Chefs Club でパリで活躍中の日本人シェフの料理を堪能!

アメリカを中心に世界各国で活躍中のシェフを招聘して料理を披露してもらうスペースとして、密かに人気の Chefs Club

 Chefs 01

4月26日から7月21日までは、パリで屈指のトレンディ店 Clown Bar のシェフを昨年まで務めて一躍パリのレストラン・シーンで注目の人となった渥美創太シェフ。念願の独立を果たして Maison という名のレストランをパリでオープン予定だが、その前に、新しい店で提供予定の料理を一足先にニューヨークの人々にお披露目!

Atsumi.jpg

天井が高くオープンキッチンで開放的でありながら、落ち着いた雰囲気も感じさせる店内。店内の飾りつけや食器の選択も、シェフにある程度任されているようだ。今回は渥美シェフと共に新店で働く予定のスタッフ、共同オーナー(?)のメートル・ドテル(フランス人だが奥さんが日本人だそうで日本語がうまい!)も一緒に来ている。

 Chefs 02

さて、新店 Maison でも提供予定の料理を中心に、Chefs Club のために考えられたコースは、冷たい前菜・温かい前菜・魚料理・肉料理・デザートの5コースで構成されていて、デザート(3種)以外はそれぞれ2種の選択肢がある。

と、その前に出された自家製パンが抜群に美味しかった! パン職人の方は、元々パリでパン屋をされていた方で、現在はフリーで様々なイベントのサポートを中心に活動しているとの事で、今回も渥美シェフに頼まれて同行したとの事。

 Chefs 03
 Chefs 04
 Chefs 05

パンだけでお腹いっぱいになるところだったが、注目の料理:

まずは日本人らしい繊細さとシンプルな美しさが感じられるアミューズ

 Chefs 06
 Chefs 07

【Scallop Ceviche; Cucumber, Oyster, Fermented Tomatoes】

 Chefs 08

【Burrata; Green Pea Vichyssoise, Apricot】

 Chefs 09

【Buckwheat Galette; Onion, Black Garlic, Parmiggiano】

 Chefs 10

【Gnocchi; Sea Urchin, Fermented Mushrooms】

 Chefs 11

【Cod a la Plancha; Green Asparagus, Fava Beans, Manila Clams】

 Chefs 12

【Seared Mackerel; White Asparagus, Beurre Blanc】

 Chefs 13

【Squab Pithiviers; Foie Gras, Beets, Date & Yuzu】

 Chefs 14

【Lamb Chop; Maitake, Anchovy Sauce】

 Chefs 15

【Strawberry Pavlova; Buttermilk Ice Cream, Raspberry Sauce】

 Chefs 16

【Kouign Amann; Vanilla Ice Cream, Banana & Yuzu】

 Chefs 17

料理はどれも抜群に美味しかった!(ブールブランなど、涙が出るほど。久しぶりという事もあったのかも知れませんが) しばらくフランスに行っていないので忘れていたが、素材の持つ旨味がピュアに立ち上ってくる感じが、まさにフランスの美味しいレストランで食べた時の感覚。

      Chefs 18
      オープンキッチン内で黙々と、忙しそうに立ち働く渥美シェフ

アメリカフランス料理店でこういう感覚になる事はほとんどないので、やはりアメリカ人とフランス人の味覚の違いが反映されているのだろうか、などと考えてしまった夜でした。

 Chefs 19

Chefs Club Presents: Sota Atsumi
275 Mulberry Street (@ Jersey St.)
Tel. 212-941-1100
Zagat 評価: 4.5/4.5/4.5/$$$ (料理/内装/サービス/予算)
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Sadelle's で優雅な朝食

正月以来休みを取っていない事に気がつき、独立記念日の前の火曜日に休みを取ってソーホーに。まずは人気店 Sadelle's で朝食を。

      Sadelle 1

CarboneDirty Frenchシーグラム・ビルディングで長らく営業していたパワーランチスポットの元祖、The Four Seasons の後に昨年オープンした The Grill など、マンハッタンのトレンディ・レストランを多数運営している Major Food Group が 2015年にソーホーにオープンさせた ジューイッシュ・カフェ/レストラン。オープン直後から評判で、特に朝食やブランチの人気スポットとなっている店。

 Sadelle 5

せっかくの休日なので、今回は少しリッチにスモーク・サーモン。トレーにスモーク・サーモンとトマト・きゅうりが別々に出されてきて、いかにもインスタグラム映えしそう(実際にインスタグラムの格好の対象になっているらしい)。。。

      Sadelle 2

これにクリームチーズと、お好みのベーグルが付いてくる。私が選んだのは Everything 2.0 と名付けられたもの。通常の Everything ベーグルに、フェンネルとキャラウェイ・シードを加えているという事で、確かに香りが違うような気がしました。

 Sadelle 3

ベーグルは小麦粉の香りが高く、中はモチモチとしていて、これは本当に美味しい! これにスモーク・サーモンとトマト・きゅうり・ディル、それにクリームチーズをたっぷりと挟んで頂く至福のひと時!(詰め込み過ぎて写真映りは悪くなりました)

 Sadelle 4

Sadelle's
463 West Broadway (Btw West Houston & Prince St.)
Tel. 212-776-4926
営業時間: 8:30AM-2:30PM (木〜土: -8:30PM; 日: -5PM)
Zagat 評価: 4.3/4.3/3.9/$$ (料理/内装/サービス/予算)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

King 〜 ソーホーの人気レストランを初訪問!

今回訪れたのは、2016年9月にソーホーでオープンして以来、その日に入荷した季節の食材を使った日替わりのメニューが人気のレストラン、King

 King 01

店を切り盛りするのは、ロンドンの老舗イタリアン、River Cafe で修行した二人の女性シェフ、Jess ShadboltClare de Boer、それに彼女たちの友人で、フロントを任されている Annie Shi ロンドン出身の3人。

 King 02

オープンした当初はそれほど話題にならなかったのだが、 料理の美味しさが評判を呼び、今では予約が取りにくい人気店に成長している。

 King 03

訪れた日は、あいにくシェフ二人は不在のようで、オープン・キッチンには男性シェフの姿が。白で統一された店内は明るく、クリーンな雰囲気。

 King 04
 ビールのおつまみに合いそうな突き出し

さて、毎日のように変わるという料理の方はどうだろうか。本日は前菜4種・メイン3種というラインナップだったが:

【Coniglio con Polenta】

 King 05

【Mackerel en Saor with Florence Fennel】

 King 06

【Hand-Cut Fresh Ricotta Ravioli with Spring Peas, Mint and Lemon Zest】

 King 07

【Wild Red Snapper Grilled with Chicpeas, Marinated Spinach and Tapenade】

 King 08

【Guinea Hen Roasted in Pieropan Soave with Baby Rainbow Chard, Broad Beans and Thyme】

 King 09

【Sirloin Chargrilled over Rosemary Branches with Coco-Blanc, Watercress and Anchovy Butter】

 King 10

前菜・メインともに、メインの食材の美味しさを素直に生かそうとしている事が感じられる料理。イタリアンと共に、タプナードを使ったりしているところに南仏や地中海料理のテイストを感じさせる。いずれも野菜がたっぷりと盛られていて、全体的にクリーンな味わいの料理で好感が持てる。

デザートはチョコレート・ケーキレモンのセミフレッドセミフレッドはたっぷりのボリュームにビックリ!

【Flourless Chocolate Cake】

 King 11

【Lemon Semifreddo】

      King 12

King
18 King Street (@ 6th Av.)
Tel. 917-825-1618
ランチ: 12 - 2:30PM (土・日: 11:30AM-)
ディナー: 5:30 - 9:30PM (木〜土: - 10PM)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Fish Cheek 〜 ノリータの人気タイ料理店を再訪!

今回、日本に帰国する同僚の送別会で久しぶりに訪れたのが、ノリータにある人気タイ料理店、Fish Cheeks

まずはタイ・ビールとおつまみで乾杯!

      Fish 01
      Fish 04
 Fish 02

バンコクミシュラン一つ星レストラン、Nahm 出身の兄弟によるフレッシュなタイ料理が評判のこの店、今回頼んだのは:

【Fried Calamari; Cilantro, Dried Red Chili Tossed in Tamarind and Fish Sauce Glaze】

 Fish 03

【Yum Goong; Poached Shrimp, Cilantro, Culantro, Cucumber, Coconut Milk, Red Sorrel, Betel Leaf, Fried Shallot】

 Fish 05

イカ・フライ、茹でた海老、いずれもタイ料理らしいスパイシーさと甘さが絶妙にバランスした味付けでビールが進む!

【Po Tak; Lemongrass Soup with Catch of the Day, Shrimp, Scallop, Squid, Oyster Mushroom, Bird's Eye Chili, Galangal, Basil, Ka r Lime Leaf】

 Fish 06


前回も感嘆したのだが、このスープが香り高く抜群に美味しい!但し、結構辛いです(笑)

【Grilled Branzino; Sea Beans Served with Seagrapes Seaweed and Chili Garlic Peanut Sauce】

 Fish 07
 Fish 08

グリルしたスズキの上から甘辛のソースをかけるのだが、このソースの香りが良く、甘辛の味がタイ料理らしい。海ぶどうなんて久しぶりに見ました(笑)。

【Manila Clams with Sweet Basil; Stir Fried with Scallion, Rosted Chili Paste, Sweet Basil, Garlic】

 FIsh 10

こちらもスパイシーな味付け。全体的にビールが止まらなくなる(笑)

【Crab Fried Rice; Crab, Rice, Egg, Scallion, Cilantro, Cucumber Served with Nam Jim Seafood & Prik Nam Pla】

 Fish 11

カニの身がたっぷりと入った炒飯。今回頼んだ料理の中では一番穏やかな味で少しほっとします(笑)

【Steamed Rice Cake with Mango】

 Fish 12

これも南国らしい甘さのスイーツ。マンゴーと一緒に食べると、気分は南国に!

どの料理も甘さと辛さという相反する味わいがハッキリとしていて、しかもバランスが崩れていないのが良い。パクチーやバジルなど、タイらしい香草の香りがしっかりと立っているのも良い。いい店です。

Fish Cheeks
55 Bond Street (Btw Lafayette & Bowery)
Tel. 212-677-2223
営業時間: 5PM -


⇒ 前回訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Estela 〜 NoLita 屈指のトレンディ店を再訪!

日本から出張で来ていた友人のリクエストに応えて、ノリータ屈指のトレンディ店、Estela を再訪。

      Estela 01

オーナー・シェフの Ignacio Mattos が創り出すクリエイティヴな料理が評判を呼び、オバマ前大統領も訪れた事で一層人気に火がついたこの店、我々が訪れた日もお客さんで一杯!

 Estela 02
 訪れた頃は早い時間帯だったため、こんな感じだったが…
 Estela 12
 店を出る頃には、超満員!

さて料理:

【Oysters with Yuzu Kosho Mignonette】

 Estela 03

ゆず胡椒のソースというのが、これまでありそうでなかった秀逸のアイデア。生牡蠣に良く合います!

【Cured Fluke with Sea Urchin】

 Estela 04
 Estela 05

名物料理の一つ。タルタル状にしたヒラメをセルクルで固めた中に、ウニがふんだんに忍ばされている。淡白なヒラメに、濃厚なウニ、この取り合わせが絶妙!

【Beef Tartare with Sunchoke】

 Estela 06
 Estela 07

チップ状にした菊芋が、ねっとりとした生肉のタルタルと食感で良いコントラストをもたらしている。これも絶品!

【Fried Arroz Negro with Squid and Romesco】

 Estela 08

火を入れる事によってイカスミの甘さとコクが見事に引き出された焼きリゾット!

【Sardines in Kombu with Yuzu Dressing】

 Estela 13

ワインはフランス・プロヴァンス地方でも最も有名なワインの産地、Bandol のロゼ。適度にコクのある辛口のロゼは料理にも良く合い、この季節にピッタリ!

      Estela 10

そしてデザート:

【Mango Sorbet with Hijiki Seaweed】

 Estela 11

こちらはマンゴーのシャーベットになんとひじきを忍ばせたという独創的なデザート。ひじきの食感が合うかどうか意見が分かれそうだが、その塩味がマンゴーの甘さを強調する感じで、なかなか良い!

やはり最初から最後まで圧倒される料理の数々で、友人も大満足。これでもう少し気軽に来れると良いのだが…

Estela
47 East Houston Street (Btw Mulberry & Mott St.)
Tel. 212-219-7693
ディナー: 5:30PM - 12AM (金・土: - 1AM)
ブランチ: 11:30AM - 3PM (土・日)
Zagat 評価:4.6/3.8/4.2/$$$ (料理/内装/サービス/予算)


⇒ 前回訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード