映画: ム-ンライズ・キングダム

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(01年)など、個性的な作風で知られるウェス・アンダーソン監督によるファンタジー・ロマンス映画。2012年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選定され、高い評価を得た。全米では同年5月に限定公開されている。

      Moonrise 1

1965年、ニューイングランド地方にある架空の島、ニュー・ペンザンス島。自分が養子である寂しさを感じながらウォード隊長(エドワード・ノートン)率いる島のボーイスカウトのサマー・キャンプに参加していた12歳の少年、サム(ジャレッド・ギルマン)

 Moonrise 2

キャンプでの生活になじめない彼は、昨年の夏に出会った本好きの少女、スージー(カラ・ヘイワード)と一緒に家出をする事にする。

 Moonrise 3

スージー両親(ビル・マーレイフランシス・マクドーマンドや島唯一の警官、シャープ(ブルース・ウィリス)らが大騒ぎで彼らを捜索する中、二人はサムがボーイスカウトで身に付けたサバイバル術で島の中でキャンプをしながら逃避行を続けていくが...

 Moonrise 4

ブリテン「青少年のための管弦楽入門」の音楽をバックに始まる冒頭から、映画はニューイングランド地方の美しい風景を詩情豊かに描きながら、進んでいく。

 Moonrise 5

ちょっぴりエキセントリックな少年・少女の真面目でいながら、どことなくコミカルなロマンス逃避行をこの監督ならではの、おとぎ話のような描き方が冴えていて、見ていてこちらの心も軽やかになってくる良い映画。

 Moonrise 6

この二人をベテランの俳優陣が硬軟自在の演技で万全のサポートぶり。

 Moonrise 7
 Moonrise 8

「小さな恋のメロディ」(71年)をアンダーソン監督流に瑞々しく現代によみがえらせたような映画でした。  ⇒ 9/10点

 Moonrise 9

ムーンライズ・キングダム
Moonrise Kingdom (2012年・アメリカ)
監督: Wes Anderson
キャスト: Jared Gilman、Kara Hayward、Bruce Willis、Edward Norton、Bill Murray、Frances McDormand、Tilda Swinton、Jason Schwartzman、Bob Balaban ほか
上映時間: 94分
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

本日の一杯: Ronin Bar & Grill のとんこつラーメン

ミッドタウン・イースト、マレーヒルにあるおしゃれな居酒屋、Ronin Bar & Grill でプロジェクトの打ち上げを行った際の締めの一杯。

     Ramen.jpg

お寿司や様々な一品料理に加え、とんこつラーメンが自慢のこの店、飲んだ後には食べ過ぎないように半ラーメンも提供してくれるのが嬉しい!

Ronin Bar & Grill
9 East 37th Street
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

今年もロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーが点灯!

昨晩、恒例のロックフェラー・センタークリスマス・ツリーの点灯式がありました。オフィスの向かいにあるのですが、あまりの人ごみで全く近づく事は出来ず、今朝出勤途中にようやく見る事が出来ました!

     Tree_20121130133203.jpg

これで、クリスマス気分が高まっていきますね! クリスマスまであと、1か月です。

       Tree 2
       Tree 3

ツリーの前ではなぜか、ブルドッグがスケボーの練習中...

     Bulldog 2
     Bulldog.jpg

関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

生誕150周年! ドビュッシーの生涯をたどって: その10 ~ 第1次世界大戦前夜

前奏曲集第1巻を完成させるなど、徐々に音楽活動が活発になってきたドビュッシーだが、長女が生まれた事もあって、生活は再び苦しくなっていた。家計を助けるために、ウィーンブタペストへの演奏旅行を行う。演奏会自体は大成功だったようだが、ブダペストで彼の支持者が開いてくれたパーティーで、彼の功績として「旋律を廃止した」と紹介された事に対して、その場の雰囲気が気まずくなるのも厭わず、「自分の音楽全体はただ旋律であろうとしかしていないのだ」などと反論したりしている。

     Debussy 1910

演奏旅行から戻ってきたドビュッシーに、イタリアの詩人で劇作家でもあるガブリエーレ・ダヌンツィオによる聖史劇「聖セバスティアンの殉教」への付随音楽作曲の依頼が来る。初演は1911年5月にパリ・シャトレ劇場で行われたが、全体で4時間以上もかかる大作であったにも関わらず、音楽の部分はわずか55分しかない、というアンバランスな構成であったため、評判は芳しくなかった。ドビュッシーはその後この作品のオペラ化を模索していたが、それはついに実現しなかった。

       Debussy_20121126063314.jpg

「聖セバスティアンの殉教」の作曲などである程度まとまった収入があったにも関わらず、一向に暮らしは良くならない中、ドビュッシーは作曲に精を出し、「前奏曲集第2巻」を完成させている。

     Debussy 1911

1912年には、当時一大センセーションを巻き起こしていたディアギレフ率いるロシア・バレエ団が来仏し、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」と共に、「牧神の午後への前奏曲」が上演された。しかしながら、これが初の振付だった、ニジンスキーのギクシャクとしてエロチックな振付はまったくドビュッシーの気に入らず、彼はこのバレエ団とは距離を置こうと決心したものの、まとまった金が欲しいがために、結局、新作バレエ「遊戯」の音楽を作曲する事に同意する。

      Nijinsky.jpg

1913年5月に行われた初演は、またしても芳しくない結果に終わったが、その2週間後に行われたストラヴィンスキー「春の祭典」の歴史的スキャンダルとなった初演のおかげで、すっかり影に隠れてしまった。

     Rite of Spring

そうする中、12月には家計を助けるために、ロシアへの演奏旅行、翌年2月から3月にかけては、ローマアムステルダムへの演奏旅行を敢行し、旅行があまり好きではないドビュッシーは肉体的にも精神的にも疲弊していった。そうする中、6月にはついに第1次世界大戦が勃発する。

【前奏曲集第2巻】
Zimerman.jpg
ドビュッシー: 前奏曲集
ピアノ独奏: クリスティアン・ツィマーマン
1999年 録音


1910年に完成した傑作、「前奏曲集第1巻」に続いて、この「第2巻」が作曲されたのは1913年。3カ月という短期間で書き上げられた前作に対して、こちらは約4年を費やして完成されている。

前作同様、5音階や全音階などを積極的に用いながら、響きはさらに自由に、精緻になった感がある。こちらもそれぞれに曲名が付けられており、聴き手の想像を掻き立てる。

1.霧 - Brouillards
2.枯葉 - Feuilles Mortes
3.ヴィーノの門 - La Puerta del Vino
4.妖精たちはあでやかな踊り子 - Les Fees Sont d’Exquises Danseuses
5.ヒースの荒野 - Bruyeres
6.奇人ラヴィーヌ将軍 - General Lavine - Excentrique
7.月の光が降り注ぐテラス-La Terrasse des Audiences du Clair de Lune
8.水の精 - Ondine
9.ピクウィック殿をたたえて-Hommage a S.Pickwick Esq. P.P.M.P.C.
10.カノープ - Canope
11.交代する三度 - Les Tierces Siternees
12.花火 - Feux d’Artifice


ポーランドの名ピアニスト、ツィマーマンのCDは、前奏曲集全集として、2枚組のセットで発売されたものだが、曖昧さを排し、クリアで研ぎ澄まされた音色でこの曲集の素晴らしさを余すことなく伝えていると思う。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ニューヨークのレストラン: Spice Market 再び

トライベッカの人気アジアン・フージョン・レストランを再び訪問。

     Spice 1

今回は48ドルのテイスティング・コースを注文してみる。

【Lobster Summer Roll; Citrus-Dill Gelee、Sriracha Emulsion】

 Lobster_20130222120731.jpg

【Soy Cured Salmon; Cilantro Creme Fraiche】

 Salmon_20130222120740.jpg

【Spiced Chicken Samosas; Cilantro Yogurt】

 Samosa.jpg

【Chicken Skewer; Lime Dipping Sauce】

 Skewer.jpg

【Cod with Malaysian Chili Sauce Thai Basil】

 Cod_20130222122859.jpg

【Crispy Pork Belly; Tamarind Herb Salad】

 Belly.jpg

【Seasonal Vegetable Fried Rice; Coconut Shrimp Sambal】

【Thai Jewels and Fruits; With Crushed Coconut Ice】

 
Desserts_20130222123514.jpg

これといって秀でた料理はないのだが、どれも安定した美味しさで、量も十分! 比較的手頃な値段で、おしゃれな内装の中で食事を楽しむ事の出来るこの店、やはり貴重な存在で、いまだに衰えない人気の秘密を知る事が出来ました!

Spice Market
403 West 13th Street (@ 9th Ave.)
Tel.212-675-2322
営業時間: 12PM~12AM (木~土: ~1AM)、年中無休
プリフィックス・ランチ: 24ドル、ディナー・テイスティング; 48ドル
Zagat 評価: 24/26/22/$61 (料理/内装/サービス/予算)
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード