ガール・オン・ザ・トレイン 〜 エミリー・ブラントが熱演するイギリス版「ゴーンガール」!

世界的ベストセラーとなったイギリスポーラ・ホーキンズのミステリー小説の待望の映画化。主演に起用されたのは、エミリー・ブラントで、監督は「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(11年)で注目されたテイト・テイラー監督。全米では2016年10月に公開され、公開週に興行ランキングのトップに立っている。

      Girl on Train Poster

アラサー女性のレイチェル(ブラント)は、夫トム(ジャスティン・セロー)との結婚生活に破綻し、仕事もクビになって大学時代の友人、キャシー(ローラ・プレポン)が住むニューヨーク郊外、ハドソン川沿いにある町のアパートに身を寄せている。

 Girl 1

やるせない寂しさをまぎらすために、アルコールをあおり、毎日のようにあてもなくマンハッタン行きの電車に乗って、車窓から見える一組の幸せそうな夫婦の生活を覗き見するのが日課となった彼女。

 Girl 2

ある日、彼女が理想の夫婦と思っていた妻の方の不倫現場を目撃したレイチェル、電車を降りて真偽のほどを確かめようとした彼女だが、その女性・メーガン(ヘイリー・ベネット)の殺人事件に巻き込まれてしまう…

 Girl 3

イギリス版「ゴーンガール」とも評された小説を映画化した本作、レイチェルメーガン、それにトムの現在の妻であるアンナ(レベッカ・ファーガソン)と、それぞれ訳ありのアラサー女性3名の独白が絡み合いながら、ミステリアスに物語が展開していき、なかなか見応えがある。

 Girl 4

特に主演のエミリー・ブラント。相変わらずの目ヂカラの強さで、アルコール依存症でストーカー気味の負け組女性という特異なヒロイン像を説得力豊かに演じている。但し、映画全体としては「ゴーンガール」のようなエッジーな感じはそれほどなく、確かに最後のエンディングには驚かされるが、ちょっと唐突感を感じさせる点もなきにしもあらず。このシーンに持っていくためには伏線をもう少し丁寧に張った方が良かったような感じ。そうは言っても全体的にはなかなかのサスペンス・スリラー!  ⇒ 8/10点

 Girl 5

ガール・オン・ザ・トレイン
The Girl on the Train (2016年・アメリカ)
監督: Tate Taylor
キャスト: Emily Blunt, Haley Bennett, Rebecca Ferguson, Justin Theroux, Luke Evans, Allison Janney, Édgar Ramírez, Lisa Kudrow, Laura Prepon, Darren Goldstein ほか
上映時間: 113分


⇒ 「ヘルプ 心をつなぐストーリー」(11年)感想 〜 オススメ!

⇒ ブラント出演作「スノーホワイト/氷の王国」(16年)感想

⇒ ヘイリー出演作「マグニフィセント・セブン」(16年)感想
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ザ・コンサルタント 〜 ベン・アフレックが2つの顔を持つ凄腕暗殺者を熱演!

ベン・アフレックが裏社会で活躍する暗殺者を演じるアクション映画。全米では2016年10月に公開され、公開週に興行ランキングのトップに立っている。

      Accountant Poster

小さな町で平凡な会計士として働くクリスチャン(アフレック)は、その裏では、多くの犯罪組織の帳簿を管理し、"The Accountant" という名で知られる存在で、しかも凄腕の暗殺者でもあった。財務省金融犯罪対策室長レイ・キング(J・K・シモンズ)は、長年彼の正体を突き止めることに執念を燃やしていた。

 Accountant 1

そんなある日、クリスチャンはある大手ロボット製造会社から財務調査の依頼を受け、会社の経理部員のダナ(アナ・ケンドリック)の助けを借りて、一夜で巧妙に隠蔽された不正を見抜く。

 Accountant 2

ところが、不正の存在を否定した財務担当副社長のチルトン(アンディ・アンバーガー)がその晩不審な死に方をし、依頼主のブラックバーン社長(ジョン・リスゴー)は依頼を取り下げるのだった。納得のいかないクリスチャンだったが、その日から、彼は何者かに命を狙われるようになる…

 Accountant 3

田舎町のしがない会計士だが、その実は天才的な頭脳の持ち主で、しかも凄腕の暗殺者という、なかなか魅力的なキャラクターをベン・アフレックがストイックに演じていて、特に物語がミステリアスに展開していく前半は、アクションとサスペンスのバランスも良く、なかなか見応えがある。

 Accountant 4

ところが後半に入って、前半の謎を分かりやすく解き明かすためか、展開が説明口調になっていき、悪人との対決シーンも割合あっけなく終わってしまうのが少し興ざめな感じ。前半の出来は快調だったのだがその点が残念。また、邦題もなぜコンサルタントにしたのか良く分からない。コンサルタントと会計士では全然違うのだが。。。他の出演は、アフレックを付け狙う殺し屋役(その実は?)にジョン・バーンサル⇒ 7/10点

 Accountant 5

ザ・コンサルタント
The Accountant (2016年・アメリカ)
監督: Gavin O'Connor
キャスト: Ben Affleck, Anna Kendrick, J.K. Simmons, Jon Bernthal, Jake Presley, Jeffrey Tambor, Cynthia Addai-Robinson, John Lithgow, Jean Smart, Seth Lee, Andy Umberger, Alison Wright ほか
上映時間: 128分


⇒ アフレックがバットマンを演じた「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(16年)感想

⇒ ケンドリック主演のヒット・ミュージカル第2弾「ピッチ・パーフェクト2」(16年)感想

⇒ シモンズ出演作「ラ・ラ・ランド」(16年)感想

⇒ リスゴーが老ゲイ役で主演した「人生は小説よりも奇なり」(14年)感想

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年3月20日)

サマータイムになったにも関わらず、先週は大雪が降ったりと、相変わらず春まだ遠しのニューヨーク。そんな中、先週末はディズニーから話題作が期待のデビュー!:

① Beauty and the Beast (初登場)
② Kong: Skull Island (第2週、前週1位)
③ Logan (第3週、前週2位)
④ Get Out (第4週、前週3位)
⑤ The Shack (第3週、前週4位)
⑥ The LEGO Batman Movie (第6週、前週5位)
⑦ The Belko Experiment (初登場)
⑧ Hidden Figures (第12週、前週7位)
⑨ John Wick: Chapter Two (第6週、前週8位)
⑩ Before I Fall (第3週、前週6位)


アニメ映画史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされ、しばらく低迷していたディズニー・アニメ復活を決定づけた「美女と野獣」(91年)の実写再映画化作品 "Beauty and the Beast" は、事前予想を大幅に上回る興行収入170百万ドルで堂々のトップ。 勿論これは今年最高の成績だが、ディズニーにとっても実写映画としては歴代トップとなる興行成績だった。「トワイライト」シリーズビル・コンドンが監督、エマ・ワトソンが主演を務めた本作、批評家からは概ね好評で、観た人の平均評価も A

      Beauty Poster

興行収入4.1百万ドルで7位スタートとなったのが、低予算ホラー映画、"The Belko Experiment"

      Belko Poster

限定公開作では、ダニー・ボイル監督の出世作となった「トレインスポッティング」(96年)の続編、"T2: Trainspotting" が5館で公開され、高い評価を得ている一方、寡作な監督から一転して、最近は新作を連発しているテレンス・マリック監督がオールスター・キャストで製作した "Song to Song" が4館、フランソワ・オゾン監督の最新作 "Frantz" が 2館で公開されたが、評価はまちまちなようだ。

      T2 Poster
      Song to Song Poster
     Frantz Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

第2次世界大戦中、ナチスのユダヤ人対策責任者として、何百万人ものユダヤ人を強制収用所に送り、ナチス最大の戦犯の一人だったアドルフ・アイヒマンを、執念の捜査で追い詰める事に成功したドイツ人検事の姿を描いた作品。2015年のトロント国際映画祭でプレミエ上映された後、米国では2016年8月に限定公開されている。

      Bauer Poster

1950年代後半の西ドイツフランクフルトの検事総長としてナチス戦犯の告発に辣腕を振るうユダヤ系ドイツ人のフリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウスナー)だが、未だに政治の中枢に入り込んでいる元ナチス党員たちによる妨害と、戦争中の出来事を早く忘れたがっている国民の無理解のせいで、捜査は彼の期待通りには進展していなかった。

 Bauer 1

ある日バウアーは、未だ捕まっていないナチス戦犯の中で最大の大物の一人、アドルフ・アイヒマン(マイケル・シェンク)アルゼンチンに潜伏しているとの情報を入手する。彼は、ナチス残党による妨害を恐れ、ドイツの捜査機関ではなく、イスラエルの諜報機関、モサドに情報を提供してアイヒマンを捕らえる事を決意する…

 Bauer 2

史実に基づきながら、老検事が戦犯を追い詰める様をスリリングに描いた作品。アイヒマンの名前は勿論知っていたし、彼が戦後捕まって戦争裁判にかけられた事も知っていたが、彼が捕まるまでにこのようなストーリーがあったとは知らなかった。

 Bauer 3

戦後10年以上経っても、政府や警察機関に深く巣食うナチス残党の妨害に遭いながらも、老骨に鞭打って執念の捜査を展開するバウアーの姿は感動的。信念を貫く人の姿を描いた骨太なドラマでした!  ⇒ 8/10点

 Fritz Bauer
 フリッツ・バウアー

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
The People vs Fritz Bauer (2015年・ドイツ)
監督: Lars Kraume
キャスト: Burghart Klaußner, Rudiger Klink, Andrej Kaminsky, Jörg Schüttauf, Ronald Zehrfeld, Michael Schenk, Sebastian Blomberg, Laura Tonke ほか
上映時間: 105分

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年3月13日)

日本ゴジラと同じく、アメリカで絶大な人気を誇っているキング・コング。そのコングを主人公にした映画が先週末期待のデビュー!:

① Kong: Skull Island (初登場)
② Logan (第2週、前週1位)
③ Get Out (第3週、前週2位)
④ The Shack (第2週、前週3位)
⑤ The LEGO Batman Movie (第5週、前週4位)
⑥ Before I Fall (第2週、前週5位)
⑦ Hidden Figures (第11週、前週7位)
⑧ John Wick: Chapter Two (第5週、前週6位)
⑨ La La Land (第14週、前週10位)
⑩ Fifty Shades Darker (第5週、前週9位)


1933年の「キング・コング」から数えて今回が8度目の映画化となる "Kong: Skull Island" は、興行収入61百万ドルで前週トップの "Logan" に代わって順当にトップの座を獲得。トム・ヒドルストンサミュエル・L・ジャクソンブリー・ラーソンらが出演した本作、批評家からの評価も上々で、観た人の平均評価も B+ とまずまず。 2020年には「キングコング対ゴジラ」(62年)の再映画化も予定されているらしい。

     Kong Poster

全米公開作はこの1本のみで、他は順位に大幅な変動はなし。"Hidden Figures" (第11週)や "La La Land" (第14週)など、アカデミー賞ノミネート組がしぶとくトップ10に残っているのが目を引く。

 Hidden Figures

限定公開作では、クリステン・スチュアート主演の話題作、 "Personal Shopper" が4館、ジム・ブロードベントシャーロット・ランプリングが出演している "The Sense of Ending" が同じく4館、昨年のカンヌ映画祭で注目を集めたフランスの新進女性監督 ジュリア・デュクルノーのホラー映画 "Raw" が2館で公開され、いずれも高い評価を得ているようだ。

     Personal Shopper Poster
      Sense of Ending Poster
     Raw Poster

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード