生誕150周年! ドビュッシーの生涯をたどって: その6 ~ ペレアスとメリザンド

1894年の「牧神の午後への前奏曲」の初演では成功を収めたドビュッシー、当時は、1890年頃から付き合い始めたガブリエル・デュポン(通称ギャビー)と同棲生活を送っていたが、生活面ではかなり困窮した日々を送っていた。

そうした窮状を助けようと、作曲家ショーソンの義母である裕福なエスキュディエ夫人が自宅でドビュッシーを講師として、ワーグナーをテーマとした10回にわたるレクチャー・コンサートを催す事を企画した。ドビュッシーはこの会で解説・ピアノ・歌唱と一人3役をこなすなど奮闘したが、当時の一般の勤め人の年棒に相当する千フランという高額の謝礼をもらい、生活もひと息つく事が出来た。

     Debussy chez Chausson

ところが、彼はこともあろうに、自作の演奏会に出演してもらったショーソンの知人の娘、テレーズ・ロジェにいきなり結婚を申し込み、ギャビーの存在があったにも関わらず、1894年3月に二人の婚約が発表される。

案の定、婚約発表からわずか2日後には、ギャビーとの関係が明るみに出て、婚約は破棄され、上流階級の格好のスキャンダルの種となってしまったドビュッシーもパリのサロンから締め出される事になってしまうのだった。

【オペラ 「ペレアスとメリザンド」】
Abbado_20120813054853.jpg
オペラ 「ペレアスとメリザンド」

メリザンド: マリア・ユーイング
ペレアス: フランソワ・ル・ルー
ゴロー: ジョゼ・ヴァン・ダム ほか
クラウディオ・アバド指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団
1991年 録音


私生活でトラブルに見舞われている間も、創作活動に集中していたドビュッシー、かねてから大きな関心を抱いていた、「青い鳥」で有名なベルギーの象徴派の詩人・作家のメーテルリンクが1892年に発表した「ペレアスとメリザンド」と出会い、この戯曲のオペラ化を熱望して、知人を介してメーテルリンクにオペラ化への許可を求める。

       Maeterlinck.jpg

幸運にも作家からオペラ化の許可を得たドビュッシーは早速作曲に着手する。これから1902年の初演まで10年の長きにわたるこの作品との長い付き合いの始まりであった。

1894年2月には第1幕が完成し、その後ロジェ嬢との婚約騒動のゴタゴタのため、作曲が停滞する期間もあったものの、最終的には95年10月には全5幕の第1稿を完成させている。

しかしながら、この作品の完全な形での上演にこだわったドビュッシーに、この作品の上演の機会はなかなか訪れず、1902年4月30日にパリオペラ・コミックで初演されるまで、さらに7年近くの歳月が流れる事となった。

20世紀のオペラの幕開けとなったといわれる重要なこの作品、ドビュッシーメーテルリンクの台本の「言葉」を最大限生かすために、伝統的なアリアやレチタティーヴォを一切排した。それどころか、耳に心地よく響くメロディすらなく、音楽はひたすら言葉につき従うように繊細な響きを奏でていく。その音楽を通じて登場人物の魂・感情の動きが自然に浮かび上がっていく所がこのオペラの素晴らしいところ。

アバドの演奏は、この作品の素晴らしさ繊細に引き出している。ウィーン・フィルの音色がなんといっても魅力的!

⇒ ラトルがメトに初出演した「ペレアスとメリザンド」感想
     
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

映画: マリーゴールド・ホテルで会いましょう ~ 暖かな気持ちに包まれる映画!

2004年に発表されたデボラ・モガーの小説、“These Foolish Things”を原作に、「恋におちたシェイクスピア」(98年)アカデミー作品賞をはじめ7部門を受賞したイギリスのジョン・マッデン監督が映画化したヒューマン・ドラマ。今年2月にグラスゴー映画祭で公開された後、北米では5月に公開され、上映館数が限定されている中で、興行ランキングでトップ10入りする異例のヒット作となった。

       Marigold Poster

「安価で快適なインドのリタイアメント・ホームで暮らしてみませんか」 そんな広告文句につられてイギリスからはるばるインドムンバイにやってきたのは、最近夫に先立たれたばかりのエベリン(ジュディ・デンチ)、判事を引退したばかりのグラハム(トム・ウィルキンソン)、医療費がイギリスより格段に安いと聞かされてきた、股関節の手術が必要なミュリエル(マギー・スミス)ら7人のシニアたち。

     Marigold 1

ところが、ソニー(スラムドッグ$ミリオネア(08年)で注目を集めたデーヴ・パテールという青年が支配人を務める、そのマリゴールド・ホテルは、宣伝文句とはかけ離れたオンボロ・ホテルだった...

     Marigold 2

それでも、イギリスには戻れない7人は渋々マリゴールド・ホテルでの生活を始めるが、徐々にここでの生活に意味を見出してく...

     Marigold 3

老境にさしかかり、それぞれの事情を抱えながらインドにやってきた7人の男女が、再び人生に意味を見出し、新たなスタートを切っていく様を、デンチウィルキンソンら、イギリスのベテラン俳優たちが、味わい豊かに演じている。

     Marigold 4

一人一人が過去にとらわれず、勇気を持って未来に向けて歩み始めていく姿をマッデン監督は実に爽やかに描いていて、心温まる素晴らしい映画でした!  ⇒ 9/10点

マリーゴールド・ホテルで会いましょう
The Best Exotic Marigold Hotel(2011年・イギリス)
監督: John Madden
キャスト: Judy Dench、Tom Wilkinson、Maggie Smith、Bill Nighy、Dev Patel、Penelope Wilton、Celia Imrie、Ronald Pickup、Tena Desae ほか
上映時間: 124分
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: タイタンの逆襲

こちらも飛行機の中で見た映画。2010年のヒット作、「タイタンの戦い」の続編だが、監督はフランスのルイ・レテリエから、「世界侵略: ロサンゼルス決戦」(2011年)ジョナサン・リーベスマンに代わっている。サム・ワーシントンリーアム・ニーソンらの主要キャストは変わらず。北米では今年3月に公開され、興行成績面では、公開週に2位に入っている(1位は大ヒットとなった「ハンガー・ゲーム」)。

       Wrath Poster

前作で魔物クラーケンを倒してから10年。ペルセウス(ワーシントン)は男手一つで一人息子のヘリウス(ジョン・ベル)を育てていた。

     Wrath.jpg

一方、ペルセウスの異母兄弟であるアレス(エドガー・ラミレス)は、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)と結託して、ポセイドン(ダニー・ヒューストン)を倒し、父ゼウス(ニーソン)を裏切って冥界に幽閉し、ゼウス・ハデス・ポセイドンの神々三兄弟の父で、残忍なクロノスを復活させようとする。

     Wrath 2

瀕死のポセイドンから、父ゼウスが捕えられた事を知ったペルセウスは、ポセイドンの息子アゲノール(トビー・ケベル)アンドロメダ女王(ロザムンド・パイク)を伴って、ゼウスの救出に向かう...

     Wrath 3

前作と同じく、スケールの大きなアクション神話劇で、特撮はそれなりに迫力があるが、映画としての見所はそれだけで、ストーリーはあって無きがごとし。

     Wrath 4

ただ、何も考えず気楽に楽しみたいという場合には向いている映画といえようか。  ⇒ 6/10点

     Wrath 5

タイタンの逆襲
Wrath of the Titans (2012年・アメリカ)
監督: Jonathan Liebesman
キャスト: Sam Worthington、Liam Neeson、Ralph Fiennes、Edgar Ramirez、Toby Kebbell、Rosamund Pike、Bill Nighy、Danny Huston、John Bell ほか
上映時間: 99分


⇒ 前作「タイタンの戦い」感想
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: HOME 愛しの座敷わらし ~ 心温まるホームドラマ

これは日本からNYへの帰りの飛行機で観た映画。2008年の直木賞候補作となった萩原浩の小説「愛しの座敷わらし」の映画化作品で、映画版も大ヒットした人気ドラマ・シリーズ、「相棒」和泉聖治監督と水谷豊が、ここでもコンビを組んだ。日本では、今年4月に全国公開されている。

      HOME Poster

東京に住む高橋一家は、父・晃一(水谷)、妻・史子(安田成美)、長女・梓美(橋本愛)、長男・智也(濱田龍臣)、晃一の母・澄代(草笛光子)の5人暮らし。晃一の転勤で、岩手の片田舎に引っ越してきた一家は、築100年以上の古民家での生活に四苦八苦しながら、近所付き合いなど、都会とは全く違う田舎での生活に少しずつ慣れていく。

     HOME 1

一家が住み始めてから、家では不思議な現象が度々起こっていたが、それは、この家に居ついている座敷わらしのせいであった。その事が分かった頃から、東京でそれぞれに悩みを抱え、心がバラバラだった家族にもすこしずつ変化が起こり始める...

     HOME 2

これは心温まるホーム・ドラマ。東京でのせわしない生活の中で、いつしかバラバラになっていた家族の心が、流れる空気が全く違う田舎での生活で、再び一つになっていくさまが、座敷わらしを狂言回しにしながら、優しく描かれている。

     HOME 3

水谷・安田をはじめ、この優しいホーム・ドラマにふさわしい雰囲気の役者さんが選ばれており、このおとぎ話のような物語の中で、それぞれが心温まる演技で応えている。

     HOME 4

その中でも目を惹いたのが安田成美。かって「お嫁さんにしたい女優」のナンバーワンだった頃とあまり変わらない綺麗さ・雰囲気を醸し出していてビックリ!

     HOME 5

見ていて、心が自然に暖かくなってくるいい映画でした。  ⇒  8/10点

     HOME 6

HOME 愛しの座敷わらし
(2012年・日本)
監督: 和泉聖治
キャスト: 水谷豊、安田成美、草笛光子、橋本愛、濱田龍臣、飯島直子、織本順吉、小林綾子、長嶋一茂、ベンガル、宇津井健、石橋蓮司、梅沢富美男、三浦浩一、高島礼子、スザンヌ ほか
上映時間: 110分
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

東京のレストラン: コルテージア

こちらも一時帰国中に訪問した南青山・骨董通り近くのイタリアン・レストラン。

     Cortesia 1

このレストランは都内でも比較的珍しい、南イタリア・プーリア地方料理を専門にしている。ランチ・ディナーとも、各種コース・メニューが提供されているが、ディナーで訪れたこの日はやや遅い時間帯だったため、軽めのパスタ・コース(4,200円)に追加でメインをシェアする事に。こういった客のわがままなリクエストにも気軽に応じてくれるのが嬉しい!

     Cortesia 2

まずはアミューズで、赤ピーマンの冷製ポタージュ。この日(7月末)はひときわ暑い一日だったので、これは嬉しい!

     Amuse_20121102102122.jpg

続いては、前菜。様々なプーリア地方の前菜が盛り合わせで提供される。いずれもシンプルで素朴な前菜だが、チーズや生ハム、サラミなど、どれも味が濃く、プーリア地方の空気が感じられて、これも嬉しい!

     Antipasti 1
     Antipasti 2
     Antipasti 3

次はパスタ。今回は冷製パスタを2種お願いする。

     Pasta 1
     Pasta 2

一つはサマー・トリュッフがふんだんに載せられたパスタで、むせかえるようなトリュッフな香りがリッチな気分にさせてくれる。冷製にしているため、意外にあっさりといただけけて、あっという間に完食。

もう一つは、フルーツ・トマトを使った冷製カッペリーニ。こちらはフルーツ・トマトの甘みを素直に生かしたパスタで、こちらもするりとお腹の中に収まってしまった。

追加のメインとして注文したのは、もち豚をシンプルに炭火でグリルしたもの(炭火焼きはこの店のスペシャリテ!)。こちらは、肉の素材の良さを最大限に生かしていて、しみじみと旨い!

     Secondo.jpg

デザートは、これまたシンプルにブラッド・オレンジのグラニテを。

     Dolce.jpg

食後のエスプレッソが、これまた香り高くて良かった!

     Espresso_20121102103846.jpg

このお店を訪問したのは、オープンしてまだそれほど経っていなかった頃(8年程前だろうか)以来だと思うが、イタリアンの激戦区、南青山で、着実に根付いてきた事を感じさせる、良い店です。

     Cortesia 3

コルテージア
東京都港区南青山 5-4-24 B1F
Tel.03-5468-6481
ランチ: 11:30AM~2:30PM; コース 1,680~4,500円まで各種
ディナー: 6 ~ 10PM; コース 4,200~8,000円まで各種
定休日: 日曜
関連記事

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード