刑務所生活からオペラ界の新星へ: メトでの活躍が注目されるバリトン、ライアン・スピード・グリーン

今シーズンのメトラ・ボエームに出演して、その歌唱が注目を集めているアメリカのバリトン、ライアン・スピード・グリーン。彼の歌唱とともに、少年時代に刑務所生活も経験したその経歴も注目を集めている。

 Green 1

ヴァージニア州の恵まれない家庭環境で生まれ育ったライアン、麻薬と暴力に満ち溢れた周囲の環境の中で、彼自身もすさんだ少年時代を送り、12歳の時には自分の家族を脅して暴力を振るった容疑で2ヶ月間も少年刑務所に入れらていた経験を持つ。

 Green 2

当時まだ12歳だった彼にとって、刑務所生活はかなりのショックだったようで、そこから人が変わったように色々な事に努力をするようになる。声の良さを認められて合唱団で歌うようになった彼は、高校生になった頃、合唱団の旅行でニューヨークに行った際、メトで生まれて初めてオペラ(カルメン)を観て、オペラ歌手になる事を決意したのだそう。

 Green 3

本格的な声楽の訓練を受けた事がなかった彼だったが、そこからは彼の可能性に気づいた周囲の人々の支えもあって、声楽の勉強に明け暮れる日々を送り、ついには2011年25歳の時に、メトが主宰する声楽コンクール、National Council Auditions で優勝し、オペラ界のロールスロイス的若手育成プログラムで、現在一線で活躍しているオペラ歌手をキラ星のごとく輩出している Lindeman Young Artist Development Program に参加することになる。

 Green 4
 National Council Auditions 優勝時のライアン

現在はウィーン国立歌劇場のアンサンブル・メンバーとしての活動を中心にしているライアン、2013年にはメト・デビューも果たし、今回のボエームでのコッリーネ役がメトでの初の大役。先日彼の舞台姿を観る事が出来ましたが、2メートル近い身長で堂々たる舞台姿、深々とした声が印象的。今後スターになる事間違いなしという感じでした!

 Green 5
 メトボエームで歌うライアン
スポンサーサイト

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

白い粉事件?でメトが前代未聞のキャンセル!

本日のメトでのロッシーニのウィリアム・テルで、3幕終了後にいきなり劇場側から問題が生じて上演をキャンセルするとのアナウンス。

 Met 102916
 本日のリンカーン・センターは、ハロウィンの仮装をした家族連れでいっぱい!

理由も分からず、皆狐につままれたように劇場を後にしましたが、その後のニュースで、誰かがオーケストラ・ピットに人間の遺灰を振りまいたのが原因らしいと報道されてました(当初は何が撒かれたのか分からなかったので、セキュリティ上の理由からキャンセルの判断をしたとの事)。私が行ったマチネどころか、夜の公演(アルジェのイタリア女)もキャンセル。さすがにこんな事は初めてです!!

 Met 102916 2

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ニューヨーク・フィルの新音楽監督が決定!

現音楽監督のアラン・ギルバートが、2016〜7年シーズン限りでの退任を表明しているニューヨーク・フィル。昨年2月の発表以来、1年近くにわたって次期音楽監督の候補者選定作業が進められてきたが、昨日、オランダ出身で、現在ダラス交響楽団の音楽監督を務めているヤープ・ヴァン・ズヴェーデンの指名が発表された。

 Zweden 1

現在55歳のズヴェーデンは、幼少の頃からヴァイオリンを学び、ジュリアード音楽院で名教師ドロシー・ディレイに師事した後、若干18歳と史上最年少で、名門アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のコンサートマスターに迎えられている。

 Zweden 2

初めてタクトを握ったのは、36歳の時。当時コンセルトヘボウ管に客演したレナード・バーンスタインとのリハーサル中、音のバランスを見るために、バーンスタインに言われて指揮棒を握ったのがきっかけだそうだ。

 Bernstein.jpg

その後、本格的に指揮活動を開始し、オランダ放送フィルロイヤル・フランダース・フィルの首席指揮者などのポストを歴任した後、2008年にダラス響の音楽監督に就任し、オーケストラの水準を飛躍的に高めたことで評判を呼んだ。

 Zweden 3

レコーディングでは、日本エクストン・レーベルへの録音で日本の音楽愛好家にはおなじみの存在。特に、オランダ放送フィルとのコンビで録音し、2008年のレコード芸術誌・アカデミー賞に輝いたストラヴィンスキーの春の祭典が有名。

Rite of Spring

ストラヴィンスキーのみならず、ドイツ・古典派ロマン派の音楽も得意にしており、ギルバートとはまた違った音楽を聴かせてくれる事が期待される。罪人期間中に、本拠地のディヴィッド・ゲフィン・ホールの改修工事のため、本拠地で演奏できない時期が出来るが、頑張って乗り越えていって欲しいものです!

⇒ 2014年11月のニューヨーク・フィル客演時の演奏会感想

⇒ 祝・初演100周年! ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

2月のコンサートより

記録的な吹雪の到来を控えているニューヨーク。今のところはまだ静かに雪が降っているというところですが、どうなることやら。さて、音楽シーズンもたけなわの2月の注目は:

★★★ ダニエーレ・ガッティ指揮ウィーン・フィル

毎シーズンのように、カーネギー・ホールに客演しているウィーン・フィル。今シーズンは、イタリアの指揮者、ダニエーレ・ガッティと共に、ウィーン・フィル得意の作曲家の一人、ブラームスのプログラム。交響曲第1番と第3番という、この楽団の真価を発揮するにふさわしい王道のプログラム!

 VPO.jpg

2月27日、カーネギー・ホール  ⇒ チケット

★★  メトロポリタン・オペラ: カルメン

今シーズンのメトカルメンは、今が旬の歌手のダブル・キャストだが、そのうちの一つは、ガランチャアラーニャのコンビ。定評のあるガランチャカルメンに、フランスものを歌わせたら現在右に出るものがいないアラーニャドン・ホセのコンビによる歌唱は本当に楽しみ!

 Carmen.jpg

2月6・9・13・19・23・26日、メトロポリタン歌劇場  ⇒ チケット

★  ジンマン指揮ニューヨーク・フィル、バティアシュヴィリ(Vn)

ニューヨーク・フィルの今シーズンのレジデンツ・アーティストに任命されているヴァイオリニストのリサ・バティアシュヴィリ。2月は、ロマンティックなバーバーのヴァイオリン協奏曲を採り上げる予定で、今最も脂が乗っているヴァイオリニストの一人である彼女がどのような演奏を聞かせてくれるのか楽しみ! 後半はこれまたロマンティックなラフマニノフの交響曲第2番

 Batiashvili_20150127145421e23.jpg

2月5・6・7日、エイヴリー・フィッシャー・ホール  ⇒ チケット

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

12月のコンサートより

サンクスギビングの祝日の前日に、ついに初雪が降った寒~いニューヨーク。今年最後の月、12月も相変わらず注目のコンサートが目白押し!

★★★ メトロポリタン・オペラ: ラ・ボエーム

メトの演目で最も人気が高く、これまでの上演回数も最多の「ラ・ボエーム」ゼッフィレッリ演出の華麗な舞台も必見だが、今回は現在注目の新進ソプラノ、ソーニャ・ヨンチェヴァミミ役を歌うのが話題。既に11月の公演で、その伸びやかな美声が絶賛されている彼女のミミ、聴く価値大です! さらには、2日間だけミミ役として、あのアンジェラ・ゲオルギューが登場するのも注目される。たび重なるキャンセルがたたって、最近はメトの舞台から遠ざかっていた彼女だが、情感の表現では当代随一のソプラノだけあって、こちらも必見!

 La Boheme

12月1・5・10・13日、メトロポリタン歌劇場   ⇒ チケット

⇒ 昨シーズンの「ラ・ボエーム」感想

★★ ユジャ・ワン ピアノ・リサイタル

現代の若手ピアニストでトップの存在のユジャ・ワン。最近は毎シーズン、カーネギー・ホールに来演していて、その都度進化した演奏を聴かせてくれているが、今回のプログラムにはシューベルトの晩年のピアノ・ソナタを入れたりしていて、どちらかと言えば、彼女の超絶技巧を発揮するのに適した従来のプログラムから一歩踏み出した内容になっているのが楽しみ!

 Yuja Wang

12月11日、カーネギー・ホール  ⇒ チケット

★ ダニール・トリフォノフ ピアノ・リサイタル

2011年のチャイコフスキー・コンクールの覇者、トリフォノフ。彼も毎年カーネギー・ホールでリサイタルを開いていて、着実に進歩している事を伺わせる演奏を聴かせてくれている。今年のプログラムは、ベートーヴェン最後のソナタ、第32番に、リストの超絶技巧練習曲集と、こちらも意欲的なプログラム!

 Daniil Trifonov

12月9日、カーネギー・ホール  ⇒ チケット

⇒ 昨シーズンのリサイタル感想

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード