映画: フルートベール駅で

2009年の新年の日にサンフランシスコで発生した、黒人青年が警察官に射殺された事件を題材にした映画。2013年1月のサンダンス映画祭でプレミエ上映され、審査員大賞に輝くなど、各地の映画祭で絶賛された後、米国では1月に限定公開されている。

      Fruitvale Poster

サンフランシスコ郊外のベイエリアオスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は、恋人ソフィーナ(メロニー・ディアズ)、愛娘のタチアナと3人で暮らす、22歳の黒人青年。優しい性格だが人生の目標が定まらず、ふらふらしている彼にソフィーナは不満で、二人の間はギクシャクしている。

 Fruitvale 1

大晦日の日、たび重なる遅刻が原因で務めていたスーパーをクビになったオスカーだが、ソフィーナや母親のワンダ(オクタヴィア・スペンサー)にはその事を言い出せないまま、プレゼントを買い、ワンダの誕生祝いをする。

 Fruitvale 2

ソフィーナや愛娘のためにも、自分の生活を何とか立て直そうと誓ったオスカーは、彼女や仲間たちと新年のサンフランシスコの花火を見るために、乗客でごった返す地下鉄に乗り込むのだが...

 Fruitvale 3

無抵抗な黒人青年を警官が射殺したとして当時大きな反響を呼んだ実在の事件を題材に、ドキュメンタリー・タッチで描いた作品。

 Fruitvale 4

主人公の青年を美化するわけではなく、ありのままに描く事により、アメリカのどこにでも見かけるような生活を送っていた普通の青年が突然事件に巻き込まれるという、事実の痛ましさが浮かび上がってくる。

 Fruitvale 5

主人公役のジョーダンディアズは、いずれもそれぞれの役を等身大に演じていて好感が持てる。出演者のほとんどが無名の俳優さんだと思うが、その中で、アカデミー助演女優賞にも輝いたオクタヴィア・スペンサー(「ヘルプ~心がつなぐストーリー」(11年))はさすがの存在感を放っている。いい映画だが、淡々と描いている分、映画としてのドラマ性・起伏にはやや乏しい感があり。  ⇒ 7/10点

フルートベール駅で
Fruitvale Station (2013年・アメリカ)
監督: Ryan Coogler
キャスト: Michael B. Jordan, Melonie Diaz, Octavia Spencer, Kevin Durand, Chad Michael Murray, Ahna O'Reilly, Ariana Neal ほか
上映時間: 85分


⇒ スペンサー出演作「ヘルプ~心がつなぐストーリー」(11年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: エンドレス・ラブ~17歳の止められない純愛

スコット・スペンサーの恋愛小説の映画化で、フランコ・ゼッフィレッリが監督、あのブルック・シールズが主演した1981年の「エンドレス・ラブ」のリメイク作品。全米では今年2月に公開され、公開週に興行成績の5位にランクインしている。日本では劇場公開されず、ビデオ・スルーだった。

      Endless Love

裕福な家庭に生まれ育った少女ジェイド(ガブリエラ・ワイルド)は、兄の死をきっかけに医者を志し、医学部に進学するために勉強に明け暮れる高校生活を送っていた。

 Endless Love 1

そんな彼女を密かに好いている同級生のデビッド(アレックス・ペティファー)は、ジェイドとは対照的に貧しい家庭で育ち、悪友たちと遊びに明け暮れるといった正反対の人生を歩んでいた。

 Endless Love 2

高校の卒業式の後、二人はレストランで偶然知り合い、恋に落ちてしまう。デビッドと一緒に過ごすうちに、開放的になっていったジェイドは、いつしか厳格な父のヒュー(ブルース・グリーンウッド)に対しても反抗的な態度を取るようになっていた。そんな二人の関係が気に入らないヒューは、ジェイドデビッドの仲を引き裂こうと、無理やり二人を引き離すのだが...

 Endless Love 3

ゼッフィレッリの作品に負けず劣らず、甘~いラブストーリーだが、同じように、ストーリーの底の浅さが気になる。主役二人はフレッシュな感じでまあまあだが、やはり撮影当時15歳だったブルック・シールズにはかなうべくもない... それにしても、もうちょっとまともな邦題は考えられないのだろうか。  ⇒  6/10点

 Brooke Shields

エンドレス・ラブ~17歳の止められない純愛
Endless Love (2014年・アメリカ)
監督: Shana Feste
キャスト: Gabriella Wilde, Alex Pettyfer, Bruce Greenwood, Joely Richardson, Robert Patrick, Rhys Wakefield ほか
上映時間: 104分
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画: 郵便配達は二度ベルを鳴らす

J・M・ケインの傑作ハードボイルド小説の、巨匠ルキノ・ヴィスコンティの初監督作品となった最初の映画化(42年)に続き、今回はハリウッドで再映画化されたもの。今回の主演はセクシー女優として知られたラナ・ターナーで、彼女はこの作品で一躍スターの座にのし上がった。監督はテイ・ガーネット。米国では1946年に公開されたが、日本では現在まで未公開。

       Postman Poster

米国カリフォルニア。流れ者の青年フランク・チェンバース(ジョン・ガーフィールド)は、ニック・スミス(セシル・ケラウェイ)が経営するガソリン・スタンドに流れ着くが、ニックの妻コーラ(ターナー)に惹かれたため、併設されているレストランで働き始める。

 Postman 1

自分よりかなり年上で、冴えないニックとの生活に嫌気がさしていたコーラは、フランクに誘惑されるまま、彼と関係を持ってしまい、一緒にニックを殺害する計画を練る。

 Postman 2

交通事故を装って首尾よくニックの殺害に成功した二人だったが、事故の状況を不審に思った検事サケット(レオン・エイメス)は、二人に疑いの目を向ける...

 Postman 3

フランクの一人称の語りによって進められていくこの映画、乾いたタッチ、ニヒルで破滅的なガーフィールド、これぞファム・ファタルといった雰囲気のターナーら、ピタリとはまった配役で、これぞフィルム・ノワールといった感じの佳作。ヘイズ・コードにより、過激な表現が規制されていた当時のハリウッドなので、表現が微温的で、ストーリー展開に緊迫感が足りないのが難点だが、なかなか良く出来た作品で、なぜ日本では公開されていないのか不思議な感じ。  ⇒ 7/10点

 Postman 4

郵便配達は二度ベルを鳴らす
The Postman Always Rings Twice (1946年・アメリカ)
監督: Tay Garnett
キャスト: Lana Turner, John Garfield, Cecil Kellaway, Leon Ames, Hume Cronyn, Audrey Totter, Alan Reed, Jeff York ほか
上映時間: 113分
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

本日のスイーツ: Financier Patisserie のチョコレート・タルト

Financier Patisserie のチョコレート・ラズベリー・タルト。濃厚なチョコレートと爽やかな酸味のラズベリーが絶妙なコンビネーションです!

 Financier_201405301238127a3.jpg

Financier Patisserie
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

本日のバーガー: Ted's Montana Grill のバイソン・バーガー!

毎度お馴染みの Ted's Montana Grill の名物バイソン・バーガー。本日は、Red Rock

 Ted Montana

レッド・オニオンとハラペーニョ、シラントロが載せられた、ピリ辛エスニックなバーガーでした!

Ted's Montana Grill
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード