映画: モンスーン・ウェディング

アカデミー外国語映画賞にノミネートされた「サラーム・ボンベイ」(88年)などで知られるインドの女性映画監督、ミラ・ナーイルの2001年の作品。2001年のカンヌ映画祭でプレミエ上映された後、同年のヴェネツィア映画祭金獅子賞に輝き、彼女の代表作となった。

      Monsoon Wedding Poster

インドデリー。裕福な家庭の長女で、テレビ局に勤めるアディティ・ベルマ(ヴァスンダラー・ダース)は、上司ヴィクラム(サミーア・アリア)との不倫関係に区切りをつけ、父ラリット(ナジルラディン・シャー)が決めてきた縁談の相手でヒューストンでエンジニアの仕事をしているヘマント(パルヴィン・ダバス)との結婚を承諾する。

 Monsoon 1

ラリットは、インドの伝統に則り、モンスーンの時期に盛大に結婚式を行うべく、イベント・プランナーのP・K・デュベイ(ヴィジェイ・ラーズ)を雇い、準備に大忙し。

 Monsoon 2

一方アディディの方は、一旦結婚の承諾をしたものの、気持ちの整理はつかず、心は晴れないまま。そんな中、結婚式に出席するため、世界中から両家の親族が集まってくる...

 Monsoon 3

インドを舞台に多種多様な登場人物が交錯する、いわゆる「グランド・ホテル形式」の典型的な作品で、アディティたちをはじめ、3組の男女の人間模様を中心に物語が進んでいくものの、個々の登場人物の掘り下げは深いとは言えない。

 Monsoon 4

但し、インド映画特有の歌と踊りを散りばめ、手持ちカメラを使用したデリーの街並みの描写でエキゾチックなライブ感を適度に出すなど、映画としてのまとまりが良く、抵抗感なく楽しめる作品に仕上がっているところは、監督の手腕のたまもの。

 Monsoon 5

西洋の文化に馴染んだ娘たちの世代の価値観の違いを理解しながらも、心の中ではとまどいを隠せず、また娘の幸せを願い、伝統に則った盛大な結婚式を望みながらも、式の費用がかさむのを妙に心配したりする父親の微妙な心情が描かれている所が、スペンサー・トレイシーエリザベス・テイラーが共演した「花嫁の父」(50年)と通ずる所があったりして、興味深い。 我が家については、まだ先の話ですが!  ⇒ 7/10点

 Monsoon 6

モンスーン・ウェディング
Monsoon Wedding (2001年・インド/アメリカ/フランス/イタリア)
監督: Mira Nair
キャスト: Naseeruddin Shah, Lillete Dubey, Shefali Shetty, Parvin Dabas, Vijay Raaz, Tilotama Shome, Vasundhara Das, Roshan Seth, Kulbhushan Kharbanda ほか
上映時間: 114分


⇒ 「花嫁の父」感想
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: 俺たちニュースキャスター

人気コメディ俳優、ウィル・フェレル主演のおバカ映画。全米では2004年7月に公開され、興行成績面では公開週の2位が最高だった。

      Anchorman Poster

1970年代のサンディエゴ。地元テレビ局の人気キャスター、ロン・バーガーンディ(フェレル)は同僚のブライアン・フォンタナ(ポール・ラッド)ブリック・タムランド(スティーヴ・カレル)チャンプ・カインド(デヴィッド・ケックナー)らおバカな仲間たちと街を闊歩し、好き放題な日々を送っていた。

 Anchorman 1

そんなある日、キャスター志望の野心に溢れるヴェロニカ(クリスティナ・アップルゲイト)が入社してくる。

 Anchorman 2

すぐに惹かれあう二人だったが、ヴェロニカがメイン・キャスターに抜擢されたのをきっかけに、二人の間に亀裂が生じてくる。

 Anchorman 3

二人の反目は、やがてウェス・マントゥース(ヴィンス・ヴォーン)アルトゥーロ・メンデス(ベン・スティラー)らライバル局のキャスターたちを巻き込む激しいバトルに発展していく?のだった...

 Anchorman 4

おバカなニュースキャスターたちのハチャメチャぶりにはなぜか1970年代という時代が良く似合う。とにかく頭をからっぽにしてヘラヘラ笑いたいときに向いている映画。

 Anchorman 5

おバカ映画とはいえ、出演しているのはフェレルをはじめ、カレルラッドら、サタデー・ナイト・ライブで人気者になり、それぞれ映画でも主役を務めている人気コメディ俳優を勢ぞろいさせているだけに、あなどれない出来。

 Anchorman 6

ライバル局のキャスターたちが入り乱れての乱闘シーンは、全く劇画調なのだが、スティラーヴォーンティム・ロビンスリューク・ウィルソンら、これまたスター俳優をカメオ出演させていて、それだけでも結構面白い!この映画はアメリカではカルト的人気があるようで、先日この作品の第2弾が全米で公開されている。  ⇒ 6/10点

 Stiller.jpg
 Vaughn.jpg
 Robbins.jpg
 Wilson.jpg

俺たちニュースキャスター
Anchorman: The Legend of Ron Burgundy (2004年・アメリカ)
監督: Adam McKay
キャスト: Will Ferrell, Christina Applegate, Paul Rudd, Steve Carell, David Koechner, Fred Willard, Vince Vaughn, Ben Stiller, Tim Robbins, Luke Wilson, Seth Rogen, Danny Trejo, Jack Black, Judd Apatow ほか
上映時間: 94分


⇒ フェレル出演作「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」(10年)感想

⇒ ラッド出演作「幸せの始まりは」(10年)感想

⇒ カレル主演作「エンド・オブ・ザ・ワールド」(12年)感想

⇒ スティラー主演作「ペントハウス」(11年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: パラノーマル・アクティビティ

ドキュメンタリー手法を使って撮影された低予算ホラー映画。2007年のスクリームフェスト・ホラー映画祭、2008年のスラムダンス映画祭などで上映された後、北米では2009年9月に限定公開され、口コミを通じて評判となった結果、10月には全米公開となり、公開5週目に興行成績のトップに立つ異例のヒット作となった。

      Parnormal Poster

2006年9月、サン・ディエゴ。当地に引っ越してきたばかりの同棲中のカップル、ミカ(ミカ・スロート)ケイティー(ケイティー・フェザーストーン)は夜な夜な怪奇音に悩まされていた。

 Paranormal 1

その正体を暴くべくミカは家中にビデオカメラを設置し、昼間の生活風景や夜の寝室を撮影することにした。そこに記録されていたものとは...

 Paranormal 2

ドキュメンタリー・タッチの低予算ホラー映画で、思わぬヒットにより、現在まで第5作まで続編が製作されている大ヒット・シリーズの第1作で、その手法は1999年に公開され、社会現象となった「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」に似ている。

 Paranormal 3

物語は静かに進んでいきながら恐怖感を徐々に高めていくという感じで、公開時にはそれが高く評価されたようだが、個人的にはちょっと起伏が無さ過ぎて退屈な感じ。  ⇒ 5/10点

パラノーマル・アクティビティ
Paranormal Activity (2013年・アメリカ)
監督: Oren Peli
キャスト: Micah Sloat, Katie Featherston, Mark Fredrichs, Amber Armstrong, Ashley Palmer, Gerardo Vazquez ほか
上映時間: 88分

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: ディスタービア

全米では2007年4月に公開され、公開週から3週連続で興行成績のトップを獲得するヒット作となったサスペンス・スリラー。本作で注目を集めた主演のシャイア・ラブーフは、続く「トランスフォーマー」(07年)でブレイクした。

      Disturbia Poster

交通事故で父親を失ったケール(ラブーフ)は自暴自棄になり、学校で教師を殴り3カ月の自宅謹慎処分を受ける。

 Disturbia 1

足に監視用の電子ブレスレットをつけられて自宅から出れなくなり、暇を持て余した彼は、退屈しのぎに近所の覗き見を始め、隣に引っ越してきた少女アシュリー(サラ・ローマー)に興味を持つ。

 Disturbia 2

ジュリー(キャリー・アン・モス)に隠れて、アシュリー、親友のロニー(アーロン・ヨー)と共に探偵ごっこに熱中し始めた彼らだが、ある日、裏手に独りで住んでいる中年男ターナー(デヴィッド・モース)が若い女性の行方不明事件の容疑者ではないかという疑いを持つ...

 Disturbia 3

ストーリーはヒチコックの往年の名作、「裏窓」(54年)そのままだが、巧みに現在の社会環境に移し替えながら、ティーンもののフレーバーを加えた上質なサスペンス・スリラーに仕上げている。

 Disturbia 4

この手の作品はうまくいかないケースが多いのだが、テンポ良くサスペンス感を盛り上げていく監督の手腕はなかなかのもので、これはなかなか面白く見れる!  ⇒ 7/10点

 Disturbia 5

ディスタービア
Disturbia (2007年・アメリカ)
監督: D.J. Caruso
キャスト: Shia LaBeouf、Sarah Roemer、Aaron Yoo、Carrie-Anne Moss、David Morse ほか
上映時間: 104分


⇒ ラブーフ出演の「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(11年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: 寝取られ男のラブ♂バカンス

ジェイソン・シーゲルラッセル・ブランドジョナ・ヒルらコメディ・スターが共演したラブ・コメディ。全米では2008年4月に公開され、興行成績面では公開週の2位が最高だった。

      Sarah Poster

人気テレビ・ドラマの音楽を手掛けている作曲家のピーター(シーゲル)は、交際相手の人気女優、サラ(クリステン・ベル)から、「他に好きな人が出来た」と言われ、振られてしまう。

 Sarah 1

落ち込んだ彼は、弟の勧めでハワイへ気晴らしの旅行に出かけるが、滞在先のホテルでサラと新しい恋人のミュージシャン、アルダス(ブランド)とばったり出会ってしまう...

 Sarah 2

この作品の脚本も手がけているジェイソン・シーゲルの本格的デビュー作だが、一見普通の男に見えながら、そこはかとなくダメ男ぶりを発揮しているところが、結構共感を呼ぶ。

 Sarah 3

彼に絡むブランドが相変わらず強烈な個性を振りまき、ヒルのおとぼけぶりも快調と、男優陣3人の個性がうまく映画の中でブレンドしている。

 Sarah 4

対する女優陣も、ベルミラ・キュニスと、男優陣に負けない存在感を発揮している。

 Sarah 5

この手の映画は、下品なだけに終わってストーリーの底も浅い(一言で言えばくだらない?)ものが多いのだが、この作品は妙に共感出来るところがあったりして、それなりに面白かった。なお、ブランドとヒルは本作のスピンオフ作品、「伝説のロックスター再生計画」(10年)でも共演している。  ⇒ 7/10点

 Sarah 6

寝取られ男のラブ♂バカンス
Forgetting Sarah Marshall (08年・アメリカ)
監督: Nicholas Stoller
キャスト: Jason Segel、Kristen Bell、Mila Kunis、Russell Brand、Jonah Hill、Bill Haker、Da’vone McDonald、Paul Rudd、Maria Thayer、Jack Mc Brayer ほか
上映時間: 111分


⇒ 「伝説のロックスター再生計画」(10年)感想

⇒ シーゲル主演の「憧れのウェディング・ベル」(12年)感想

⇒ ヒル出演作「マネーボール」(11年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード