ローガン・ラッキー 〜 スティーヴン・ソダーバーグ監督らしさ全開の快作

一時映画製作からの引退を表明していたスティーヴン・ソダーバーグ監督「恋するリベラーチェ」(2013年)以来、4年ぶりとなる新作。全米では2017年8月に公開され、公開週に興行ランキングの3位にランクインしている(トップは "The Hitman's Bodyguard")。

      Logan Lucky Poster

脚の怪我のため、フットボールを諦めたジミー(チャニング・テイタム)は、勤めていた建設会社もクビになってしまい、それまでの人生を一変させようと大がかかりな現金強奪計画を立てる。

 Logan Lucky 1

全米屈指のカーレース、NASCARが開催されるサーキット場の金庫から、大金を強奪するというその計画、片腕を失った元軍人の弟クライド(アダム・ドライヴァー)、カーマニアの妹メリー(ライリー・キーオ)とタッグを組み、爆破のプロで服役中のジョー(ダニエル・クレイグ)を仲間に引き入れて実行に移そうと、まずはジョーを脱獄させるのだが…

 Logan 2

ソダーバーグ監督の復帰?(テレビ・ドラマやプロデュースなどで活躍していたので、引退なのかと、言われている)第1作となった本作は、同監督の「オーシャンズ」シリーズを思わせる犯罪映画。

 Logan 3

「オーシャンズ」に比べて登場人物が少ない分、ストーリー展開がより引き締まって無駄がなくなり、軽快なテンポで進んでいくのが、この種の映画としては美点で、犯罪のプロたちの集まりだった「オーシャンズ」に比べて、こちらはどこか間が抜けている素人の兄弟たちが主人公で、しかもクレイグテイタムドライヴァーら旬の俳優が癖のあるそれぞれの役をひょうひょうと演じているのも良い。

 Logan 4

プロットも、兄弟たちがドジな分、果たして成功するのかしないかハラハラさせるような展開で、こちらも一緒にハラハラしてしまうような巧みさで、才人ソダーバーグらしさが存分に発揮された快作!他にヒラリー・スワンクが FBI捜査官として出演して彩りを添えている。  ⇒ 8/10点

 Logan 5
 Logan 6

ローガン・ラッキー
Logan Lucky (2017年・アメリカ)
監督: Steven Soderbergh
キャスト: Channing Tatum, Adam Driver, Daniel Craig. Riley Keough, Hilary Swank, Seth MacFarlane, Katie Holmes, Katherine Waterston, Dwight Yoakam, Sebastian Stan ほか
上映時間: 119分


⇒ ソダーバーグ監督・テイタム主演作「マジック・マイク」(12年)感想オススメ!

⇒ テイタム出演作「ヘイル、シーザー!」(16年)感想

⇒ ドライヴァー主演作「パターソン」(16年)感想

⇒ クレイグ主演作「007 スペクター」(15年)感想

⇒ スワンク出演作「ニュー・イヤーズ・イヴ」(11年)感想
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ダークタワー 〜 スティーヴン・キングのファンタジー小説の待望の映画化!

ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングの大作ファンタジー小説で、これまでJ・J・エイブラムスロン・ハワードにより映画化が構想されながら実現しなかった「ダークタワー」を、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(09年)の脚本を担当したニコライ・アーセルがついに映画化。全米では2017年8月に公開され、公開週に興行ランキングのトップに立っている。

      Dark Tower Poster

ニューヨークに住む少年ジェイク(トム・テイラー)は、巨大な暗黒の塔・ダークタワーに魔術を操る黒衣の男、拳銃使いの戦士らが現れる悪夢に毎日うなされている事を周囲の大人に訴えるが信じてもらえない。

 Dark Tower 1

ある日、夢に出てくる中間世界と呼ばれる異界の入り口が、時空を超えて現実世界につながっている場所を発見したジェイクは、世界のバランスを維持する役割を担っているタワーの守護者であるガンスリンガーのローランド(イドリス・エルバ)と、タワーを破壊しようとする黒衣の男ウォルター(マシュー・マコノヒー)の死闘に巻き込まれていく…

 Dark Tower 2

キングが30年をかけて完成させた、ライフワークとも言える全7部の大作をどう映画化するのか、予てから注目されていたようだが、本作は小説の続きのような位置付けのようで、映画のほか、テレビなど複数のメディアを通じて、小説で描かれた世界観を映像で表現していくという構想のようだ。

 Dark Tower 3

原作のファンからはかなり酷評されているらしい本作、原作を読んでいない私ではあるが、ストーリーにあまり起伏がなく、95分と短めの上演時間も相まって、壮大であるであろう原作の世界が充分に表現されていないであろう事はなんとなく察しがつく。

 Dark Tower 4

原作とは離れて単純にアクション・ファンタジー作品としてみても、エルバの奮闘ぶりは光るものの、ウォルター役の描き方が浅く、せっかくのマコノヒーの起用も生かされていない感じで、中途半端。この先、どう展開していくのだろうか、注目されるところではあるが…  ⇒ 6/10点

 Dark Tower 5

ダークタワー
監督: Nikolaj Arcel
キャスト: Idris Elba, Matthew McConaughey, Tom Taylor, Claudia Kim, Fran Kranz, Abbey Lee, Katheryn Winnick, Jackie Earle Haley ほか
上映時間: 95分


⇒ キングの代表作の再映画化作品「キャリー」(13年)感想

⇒ 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(09年)感想 〜 オススメ!

⇒ エルバ出演作「スター・トレック BEYOND」(16年)感想

⇒ マコノヒー出演作「マジック・マイク」(12年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2018年2月19日)

プレジデンツ・デイの3連休となった先週末、マーベル・コミックのスーパーヒーローもの最新作をはじめ、全米公開作3作がデビューしたが:

① Black Panther (初登場)
② Peter Rabbit (第2週、前週2位)
③ Fifty Shades Freed (第2週、前週1位)
④ Jumanji: Welome to the Jungle (第9週、前週4位)
⑤ The 15:17 to Paris (第2週、前週3位)
⑥ The Greatest Showman (第9週、前週5位)
⑦ Early Man (初登場)
⑧ Maze Runner: The Death Cure (第4週、前週6位)
⑨ Winchester (第3週、前週7位)
⑩ Samson (初登場)


マーベル・コミックのスーパーヒーローたちを、同一の世界観のクロスオーバー作品に登場させる「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの18作目となる "Black Panther" は、興行収入192百万ドルと破格の成績でぶっちぎりの首位発進。これは歴代5位に当たる成績で、2月公開作品としても歴代1位、マーベルものとしても「アベンジャーズ」(12年)に次ぐ歴代2位と、異例の好成績となった。監督のライアン・クーグラーをはじめオール・ブラック・キャストの本作品、すでにカルチャー現象として語られ始めている。観た人の平均評価も A+ と絶賛されている。

      Black Panther Poster

興行収入3.2百万ドルで7位スタートとなったのが、石器時代を舞台にしたアニメ映画 "Early Man"観た人の平均評価は B

      Earl Man Poster

旧約聖書に登場するサムソンを主人公にした歴史映画 "Samson" は、予想を下回る興行収入2百万ドルで辛うじて10位にランクイン。

      Samson Poster

この他では、中国で記録的ヒットとなったアクション映画 "Monster Hunt" (15年) の続編、"Monster Hunter 2" が69館で公開されているが、同時公開された本国では再び記録的なヒットとなっているようだ。

      Monster Hunt 2 Poster

限定公開作では、イギリスのブラック・コメディ映画 "The Party" が3館、ロシアアンドレイ・ズビャギンツェフ監督のアカデミー外国語映画賞ノミネート"Loveless" が3館で公開され、高い評価を得ているほか、ニューヨークチャイナタウンを舞台にした中国映画 "Detective Chinatown 2" が115館、ジョン・ハム主演のドラマ "Nostalgia" が3館、コメディ映画 "The Boy Downstairs" が1館で公開され、こちらもまずまずの評判のようだ。

      Party Poster
      Loveless Poster
      Detective Chinatown 2 Poster
      Nostalgia Poster
      Boy Downstairs Poster

一方で、48館で公開されたフランソワ・オゾン監督の最新ミステリー "Double Lover" の評判はあまり良くないようだ。

      Double Lover Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

チェイサー 〜 ハル・ベリーが奮闘しているのは分かるのだが…

ハル・ベリーが主演した、児童誘拐を題材にしたアクション・スリラー。 監督はスペイン出身のルイス・プリエト。全米では2017年8月に公開され、公開週に興行ランキングの5位に入っている

      Kidnap Poster

カーラ・ダイソン(ベリー)は、レストランのウェイトレスとして働くシングルマザーで、6歳になる息子のフランキー(セイジ・コレア)の養育権めぐって元夫と裁判中。

 Kidnap 1

ある日、カーラフランキーを病院へ連れて行った際に、一瞬目を離した隙にフランキーが見知らぬ男女に誘拐され、車で連れ去られてしまう。

 Kidnap 2

警察が対応に手間取っているうちに、息子の行方が分からなくなってしまう事を恐れるカーラは、自らの手でフランキーを取り戻す決意をするのだが…

 Kidnap 3

息子を救出するために、なりふり構わず誘拐者を追い詰めるという、スマッシュヒットとなったリーアム・ニーソン主演の「96時間」シリーズの女性版みたいな映画。

 Kidnap 4

ただ、そうしてみるとアクションのスケールが格段に落ちる(まあ、当然と言えば当然なのだが)上に、「96時間」は現実離れしている事が分かりきっているので、あまり深い事を考えなくても見る事が出来るのに対し、こちらはより現実感がある設定のために、逆にアクションスリラーとして中途半端感が目立つ結果になってしまっている。

 Kidnap 5

その中途半端感は、脚本の出来があまり良くなく、どうにも締まらないのも大きな原因と思う。ハル・ベリーは本当に奮闘しているのだが、残念ながら奮闘空しく、といったところだろうか。まあ、彼女も製作者の中に名を連ねているので、責任の一端はあると言えるのだろうが。。。  ⇒ 4/10点

チェイサー
Kidnap (2017年・アメリカ)
監督: Luis Prieto
キャスト: Halle Berry, Sage Correa, Chris McGinn, Lew Temple, Christopher Berry ほか
上映時間: 81分


⇒ ベリー出演作「X-MEN: フューチャー&バスト」(14年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

高慢と偏見 〜 古き良き時代のアメリカ映画らしい文芸作品

これまで何度となく映画化されてきた、ジェーン・オースティンの有名な同名小説を、「巨星ジーグフェルド」(36年)ロバート・Z・レナード監督が1940年に映画化した作品。アメリカで制作された映画だが、イギリスの名優、グリア・ガースンローレンス・オリヴィエが共演している。全米では1940年7月に公開され、翌年のアカデミー賞では美術賞に輝いているが、日本では劇場未公開だった。

      Pride Poster

イギリスの田舎町ロンボーンに住むベネット家ベネット夫妻(エドマンド・グウェンメアリー・ボーランドの5人の子供は全て女の子で、ベネット氏が亡くなれば家も土地も遠縁の従兄弟の手へと渡ってしまうため、ベネット夫人は娘に金持ちの婿をあてがう事に躍起となる日々。

 Pride 1

そんな折、町で別荘を借りた独身の青年資産家ビングリー(ブルース・レスター)がやってきた。美しい長女ジェーン(モーリン・オサリヴァン)ととビングリーはお互いに惹かれ合うが、次女エリザベス(ガースン)ビングリーの友人で気難し屋のダーシー(オリヴィエ)の高慢な態度に反感を抱く。一方で、娘の誰かをビングリーとくっつけようと企むベネット夫人は、早速ビングリーを舞踏会に招く事に成功するのだが…

 Pride 2

1813年に発表され、この時代のイギリスを代表する恋愛小説であるジェーン・オースティン「高慢と偏見」。なぜか高校時代に公民の授業で課題図書として読まされた時には、さっぱり面白いと思わなかったのだが、軽妙なストーリー展開に、登場人物たちのウィットに富んだ会話と、映画として成功しやすい要素が詰まっているので、これまでに何度も映画化されてきた。

 Pride 3

最近では2005年にキーラ・ナイトレイ主演で映画化されている(邦題名は「プライドと偏見」)が、本作品は長らくこの小説の映画化としては決定版と言われていたもの。アカデミー美術賞を獲得したセット・映像はさすがに豪華だし、何よりもガースン・オリヴィエをはじめとする出演者の演技が素晴らしく、さすがという出来栄えになっている。

 Pride 4

当初予定されていたノーマ・シアラーに代わっての出演となったガースン、今ではあまりその名が知られていない感じだが、1941年から5年連続でアカデミー主演女優賞にノミネート(うち「ミニヴァー夫人」(42年)で受賞)されるなど、当時はトップ女優の一人だった。私が見た彼女が出演したどの作品でも演技は素晴らしく、もっと今の人にも知られて良い女優さんだと思う。 ⇒ 8/10点

 Pride 5

高慢と偏見
Pride and Prejudice (1940年・アメリカ)
監督: Robert Z. Leonard
キャスト: Greer Garson, Laurence Olivier, Mary Boland, Edna May Oliver, Maureen O'Sullivan, Ann Rutherford, Frieda Inescort, Edmund Gwenn, Karen Morley, Heather Angel, Marsha Hunt, Melville Cooper, Edward Ashley Cooper, Bruce Lester, E. E. Clive, Marjorie Wood, Vernon Downing ほか
上映時間: 117分


⇒ 「巨星ジーグフェルド」(36年)感想

⇒ ガースン主演作「心の旅路」(42年)感想 〜 オススメ!

⇒ オリヴィエ出演作「スパルタカス」(60年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード