悪人: 深津絵里の渾身の演技が印象に残る

毎日出版文化賞大佛次郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を、「フラガール」(06年)李相日監督が映画化したもの。日本では2010年9月に全国公開され、公開週に興行ランキングの2位にランクインしている。また、同年のモントリオール世界映画祭では、深津絵里が主演女優賞に輝いている。2011年の日本アカデミー賞では、主演男優(妻夫木聡)・主演女優(深津)・助演男優(柄本明)・助演女優(樹木希林)と演技部門を独占し、音楽賞と合わせ5部門で受賞している。

      Akunin Poster

福岡で保険外交員として働く石橋佳乃(浦島ひかり)が、山中で死体となって発見される。警察は、事件当夜、彼女を車に乗せた金持ちの大学生、増尾(岡田将生)に疑いの目を向け、事情聴取を行う。

 Akunin 1

ところが、増尾にはアリバイがあり、無実である事が判明する。その後の警察の捜査で真犯人として浮上したのは、長崎で土木作業員として働く、清水祐一(妻夫木)だった。警察が自分を追っている事を知った祐一は、出会い系サイトで知り合った佐賀の洋品店従業員、光代(深津)を車に乗せ、逃避行を開始するのだった…

 Akunin 2

原作は、多くの事件関係者の証言により、清水祐一の人間像に迫っていく形を取っているようだが、原作者の吉田修一も脚本に加わった映画版では、登場人物を絞って、祐一光代の逃避行に焦点を絞る事によって、社会から疎外感を感じる二人の孤独な心の闇を浮かび上がらせる体裁をとっているのが興味深い。

 Akunin 3

従来の甘い2枚目のイメージをかなぐり捨てての妻夫木の熱演も見ものだが、やはり深津絵里の深い情感を湛えた、渾身の演技が一番印象的。この二人を、佳乃の父・佳男役の柄本明祐一の祖母・清水房枝役の樹木希林が味わいのある演技で支えている。  ⇒ 7/10点

 Akunin 5
 Akunin 6
 Akunin 4

悪人
(2010年・日本)
監督: 李相日
キャスト: 妻夫木聡、深津絵里、浦島ひかり、岡田将生、樹木希林、柄本明、塩見三省、池内万作、光石研、余貴美子、井川比佐志、松尾スズキ、山田キヌヲ、韓英惠、中村絢香、宮崎美子 ほか
上映時間: 139分


⇒ 妻夫木聡 出演作「小さいおうち」(14年)感想

⇒ 深津絵里 出演作「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」(12年)感想

⇒ 岡田将生 出演作「謝罪の王様」(13年)感想

⇒ 樹木希林 出演作「ツナグ」(12年)感想 〜 オススメ!

⇒ 柄本明 出演作「聯合艦隊司令長官 山本五十六」(11年)感想
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: モールス

「クローバーフィールド/HAKAISHA」(08年)で注目を浴びたマット・リーヴス監督が、スウェーデントーマス・アルフレッドソン監督による2008年の「ぼくのエリ 200歳の少女」をリメイクした作品。原作はヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説「MORSE -モールス-」で、主演は同じく2010年の「キック・アス」で注目を集めたクロエ・グレース・モレッツ。ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングが、「2010年のお気に入り映画ナンバーワン」に選んだことでも話題になった。2010年9月のトロント国際映画祭でプレミエ上映された後、全米では同年10月に公開され、公開週に興行成績ランキングの8位に入ったのが最高だった。

      Let Me In Poster

雪に閉ざされたニュー・メキシコ州ロス・アラモス。学校でのいじめに悩む繊細で孤独な12歳の少年オーウェン(コディ・スミット=マクフィー)。ある日、隣に引っ越してきた少女アビー(モレッツ)と知り合ったオーウェンは、自分と同じように孤独を抱えるアビーのミステリアスな魅力に惹かれていく。

 Let Me In 1

次第に仲良くなった二人は、家の壁越しにモールス信号で合図を送り合うようになる。一方、町では残酷な連続猟奇殺人が発生していた...

 Let Me In 2

スウェーデンのオリジナル版は見た事がないが、ホラー映画に青春映画の要素をミックスした、独特な作品。見るからに繊細そうなスミット=マクフィを起用した事で、繊細な青春映画の雰囲気とミステリアスな雰囲気が上手に組み合わさって、前半はなかなか見応えがある。

 Let Me In 3

ところが、後半からは血が飛び散るお決まりのホラー映画の展開になってしまうので、せっかくのミステリアスな雰囲気も消し飛びがちになり、ストーリーも一本調子になってしまうのが残念。まあ、ホラー映画なので、しょうがないと言えばそうなのだが...  ⇒ 6/10点

 Let Me In 5

モールス
Let Me In (2010年・アメリカ)
監督: Matt Reeves
キャスト: Kodi Smit-McPhee, Chloe Grace Moretz, Richard Jenkins, Cara Buono, Elias Koteas, Sasha Barrese, Dylan Minnette, Ritchie Coster, Jimmy Pinchak, Nicolai Dorian, Colin Moretz, Brett DelBuono, Chris Browning ほか
上映時間: 116分


⇒ スミット=マクフィー主演作品 "A Birder's Guide to Everything" (13年) 感想

⇒ モレッツ出演作品「ダークシャドウ」(12年) 感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: かぞくはじめました

ラブコメものへの出演で、米国では結構人気のあるキャサリン・ハイグルの2010年の主演作。全米では2010年7月に公開され、興行成績面では公開週の2位が最高だった。

      Life Poster

経営するレストランが忙し過ぎて、これまでどのボーイフレンドとも長続きしなかったホリー(ハイグル)。友人の計らいで、スポーツ番組のアシスタント・ディレクター、エリック(ジョシュ・デュアメル)とデートをするが、趣味も性格も全く違う二人、悲惨な結果に終わってしまう。

 Life 1

ところが、二人の共通の親友夫妻が自動車事故の犠牲となってしまい、その娘ソフィーを預かるはめになってしまう。

 Life 2

親友の家で、不本意な共同生活をしながらソフィーを育てる事となった二人だが、子供をを育てる心構えなど全くなかった二人、悪戦苦闘を繰り広げる...

 Life 3

凄い美人というわけでもないハイグルだが、恋愛負け組のアラサー女性といった役柄には合っていて、身近さを感じさせる演技が良い。かってのサンドラ・ブロックといった位置づけの女優さんだろうか。

 Life 4

映画自体は、アイデアは良いのだが、ストーリーの底は浅い感じで、ロマンス度も今ひとつ。悪くはないのですが...  ⇒ 6/10点

 Life 5

かぞくはじめました
Life as We Know It (2010年・アメリカ)
監督: Greg Berlanti
キャスト: Katherine Heigl、Josh Duhamel、Josh Lucas、Hayes MacArthur、Christina Hendricks、Sarah Burns、Jessica St.Clair ほか
上映時間: 114分


⇒ ハイグルの2012年主演作「ラブ&マネー」感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: 怪盗グルーの月泥棒 3D

2010年公開のアニメ映画。全米では2010年7月に公開され、公開週に興行成績のトップに立つヒット作となった。

      Despicable Poster

郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダーであるグルー(声:スティーブ・カレルは、あらゆる手段を使って盗みや嫌がらせをする鼻つまみ集団。

 Despicable 1

世界一の悪党を目指す彼が狙う次の獲物は、何と月。月を小さくして盗みやすくするための秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れたものの、作戦決行の直前にライバルの怪盗ベクター(声:ジェイソン・シーゲルにその銃を奪われてしまう。

 Despicable 2

グルーベクターの家に出入りする三人の姉妹を利用して銃の奪回に成功するものの、なぜかその三姉妹に好かれてしまい、彼女たちの面倒を見る羽目になってしまう...

 Despicable 3

そこそこのストーリー、そこそこのギャグ、そこそこのドタバタ・アクションと、アニメ映画としては過不足のない出来だが、これはといった魅力には欠けるように思える。ミニオンたちは愛嬌たっぷりだが...  ⇒ 6/10点

 Despicable 4

怪盗グルーの月泥棒 3D
Despicable Me (2010年・アメリカ)
監督: Chris Renaud & Pierre Coffin
キャスト(声): Steve Carell、Jason Segel、Russell Brand、Kristen Wiig、Will Arnett、Danny McBride、Miranda Cosgrove、Julie Andrews ほか
上映時間: 95分

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断

2009年のサプライズ・ヒット作「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」でブレイクしたトッド・フィリップス監督とザック・ガリフィナーキスが、ロバート・ダウニー・JRとタッグを組んだロード・ムービー。全米では2010年11月に公開され、最高位は2位(1位はアニメ映画の「メガマインド」)だったものの、総興行収入2億ドルを超えるヒット作となった。

      Due Date Poster

待望の赤ちゃん誕生を5日後に控えたピーター(ダウニー・JR)は、身重の妻サラ(ミシェル・モナハン)が待つロサンゼルスの自宅へ戻るために、アトランタから飛行機に乗り込もうとしていた。

 Due Date 1

しかし、たまたま居合わせた役者の卵、イーサン(ガリフィナーキス)のせいで、二人とも飛行機の搭乗拒否リストに載る羽目となってしまい、やむなくヒッチハイクでロスに向かう事となる...

 Due Date 2

使い古された題材なので、余程新機軸を打ち出さないと難しいのだが、残念ながら映画からは新鮮味は感じられず、ダウニー・JRガリフィナーキスをもってしても、低調さは否めない。

 Due Date 3

ギャグのやり取りもこれといったものは感じられず、ひたすら空虚なドタバタが展開されていくのを見るのはちょっと辛い...  ⇒ 5/10点

デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断
Due Date (2010年・アメリカ)
監督: Todd Philips
キャスト: Robert Downey Jr.、Zach Galifianakis、Michelle Monaghan、Jamie Foxx、Juliette Lewis、Jakob Ulrich、Danny McBride、RZA ほか
上映時間: 95分


⇒ ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を超える(2011年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード