映画 "Bobbi Jones" がそれぞれ1館で公開され、こちらもまずまずの評価を得ているようだ。

      Battle of the Sexes Poster
      Victoria and Abdul Poster
      Loving Vincent Poster
      Unrest Poster
      Bobbi Jene Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年9月18日)

前週末に、ホラー映画としては記録的な興行収入を上げてトップに立った "It" に対し、先週末は2本の全米公開作が挑戦したが:

① It (第2週、前週1位)
② American Assassin (初登場)
③ mother! (初登場)

④ Home Again (第2週、前週2位)
⑤ The Hitman's Bodyguard (第5週、前週3位)
⑥ Anabelle: Creation (第6週、前週4位)
⑦ Wind River (第7週、前週5位)
⑧ Leap! (第4週、前週6位)
⑨ Spider-Man: Homecoming (第11週、前週7位)
⑩ Dunkirk (第9週、前週8位)


スティーヴン・キングのホラー小説の映画化作品、"It" は先週末も好調を持続し、興行収入60百万ドルと、余裕でトップの座を維持。

 It.jpg

「メイズ・ランナー」シリーズディラン・オブライエン主演のアクション映画、"American Assassin" はほぼ事前予想通りの興行収入15百万ドルで2位にランクイン。批評家からの評価はあまり芳しくないものの、観た人の平均評価は B+ とまずまず。

      American Assassin Poster

興行収入7.5百万ドルで3位に入ったのが、ジェニファー・ローレンスハヴィエル・バルデムが共演したダーレン・アロノフスキー監督の最新スリラー、"mother!"。批評家からの評価はまずまずなのだが、観た人の平均評価が前代未聞の F

      mother! Poster

限定公開作は、あまり評判となったものがなかったのだが、その中では、4館で公開されたベン・スティラー主演のコメディ "Brad's Status" の評判が良かったようだ。

      Brads Status Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード