ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 演奏会

ほぼ毎年のようにカーネギーホールに来演しているオランダの名門、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。今シーズンは2016年より首席指揮者を務めるダニエレ・ガッティと共に来演。

      RCO 1

私が行った日は、前半にオランダのヴァイオリニスト、ジャニーヌ・ヤンセンをソリストに迎えてのブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番に、メインはマーラーの交響曲第1番というプログラム。

 RCO 2

前半のブルッフ、ヴァイオリニストにとってはポピュラーなレパートリーで、独自性を出すのは難しい曲だと思うが、ジュリアードの学生の間でも人気があるというヤンセン、旋律の歌いまわしとかに個性を感じさせる演奏だった。全体的にはおとなしめで、もう少し心に訴えてくる何かが欲しいかっただろうか。

 RCO 3

マーラーは、この楽団にとってゆかりの深い作曲家で、この交響曲第1番も、これまで数えられないくらい演奏してきたであろう作品。輝かしくて明るいアメリカの楽団の音色とは明らかに異なる、ちょっとくすんだような、温かみのあるオーケストラの響きがこの曲にふさわしいが、イタリア出身のガッティとのコンビでは、ドイツものを得意にしている指揮者とはいえ、やはりラテン的なカラッとした味わいを感じ、私の求めるこの曲のイメージとは少しギャップがある印象を受けた。

 RCO 4

それにしても、このオーケストラの室内楽的なアンサンブル、木質の響きはやはり素晴らしい!

 RCO 5

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 演奏会
指揮: Daniele Gatti
Bruch: Violin Concerto No. 1 in G minor, Op. 26
(ヴァイオリン独奏: Janine Jansen)
Mahler: Symphony No. 1 in D major
(アンコール)
Falla: "Nana" from Suite Populaire Espagnole
2018年1月18日、カーネギー・ホール


⇒ ビシュコフが名演を聴かせてくれた2016年11月のカーネギーホール演奏会感想

⇒ ガッティが指揮した2015年のウィーン・フィル演奏会感想
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

メトロポリタン・オペラ演奏会 〜 ホロストフスキー追悼コンサートとなったヴェルディのレクイエム!

今回は、当初予定されていたヴェルディの運命の力の新演出が、財政的理由でキャンセルとなった代わりに企画されたヴェルディのレクイエムの演奏会。

 Requiem 1

今回の演奏会は奇しくも11月22日に亡くなったロシアのバリトン、ディミトリー・ホロストフスキーを追悼するコンサートとなった。当初「運命の力」を指揮する予定であったジェームズ・レヴァインがそのままこのコンサートでも指揮を務め、この他、アレクサンドルス・アントネンコフェルッチョ・フルラネットら、同じく出演を予定されていたキャストがそのまま出演している。

      Requiem 2

通常、この曲はオーケストラ・独唱者・合唱団とも舞台上で演奏するのだが、今回はメトでの演奏とあって、オケはオーケストラ・ピットの中で演奏し、ソリストたちと合唱団は舞台上で歌うというスタイル。

 Requiem 3

ソリストは前述のアントネンコフルラネットに加え、ブルガリアのソプラノ、クラッシミラ・ストヤノヴァベラルーシのメゾ・ソプラノ、エカテリーナ・セメンチュクが出演。数あるレクイエムの中では際立ってオペラティックなこの作品を劇的な歌唱で盛り上げていた。

 Requiem 4

レヴァインは一時期の病気や怪我からは復調したようで、さすがに往時の音楽の勢いや迫力は減じているとはいえ、むしろじっくりと構えながらも、音楽の持つ劇的な迫力を巧みに表出した素晴らしい演奏。

 Requiem 5

なかなか感動的な演奏だったのだが、この後今年米国社会を大きく揺るがしたセクシャル・ハラスメントの波にレヴァインも飲み込まれる事となった。現在マスコミを通じて明らかにされている様々な事象について、どこまで事実なのかは私には分かる由もないが、メトは当面のレヴァインの出演予定を全てキャンセル。これがメトレヴァインの姿を見る最後となったのだろうか…

 Requiem 6

メトロポリタン・オペラ 特別演奏会
指揮: James Levine
ソプラノ: Krassimira Stoyanova
メゾ・ソプラノ: Ekaterina Semenchuk
テノール: Aleksandrs Antonenko
バリトン: Ferruccio Furlanetto
メトロポリタン・オペラ合唱団(指揮: Donald Palumbo)
Verdi: Requiem
2017年12月2日、メトロポリタン歌劇場


⇒ レヴァイン指揮のメト「魔笛」感想

⇒ セメンチュク出演のメト「ボリス・ゴドノフ」感想

⇒ アントネンコ出演のメト「トゥーランドット」感想

⇒ フルラネット出演のメト「シモン・ボッカネグラ」感想

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ニューヨーク・フィル定期演奏会

今回のニューヨーク・フィルの定期、老匠クリストフ・フォン・ドホナーニが登場するはずだったのだが、病気のためキャンセルとなり、代役としてエド・デ・ワールトが起用された。

 NYPO 1

プログラムは、デンマークの作曲家ベント・ソレンセンによる "Evening Land" にエマニュエル・アックスをソリストに迎えてのモーツァルトのピアノ協奏曲第20番、そして後半にブラームスの交響曲第2番

  NYPO 2

まずはニューヨーク・フィルに委嘱され、今回が世界初演となったソレンセン"Evening Land"ニューヨークの印象をオーケストラで表現したという、25分程度の曲だが、印象としては北欧のひんやりとした空気を運んできてくれたような曲で、北欧の作曲らしい作品。

 NYPO 3

続いて演奏されたモーツァルトニューヨークの聴衆にはおなじみのアックスの演奏は、淀みなく音楽が流れていく感じで、音色は美しく、短調の仄暗さは感じさせない流麗な演奏。ベテランらしくさすがにしっかりとまとめ上げた演奏だった!

 NYPO 4

そして後半のブラームス、こちらは小細工をろうさない正攻法の演奏といった感じだったが、細部にもよく気配りが行き届き、音楽の素晴らしさが自然に立ち上ってくるかのような、充実した演奏だった。

 NYPO 5

ハイティンクに続くオランダの若手指揮者として世に出たワールトもすでに76歳、ハイティンクもすでに80代だからワールトも歳を取って当然なのだが、本当に立派な音楽でした!

 NYPO 6

第16,317回 ニューヨーク・フィル 定期演奏会
指揮: Edo de Waart
Sorensen: Evening Land (世界初演)
Mozart: Piano Concerto No. 20 in D minor, K. 466
ピアノ独奏: Emanuel Ax
Brahms: Symphony No. 2 in D major, Op. 73
2017年11月30日、デイヴィッド・ゲフィン・ホール


⇒ ズヴェーデン指揮によるニューヨーク・フィル演奏会感想

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

エマーソン弦楽四重奏団 演奏会

毎シーズン、リンカーン・センターにあるアリス・タリー・ホールでコンサート・シリーズを行っているエマーソン弦楽四重奏団。今回は11月の終わりに行われた演奏会に出向きました!

 Emerson 1

本日のプログラムは、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第13番ベートーヴェンの同じく弦楽四重奏曲第13番という、大曲2曲を並べたヘビー級のプログラム。ベートーヴェンの方は、オリジナルの最終楽章を使って全曲を演奏した後、最後に後から最終楽章用に作曲された通称「大フーガ」を演奏するというもの。

      Emerson 2

まずは1曲目、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番。曲によって第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンを交代させるこのカルテット、この曲では ユージン・ドラッカーが第1ヴァイオリンを務めたのだが、本日はどうした事か、どことなく音がかすれていて、他の3人の奏者に比べ、埋もれがちな感じ。ベートーヴェンのカルテットはやはり第1ヴァイオリンの比重は大きいので、どうしても演奏としては物足りなくなってしまう。 一緒に行った娘に聞いてみると、最近不調らしいと、ジュリアードでも噂になっているらしい。 

後半の最初はショスタコーヴィチ。こちらはフィリップ・セッツァーが第1ヴァイオリンを務めたが、長年活動している名弦楽四重奏団らしく、アンサンブルの精度の高さ、迫力とも申し分のない演奏だった!

そしてトリは大フーガ。こちらはまたドラッカーに交代したが、最初よりは安定した演奏で、迫力たっぷりにこの曲をスケール大きく演奏していたが、やはりどことなく他の3人の奏者と隙間があるように感じられる演奏だった。調子が悪くても舞台に立たなくてはならない。プロの厳しさも考えさせられてしまう、そんな演奏会でした。

 Emerson 3

エマーソン弦楽四重奏団 演奏会
Violins: Eugene Drucker, Philip Setzer
Viola: Lawrence Dutton
Cello: Paul Watkins
Beethoven: String Quartet No. 13 in B-flat major, Op. 130
Shostakovich: String Quartet No. 13 in B-flat minor, Op. 138
Beethoven: Grosse Fugue in B-flat major, Op. 133
2017年11月28日、アリス・タリー・ホール


⇒ 2014年の演奏会 感想

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

マリインスキー管弦楽団 演奏会 〜 トリフォノフが自作のピアノ協奏曲を演奏!

今回カーネギー・ホールに来演したのは、ヴァレリー・ゲルギエフとその手兵、マリインスキー管弦楽団。2晩にわたって行われたコンサートのうち、当日のプログラムは  年のチャイコフスキー・コンクールの覇者で、今をときめくダニール・トリフォノフをソリストに迎えてのトリフォノフ自身のピアノ協奏曲プロコフィエフの交響曲第6番をメインとしたもの。

      Mariinsky 1

プログラムの1曲目はリヒャルト・シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」で、オーケストラの機能美を最大限に発揮した勢いのある演奏で、コンサートの開始を飾るにふさわしいもの。

 Mariinsky 2

続いてトリフォノフが登場し、2014年に作曲し、母校クリーヴランド音楽院で初演された自作のピアノ協奏曲(これがニューヨーク初演)。コンサート活動で多忙を極める彼が30分を超える堂々たるコンチェルトを作曲しただけでも驚きだが、曲自身もこれは、という際立った個性はないかも知れないが、故国の大作曲家ラフマニノフを思わせるような曲で、彼に流れているロシア人の血を感じさせるのが興味深く、トリフォノフの技巧を発揮できる華麗なパッセージも散りばめられていて、なかなか聞き応えがあった。

 Mariinsky 3

アンコールも同じく故国の大作曲家プロコフィエフのサルカズム作品17からアレグロ・プレシピタートを華麗に弾いて観客も拍手喝采!

 Mariinsky 4

プログラムの後半、プロコフィエフの交響曲第6番。名作の5番に匹敵する、堂々たる規模の交響曲で、その前作よりは音楽の密度で劣るかも知れないが、プロコフィエフらしさを存分に感じさせる曲で、ゲルギエフによるオーケストラのドライブ感も素晴らしかった。20年前にこのオーケストラを初めて聞いた時は、実力は今ひとつかな、と感じさせたのだが、合奏の精度の高さ・音色の魅力ともに兼ね備えた一級のオーケストラである事をまざまざと感じさせてくれた。

 Mariinsky 5

マリインスキー管弦楽団 演奏会
指揮: Valery Gergiev
R. Strauss: Don Juan, Op. 20
Trifonov: Piano Concerto in E-flat minor (2014、ニューヨーク初演)
ピアノ独奏: Danil Trifonov
(Encore)
Prokofiev: Allegro Precipitato from Sarcasms, Op. 17
Prokofiev: Symphony No. 6 in E-flat minor, Op. 111
(Encore)
Stravinsky: Berceuse and Finale from The Firebird Suite (1919 version)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード