ホルショフスキ・トリオ 演奏会

昔息子のピアノを見てもらった事があるピアニストの相沢吏江子さんと、夫君で、娘のヴァイオリンを見てもらった事があるヴァイオリニストのジェシー・ミルズさんらで結成しているホルショフスキ・トリオ相沢さんの師匠で、99歳まで現役だったポーランドの名ピアニスト、ミェチスワフ・ホルショフスキの名前を冠したアンサンブル。今回、マンハッタンで演奏会があったので、聴きに行くことに。

 Concert 1

会場は天理教のスペース(天理教の支部がニューヨークにもあるのですね)で、ハイドンやショパンの珍しいピアノ・トリオ、それに名曲メンデルスゾーンの第1番のピアノ・トリオというプログラム。

      Concert 2

響がほとんど無いデッドな会場だったのが気の毒な気がしたが、いずれの曲も息の合ったアンサンブルでそれぞれの曲のよさを堪能させてくれた!

 Concert 3

演奏会終了後、久しぶりに相沢さん・ジェシーと話しが出来て良かったです!

ホルショフスキ・トリオ 演奏会
ピアノ: 相沢吏江子
ヴァイオリン: Jesse Mills
チェロ: Raman Ramakrishnan
Haydn: Piano Trio in G major, Hob. XV:25
Chopin: Piano Trio in G minor, Op. 8
Mendelssohn: Piano Trio No. 1 in D minor, Op. 49
2017年6月4日、Tenri Cultural Institute
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ニューヨーク・フィル定期演奏会 〜 アラン・ギルバートの有終の美を飾るワーグナー!

シーズンも終わりに近づいたニューヨーク・フィルの定期演奏会、この日は今シーズン限りで 年間務めた音楽監督の座を退任するアラン・ギルバートの指揮で、ワーグナーのラインの黄金のコンサート形式上演

 NYPO 01

コンサート形式とは言っても、衣装はつけて、最低限の演出を施した上での上演。ヴォータンには、メトの新しいリング・シリーズアルベリヒ役を演じて好評だったエリック・オーウェンズフリッカ役にはジェイミー・バートンら、実力派を揃えた布陣。

そのオーウェンズヴォータンは、知的なヴォータンといった印象で、力強さも十分に感じられ、期待に違わぬ歌唱。

 NYPO 02

バートンを始めとするそのほかの歌手陣もそれぞれ手堅い歌唱を聴かせてくれて、全体として歌唱面では満足のいく上演と成っていた。

 NYPO 03
 フリッカ役のバートン
 NYPO 04
 ラインの乙女役のタマラ・マムフォード、ジェニファー・ジョンソン=カノー、ジェニファー・ツェトラン
 NYPO 05
 アルベリヒ役のクリストファー・パーヴェスミーメ役のピーター・ブロンダー
 NYPO 07
 ローゲ役のラッセル・トーマス
 NYPO 09
 モーリス・ロビンソン(ファゾルト)、ステファン・ミリング(ファフナー)
 NYPO 06
 エルダ役のケリー・オコナー
 NYPO 08
 ブライアン・ジャグデ(フロー)、レイチェル・ウィリス=ソレンセン(フライア)、クリスティアン・ヴァン・ホーン(ドナー)

2009年〜10年シーズンから8年間にわたってニューヨーク・フィルを率いてきたギルバート。今回の演奏会は最後から二つ目にあたるものだったが、持ち前の明晰でダイナミックな音楽作りで、オケがピットではなく舞台上で演奏している事もあり、迫力に満ち溢れた演奏を聴かせてくれた。

 NYPO 10

その反面、ダイナミクスの幅は意外に狭く、常にメゾ・フォルテからフォルテッシモの間で音楽が鳴らされている感じで、長時間聴いていると、少し単調に聞こえて、聴き疲れする感じも。これは、これまでの彼の演奏でも感じられた点。

 NYPO 11

ともあれ、8年間にわたる音楽監督としての活動、お疲れ様でした! いよいよ2018年〜19年からヤープ・ヴァン・ズヴェーデンが第24代の音楽監督に就任予定。

 NYPO 12

第16,256回 ニューヨーク・フィルハーモニック定期演奏会
指揮: Alan Gilbert
Wagner: Das Rheingold
演出: Luisa Muller
Wotan: Eric Owens
Fricka: Jamie Barton
Alberich: Christopher Purves
Loge: Russell Thomas
Erda: Kelley O'Connor
Fasolt: Morris Robinson
Fafner: Stephen Milling ほか
2017年6月1日、デイヴィッド・ゲフィン・ホール


⇒ ギルバート指揮の2016年9月のニューヨーク・フィル演奏会感想

 

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル 〜 枯淡の境地のショパン!

毎年のようにカーネギーホールでリサイタルを開いているイタリアの巨匠、マウリツィオ・ポリーニ。今年も5月にニューヨークに来演。

 Pollini 1

今年はリサイタルに加え、室内楽やオーケストラ・コンサートでのコンチェルトなど、多彩なプログラムが用意されたが、私が行ったのはリサイタルの回で、得意のオール・ショパン・プログラム

      Pollini 2

当初はドビュッシーの前奏曲集などもプログラムに組み込まれていたのだが、事前にショパンのみのプログラムに変更されていた。メインにピアノ・ソナタ第3番を据え、その前後に様々な曲を組み込んだ構成。

 Pollini 3

プログラムの前半は、作品27の2曲の夜想曲バラードの第3・4番子守唄、そしてスケルツォ第1番で締めくくられた。今年75歳になったポリーニだが、若い頃に比べ、演奏スタイル、そしてピアノの音色も本当に変わった。昔は大理石のようなひんやりとした音色で、完璧という言葉はこの人のためにあるとでも言うような隙のない演奏だったのだが、近年は流動性の高いいわば草書体の演奏。テクニックの完璧さはさすがにかなり後退した感じだが、ピアノの音色は随分艶っぽくなって、高音など光り輝くように美しい。これは、ピアノ界のロールスロイスと言われる、名調律師アンジェロ・ファブリーニの手になるピアノを使っている事も大きいのだろうか。ピアノを見るとスタインウェイの文字の下に、ファブリーニの名前がしっかりと刻印されている!

 Pollini 4

前半のプログラムでは、最初の夜想曲は少しそっけなく弾き過ぎている印象を受け、曲の美しさが際立ってこない感じだったが、その後のバラードスケルツォはさすが。そっけなく弾き流しているように見えて、旋律線はくっきりと浮かび上がってくるし、ショパンのこうした曲に必要な「間」が絶妙に織り交ぜられていて、これらの曲を一つの小宇宙として提示できるのは、巨匠の芸以外何者でもないといった感じ!

 Pollini 5

後半も夜想曲(作品55の2曲)から始まり、ソナタの第3番。こちらも非常に流動感の強い演奏で、淡々と進めているように見えて、その中からくっきりとショパンの音楽が浮かび上がってくるのが素晴らしい!

 Pollini 7

これだけのショパンの曲を弾いて疲れたのか、プログラムはバラード第1番1曲のみ。この曲はポリーニのお気に入りなのか、極めて高い頻度でこの曲を弾くことが多いような印象(全てのコンサートに行っているわけではもちろんないので、偉そうな事は言えませんが…)。

 Pollini 6

昔のポリーニの演奏を知っている中高年層の人の中には、今の彼の演奏を高く評価しない人が結構いるのだが、芸術家が人間である以上、長い年月の間に演奏スタイルが変化していくのはむしろ当然で、個人的にはその優劣を論じても意味がないのではないかと思う。確かに昔に比べてテクニックの完璧さなど、失ったものもあるかも知れないが、ピアノの音色の美しさ・艶っぽさは今が上だと思うし、今の草書体の演奏にも、若手のピアニストが同じように弾いたって、多分及びもつかない、長年音楽と向かい合ってきた者だけが得ることが出来るような、独特な深みがあると思う。18歳でショパン・コンクールに優勝した後、まだ自分の音楽に納得がいかないといってその後8年間本格的な演奏活動を行わなかった彼の事、今の音楽に納得がいかなかったら潔く引退していると思います!

マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル
オール・ショパン・プログラム
2 Nocturnes, Op. 27
Ballade No. 3 in A-flat major, Op. 47
Ballade No. 4 in F minor, Op. 52
Berceuse in D-flat major, Op. 57
Scherzo No. 1 in B minor, Op. 20
2 Nocturnes, Op. 55
Piano Sonata No. 3 in B minor, Op. 58
(Encore)
Ballade No. 1 in G minor, Op. 23
2017年5月21日、カーネギー・ホール


⇒ 2015年10月のカーネギー・ホール・リサイタル感想

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ばらの騎士 @ メトロポリタン・オペラ 〜 ルネ・フレミング最後の元帥夫人!

今シーズン最後のメトは、新演出となったR・シュトラウスの傑作、ばらの騎士

 Rosen 01

カナダの演出家、ロバート・カーセンによる新演出となった今回の舞台だが、それ以上に話題となったのが、長年にわたり世界中のオペラハウスで活躍してきた名ソプラノ、ルネ・フレミングにとって最後となる元帥夫人

      Rosen 02

最近では声の衰えを巧みな歌い口でカバーしてさすがと思わせる歌唱を披露してくれていたフレミングだが、彼女の当たり役の一つであるこの元帥夫人では、歌い口の美しさはもちろん、情感のこもった気品溢れる歌唱で、さすがだった!私が行ったのは最終日の公演だったのだが、終演後舞台上から紙吹雪が撒かれ、観客からも惜しみない拍手が注がれていた。

 Rosen 03
 Rosen 04
 Rosen 05
 Rosen 06

オクタヴィアンは当代きっての人気メゾ、エリーナ・ガランチャ。美声の持ち主ではあるものの、かっては薄口な表現が物足りなかったものだが、最近は感情表現にも奥行きを感じるようになり、この役はそれほど深い感情表現が要求されるわけではないとはいえ、こちらも情感のこもった歌で盛り上げていた。

 Rosen 07
 Rosen 08

ゾフィー役は若手コロラトゥーラ・ソプラノのエリン・モーリーだが、こちらは役に相応しい可憐な歌唱!

 Rosen 09
 Rosen 10

オックス男爵役はオーストリア出身のバス、ギュンター・グロイスベック。声量は十分だが、やや真面目な感じのオックス男爵といった感じだった。

 Rosen 11
 Rosen 12

この他では、テノール歌手役を務めたマシュー・ポレンザーニが伸びやかな美声で聴衆を魅了していた。

 Rosen 13
 Rosen 14

カーセンの舞台は、時代設定や舞台背景などを変えたりせず、意外にオーソドックスで洗練されたものになっていて、フレミングの晴れ舞台に相応しいものだった。

 Rosen 15

最後に指揮のセバスティアン・ヴァイグレ。2008年よりフランクフルト歌劇場の音楽監督を務め、ヨーロッパを中心に活躍している指揮者だが、メトにも先般上演されていたフィデリオを始め、これまでに数度客演している。今まではどちらかといえば、それほど印象に残った指揮者ではなかったのだが、今回はニュアンスに富んだ、素晴らしい出来栄えで、この名作オペラを堪能するのに相応しい音楽作りだった!

 Rosen 16


 Rosen 17
 Rosen 18

ばらの騎士(1911年、ドレスデン王立劇場にて初演)
演出: Robert Carsen
指揮: Sebastian Weigle
The Marschallin: Renee Fleming
Octavian: Elina Garanca
Sophie: Erin Morley
Baron Ochs: Gunther Groissbock
Italian Singer: Matthew Polenzani ほか
2017年5月13日、メトロポリタン歌劇場


⇒ 2013 - 14年シーズンのメト「ばらの騎士」感想

⇒ カーセン演出のメト「ファルスタッフ」感想

⇒ ヴァイグレ指揮のメト「フィデリオ」感想

⇒ フレミング出演のメト「メリー・ウィドウ」感想

⇒ ガランチャ出演のメト「ロベルト・デヴリュー」感想

⇒ モーリー出演のメト「ホフマン物語」感想

⇒ グロイスベック出演のメト「タンホイザー」感想

⇒ ポレンザーニ出演のメト「イドメネオ」感想

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

ジュリアードの授業終了

早いもので、本日でジュリアード音楽院の授業も終了で、まだ発表が残っているダンス科の学生を除き、学生は土曜日の昼までに退寮して夏休みに入る。

大量に荷物があるため、車で迎えに行ったところ、同じように迎えに来たニューヨーク在住の親たちの車で二重駐車状態!

 Juilliard_201706111019377dc.jpeg

地方や外国出身の学生さんたちは、夏休み期間中はレンタル倉庫に荷物を保管してもらうようだ。これから長い夏休み、と言いたいところだが、6月中旬から2ヶ月間、コロラド州・アスペンの音楽祭に参加するし、その後は久しぶりのコンクールも控えているので、休みという感じではなさそうです。。。

テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード