チェルシーに移転したお洒落に生まれ変わった 牛若丸

ソーホーで、コスパの高いお寿司を出す店として人気があった 牛若丸 が、チェルシーに移転して再オープンしたのが昨年夏。今回はその新しい店の方にお邪魔した。

 Ushiwakamaru 1

店内は以前の店より、お洒落でアップスケールになった感じ。

 Ushiwakamaru 9

まずはおつまみを少し。イカゲソと明太子の和え物帆立とアスパラのソテーネギトロなど。

 Ushiwakamaru 2
 Ushiwakamaru 3
 Ushiwakamaru 4

そして握り。

 Ushiwakamaru 5
 Ushiwakamaru 6
 Ushiwakamaru 7

値段は少し上がった感じだが、ネタは新鮮で、相変わらずコスパの高いお寿司。美味しかったです!

 Ushiwakamaru 8

牛若丸
362 West 23rd Street (Btw 8 & 9th Av.)
Tel. 917-639-3940
営業時間: 6PM - 12AM
定休日: 日曜
Zagat 評価: 4.5/3.9/4.2 (料理/内装/サービス)


⇒ ソーホー時代の訪問記
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Santina 〜 ファッショナブルなミートパッキング・ディストリクトのトレンディ・レストラン

ミシュラン一つ星に輝いた Torrisi Italian Specialities (2014年に閉店)を皮切りに、次々とトレンディ・レストランをヒットさせ、一躍ニューヨーク・レストラン・シーンの寵児となった Torrisi 兄弟Mario Carbone が、昨年1月にトレンディ地区、ミートパッキング・ディストリクトにオープンさせたイタリア料理店。

 Santina 01

レンツォ・ピアノの設計になるというガラス張りの開放感のある店。店内は、華やかなヴェネツィアムラノ・グラスのシャンデリアが目を引き、イタリアアマルフィ・コーストフロリダマイアミが混ざったかのような雰囲気。話題のトレンディ店らしく、お客さんでいっぱい!

 Santina 02
 Santina 03

さて、料理のコンセプトは、かってこの地にあった、マンハッタン最初のファーマーズ・マーケットに敬意を表して、野菜など地元の食材を活用し、シーフードを中心とした地中海地方のイタリア料理を提供するという事らしい。

 Santina 04
 テーブルに置かれていたサルサ

【Squash Carpaccio; Squash, Honey Agrodolce】

 Santina 05

薄切りにされたカボチャが綺麗に敷き詰められたカルパッチョ仕立て。

【Fritto Misto; Caper, Tartar Sauce】

 Santina 06

【Crudo Mexicana; Spot Prwans, Eggplant】

 Santina 07

エビの甘みを堪能できる一品!

そして、店のスペシャリテという、ひよこ豆のパンケーキ、チェチーナトスカーナ地方でポピュラーだそうです。5種類用意されているトッピングから、Rock Shrimp のものと、アボカド・ベースのものを。具を巻いて食べるのだが、パンケーキの素朴な味わいがなかなか良い!

【Cecina; Gamberetti (Rock Shrimp, Ginger, Garlic), Avocado Trapanese (Tomato, Almond Pesto)】

 Santina 09
 Santina 10
 Santina 11

そしてパスタ:

【Fusilli Santina; Merguez, Mussels】

 Santina 12

【Rigatoni Rosso; Sundried Tomato, Almonds】

 Santina 13

パスタはあまり特徴がない感じ。最近は美味しいパスタを出す店が多くなっているので、この点は要改善だろうか。

【Swordfish Dogana; Green Tomato, Olive Relish】

 Santina 14

メインはまずまず。ここまでで結構お腹いっぱいになったので、今回は珍しくデザートはパス。トレンディ店らしい華やかさいっぱいの店だが、料理の方は、もう一つ感動させるものが必要だろうか。チェチーナをつまみながらワインを楽しむ、といった使い方が良いのかも知れない。午前中から営業しており、早くも朝食・週末のブランチは評判を呼んでいるようだ。

      Santina 15

Santina
820 Washington Street (Btw Gansevoort & 12 St.)
Tel. 212-254-3000
営業時間: 10AM - 11PM (木 〜 土: - 12AM)
Zagat 評価: 23/23/20/$69 (料理/内装/サービス/予算)


⇒ Torrisi 兄弟の人気フランス料理店、Dirty French 感想

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

El Quinto Pino: チェルシーの人気スペイン料理店

今回訪れたのは、チェルシーにある人気スペイン料理店、El Quinto Pino

      Pino 01

2007年にタパス・バーとしてオープンしたこの店、その後マンハッタンに出来たお洒落なタパス・バーの走りとも言える存在。店内は幾つかのスペースにわけらているが、ミッドセンチュリーの家具などを要所に配するなど、こだわりが伺える店。

      Pino 02
 Pino 03
 Pino 04

まずはワイン。バスク地方の白ワインを頼むと、これがこの地方独特の注ぎ方を披露してくれた!

      Pino 06
      Pino 05
      Pino 21

さて、メニューの方は、タパス・バーのコンセプに忠実に、みんなでつまみながらワインを楽しむためのタパスが色々と揃えられている。

【Pan Amb Tomaca; Garlic & Tomato Rubbed Bread】

 Pino 07

【Uni Panini】

      Pino 08
 Pino 09
 Pino 10

贅沢にウニが挟まれたパニーニ!

【Huevos Rellenos; Organic Deviled Eggs, Green Tahini】

 Pino 11

【Coca de Calfo; Crispy Corn Cakes, Imported Sardine, Tomato Frito, Grated Eggs】

 Pino 12

【Gambas al Ajillo; Garlic Shrimp, Ginger, Jalapeno】

 Pino 13

【Croquetas; Crispy Creamy Serrano Ham Croquettes】

 Pino 14

【Txipiron en su Tinta; Squid in its own Ink with Bomba Rice】

 Pino 15

【Queso Fundido; Melted Tetilla Cheese, Anchovy, Piquillo, Grilled Bread】

 Pino 16

【Fideua; Valencian Toasted Noodle Paella; Shrimp, Squid, Aioli】

 Pino 17

【Nuestras Bravas; Rough Cut Potatoes, Spicy Aioli】

 Pino 18

【Calamari a la Plancha; Squid, Squid Jus, Parmesan Cheese, Black Garlic】

 Pino 19

【Pinchos Moruno; Moorish Spiced Lamb Skewers】

 Pino 20

タパスはどれも、上品で軽やか、洗練された味わいが身上という印象で、どれも高水準の味!  ワインとも良く合いました。

そしてデザート:

【Torta Santiago; Galician Almond Cake, Seasonal Fruit Garnish】

 Pino 23

【Crema Catalana; Cinamon-Lemon Scented Custard, Cracked Sugar Crust】

 Pino 24

デザートはいずれも、シンプルで素朴な味わい。

マンハッタンの数多いタパス・バーの中でも上位に入る店だと思いました!

El Quinto Pino
401 West 24th Street (@ 9th Av.)
Tel. 212-206-6900
ディナー: 5:30 - 11:30PM (金・土: - 12AM; 日: - 10:30PM)
ブランチ: 11:30AM - 3:30PM (土・日)
Zagat 評価: 23/17/21/$49 (料理/内装/サービス/予算)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Lupulo:  話題のポルトガル居酒屋!

今回訪れたのは、ミシュラン一つ星に輝くフラットアイアンのポルトガル料理店、Aldea のオーナー・シェフ、George Mendes が昨年4月にチェルシー地区にオープンさせた Lupulo

 Lupulo 01

開店当初は予約を受け付けず、テーブルを確保するのが困難なほどの人気ぶりだったが、1年経って予約も受け付けるようになり、少し落ち着いてきたようだ。 コンセプトはポルトガルの海鮮居酒屋といった感じのようで、魚介類が目の前に並べられた大きなカウンター席が中心に据えられていて、活気のある雰囲気。

 Lupulo 02
 Lupulo 03
 Lupulo 04
 Lupulo 05

さて、シーフード中心のメニューの中から今回は、ワインのおつまみ的な感覚で選ぶ:

 Lupulo 06

【Espargos; Grilled Green Asparagus, Meyer Lemon, Sorrel, Olive Oil】

 Lupulo 07

【Ameijoas a Bulhao Pato; Manila Clams, Vinho Verde, Garlic and Cilantro】

 Lupulo 08

【Arroz de Lulas Ameijoas; Squid Ink Rice, Clams, Blood Sausage, Chili and Cilantro】

 Lupulo 09

アスパラガスの新鮮さを際立たせた一品やアサリの白ワイン蒸しはなかなかの味だが、期待したイカスミのリゾットは、ソーセージが邪魔をしているような。魚介類だけでまとめた方が良かったかも知れない。

そしてデザート!

 Lupulo 10
 Lupulo 11

 Lupulo 12

Lupulo
835 6th Avenue (@ 29th St.)
Tel. 212-290-7600
ランチ: 11:30AM - 2:30PM
ブランチ: 11:30AM - 3PM (土・日)
ディナー: 5 - 11PM (木〜土: - 12AM; 日: - 10PM)


⇒ Aldea 訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Futago: 大阪発!今話題の焼肉店を訪問!

2010年に1号店が五反田にオープンして以来、東京で話題となっている焼肉店、「ふたご」。この人気店が2015年5月にNY店をオープンし、気になっていたのだが、今回ようやく訪問!

 Futago 01

トレンディなレストランが数多く並ぶチェルシー地区にオープンしたこの店、入り口を入ると、すぐに肉のディスプレイが目に付く。

      Futago 02

店内は、焼肉店らしからぬ、クールなイメージで、高級感がある。日本の店もこのような感じなのだろうか。

 Futago 03
 Futago 05
 Futago 06

まずはキムチ盛り合わせと、ゴマ塩キャベツ

 Futago 07
 Futago 10

さて、注目の肉は:

 Futago 09

タン塩はなかなかの厚みがあり、食べ応えがある。幸先の良いスタート!

 Futago 12
 Futago 13

ドライアイスの中から登場した肉の盛り合わせ。量はやや少なめでしょうか。でも、肉の質は上々!

そして、名物のはみ出るカルビ

 Futago 14
 Futago 15
 Futago 19

これは、肉の厚みはないものの、さすがに迫力あり。脂の乗りも上々でとろけるような旨さ。わさび醤油とよく合う! ただし、日本で出されるものよりかなりお値段は高めのようで、果たして肉天国のアメリカで、アメリカ人に受けるかどうか、ちょっと心配。

 Futago 20

これは、その日のスペシャル。味噌漬けのハラミ

締めは、ニンニクの焼き飯一口冷麺

 Futago 16
 Futago 17
 Futago 21

一通り満足したところで、デザートはきな粉のアイスクリーム

 Futago 22

おしゃれな空間で頂く焼肉はさすがに上々の美味しさだが、やや高めの値段が、肉に厳しいニューヨーカーにどう受け入れられるだろうか。 ともあれ、満足しました!

      Futago 23

ふたご
37 West 17th Street (Btw 5th & 6th Av)
Tel. 212-620-0225

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード