小籠包といったらココ! 南翔小籠包を久々に訪問

家族が小籠包を食べたいとの事で、久々にフラッシングにある名店、南翔小籠包を訪問する事に!

      Nan Xiang 1

相変わらずテーブルが空くのを待つ人々でごった返している店の前。但し、意外に回転は速いので、それほど待たずに入れる。

 Nan Xiang 2

まずは中国版お好み焼きに、かた焼きそばを頼んで、それをつまみながら小籠包が出来上がるのを待つ。

 Nan Xiang 3
 Nan Xiang 4

小籠包はいつものように、蟹味噌ベースのものと、スタンダードなものをワン・オーダーずつ。

 Nan Xiang 5
 Nan Xiang 6

口の中をやけどしないように、小籠包を口に運ぶ。ここは皮と中の餡、スープのバランスが良く、黄金の味!

 Nan Xiang 7

南翔小籠包
38-12 Prince Street, Flushing
(地下鉄7号線・Main St-Flushing駅から徒歩3分ほど)
Tel. 718-321-3838
営業時間: 8AM - 12AM (金・土: - 1AM)

⇒ 前回訪問記
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

フラッシングの Xi'an Famous Foods で刀削麺!

久しぶりにフラッシングでランチ。いつもは飲茶なのだが、本日は趣向を変えて Xi'an Famous Foods で刀削麺を食べることに。

フラッシングのメイン・ストリートにあった姉妹店の Biang! がいつの間にか Xi'an Famous Foods に変わっていた。メニューを見るとあまり Biang! 時代と変わらない感じ。

で、定番の刀削麺

【Stewed Pork Hand-Ripped Noodles in Soup】

 Xian 1

【Spicy Cumin Lamb Hand-Ripped Noodles in Soup】

 Xian 2
 Xian 3

定番のスパイシーな羊肉の刀削麺に煮込んだポークのもの。ポークはスパイシー・マークは付いていなかったが、変わらず辛かった(笑)。相変わらずの香辛料の香りが高くて、病みつきになる味!

これに、クミンをまぶした羊肉の串焼きをつけて。

 Xian 4

ご馳走様でした!

Xi'an Famous Foods

⇒ Biang! 訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ポートチェスターの人気オイスター・バー、Saltaire Oyster Bar & Fish House

アメリカ出張中の大学時代の友人が、たまたま自宅近くのホテルに宿をとったので、近くのポートチェスターにある人気オイスター・バー、Saltaire Oyster Bar and Fish House を始めて訪問!

 Saltaire 01

倉庫を改造した天井の高い店内は、地図やヨットの模型などが飾られていて、いかにもシーフードの店という雰囲気を醸し出している。

Saltaire 02
 Saltaire 03
 Saltaire 04

まずはコーンブレッドがお出迎え。これが結構美味しい!

 Saltaire 05

オイスターハウスなので、当然、オイスターを色々な種類取り混ぜて持ってきてもらう。どれも新鮮で美味!

 Saltaire 06

そして、店のスペシャリテという、カニがいっぱい詰まったクラブケーキ

 Saltaire 07

本日のオススメの中からは、ソフトシェルクラブ

 Saltaire 08

こちらは、ムール貝の白ワイン蒸し

 Saltaire 09

そしてデザート:

【Key Lime Custard; Pie Crust Pop Rocks, Blackberry Puree, Whipped Cream】

 Saltaire 10

【Saltaire “Almond Joy”; Chocolate Cremeux, Toasted Almonds, Strawberry, Coconut Sorbet】

 Saltaire 11

キーライム・カスタードの方は、友人には甘さが強すぎたようだが、私が頼んだ方は美味しかった。ひょっとして、アメリカのスイーツの甘さに麻痺してきているのだろうか?

Saltaire Oyster Bar and Fish House
55 Abendroth Avenue, Port Chester
Tel. 914-939-2425
ランチ: 11:30AM - 4PM (月 〜 金)
ディナー: 4 - 10PM (金・土: - 11PM; 日・月: - 9PM)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

The Bocuse Restaurant 〜 料理界のハーバード、Culinary Institute of America を訪問!

マンハッタンの郊外、ハドソン川沿いを北に2時間程走った ハイド・パーク にある料理界のハーバードと言われる Culinary Institute of America。前から一度訪れてみたいと思っていたのだが、今回ようやく訪問。

 CIA 01

フランスの城館を思わせる立派な建物。小高い丘にあり、ハドソン川の眺めも良い。

 CIA 02

さて、この学校には生徒たちの研修の場として運営されているレストランが幾つかあるのだが、今回はその中からフランス料理The Bocuse Restaurant を訪問。

 CIA 03

フランス料理の巨匠、ポール・ボキューズの名前を取ったこのレストラン、入り口にはそのボキューズの写真が飾られている。

      CIA 04

モダンでクリーンな店内。

 CIA 05

ガラス張りのキッチンでは、生徒たちが働いているのが見える。勿論、給仕の方も生徒たちが行っている。

 CIA 06

メニューには、生徒たちを指導している先生の名前が記されている。

 CIA 19

さて、ランチ・メニューはアラカルトのほか、3コース35ドルのプリフィックスも用意されている。アラカルトのメニューから選べるのが嬉しい(料理によっては追加料金あり)。今回はそのプリフィックスで。

【Butter Poached Lobster; Lobster Ravioli, Mango Compote, Lobster Crisps, Champagne-Mango Butter, Baby Leaks】

 CIA 07

【Slivered Raw Baby Artichoke Salad; Puree of Artichokes, Shaved Foie Gras, Tomato Macedoine, Orange Popsicle, French Olive Oil】

 CIA 08

【Black Truffle Soupe V.G.E.; Beef Broth, Vegetables, Black Truffles, Puff Pastry】

 CIA 09
 CIA 10

トリュッフやフォアグラ、ロブスターなど高級食材を使用した正統的なフレンチ。きっちりと仕上げられているが、パイ包みスープの蓋のパイはちょっと厚過ぎて、サクサク感が減退していたのが残念。でも、ポール・ボキューズの代表的な料理で、彼がフランスの大統領で会ったヴァレリー・ジスカール=デスタンのために考案したこのスープ、パイ皮をスプーンで破って開けると芳醇なトリュッフの香りが一杯に広がり、フレンチを食べる醍醐味を感じさせてくれる秀逸な一品で、もう25年以上も前に、リヨン近郊にあるボキューズの店で食べた時の感動を思い起こさせてくれた!

 Bocuse.jpg
 ボキューズの店

【Grilled Salmon; Wilted Spinach, Artichoke, Caviar Rye Galette, Red Pepper】

 CIA 11

【Lamb Loin; Lamb Tortellini, Morel Cream, Pickled Mustard Seed, Baby Lettuce Hearts, Buttermilk Dressing】

 CIA 12

【Tournedos of Beef with Foie Gras; Toasted Brioche, Seasonal Mushrooms, Glazed Sweet, Potatoes, Smoked Poivrade Sauce】

 CIA 13

メインも堂々たるフランス料理で、生徒の料理としては上々。

コーヒーはフレンチ・プレスでたっぷりとした量があり、嬉しい!

 CIA 14

【Gateau Noix de Coco; Coconut "Cotton" Cake, Saffron-Passion Fruit Pickled Pineapple, Pandan Ice Cream, Coconut Mochi, Sesame Halva Coockie】

 CIA 15

【Charlotte a la Fraise et a la Rhubarb, Cheesecake, Strawberry and Rhubarb Compote, Salted Butter Sable, Strawberry Foam, Almond Clusters】

 CIA 16

【Le Vacherin; Mascarpone Ice Cream, Encrusted Raspberry-Lime Chutney, Banyuls "Sangria" Sauce】

 CIA 17

【Chocolate Variation; Semi-Sweet Chocolate Cake, Bitter Chocolate Ganache, Sea Salt, Bittersweet Chocolate Mousse, Pistachio Wafer, Cassis Ice Cream】

 CIA 18

生徒のウェイターが間違えて、違うデザートを持ってきたために、結果的にデザートを4種楽しめる事に。全般的にサービスはぎこちないが、それも愛嬌。

久しぶりに正統的なフランス料理を食べたという感じだが、素材にはお金を使っているし、プリフィックス・メニューは食材費だけ頂いています、という感じでお得。マンハッタンウェストチェスターからはちょっと離れているが、たまに天候の良いシーズンには訪れてみたい場所。

校舎内では、生徒達が実習に励んでいる様子が見られました。

 CIA 20
 CIA 21

The Bocuse Restaurant
The Culinary Institute of America
1946 Campus Drive (Route 9), Hyde Park
Tel. 845-451-1012
ランチ: 11:30AM - 1PM; アラカルト、プリフィックス 35ドル(火〜木のみ)
ディナー: 6 - 8:30PM; アラカルト、プリフィックス 45ドル(火〜木のみ)
定休日: 日・月

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Flushing の Jade Asian Restaurant で久々に飲茶!

ロスへの短期間の出張から夜行便でNYに帰着。ちょうど同じ頃に日本から娘が帰ってきたので、家族で空港で落ち合い、そのままフラッシングで昼食をとることに。

 Flushing.jpeg

今回久しぶりに訪れたのが、この界隈では Ocean Jewels と並ぶ飲茶の人気店、Jade Asian Restaurant

 Jade 1

 平日にも関わらず、広い店内はお客さんでいっぱい!

 Jade 2

そして飲茶の数々!

 Jade 3
 Jade 4
 Jade 5
 Jade 6
 Jade 7
 Jade 8
 Jade 9

相変わらず安定した出来の数々!

Jade Asian Restaurant
136-28 39th Avenue, Flushing
Tel. 718-762-8821


⇨ 前回訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード