鉄路の白薔薇 〜 アベル・ガンス監督の代表作

3面のスクリーンを駆使した12時間の超大作「ナポレオン」(27年)で有名なフランスのサイレント映画時代の巨匠アベル・ガンス監督の1923年の作品で、こちらもサイレント時代の名作と評価されているもの。

      Roue Poster

フランスのある田舎町で、信号機の故障のため、列車の衝突事故が発生。乗客救助のため現場に駆けつけた列車運転手のシジフ(セヴラン=マルス)は、自己で母を失った孤児のノルマ(アイビー・クローズ)を引き取り、息子のエリー(ガブリエル・ド・グラヴォーヌ)と一緒に育てることに。

 Roue 1

それから15年後、エリーはヴァイオリンの製作者となり、ノルマは家事を切り盛りするようになったが、シジフは美しく成長したノルマに心ならずも惹かれるようになっていく…

 Roue 2

親子間の三角関係という、通俗メロドラマみたいなストーリーを2部構成・4時間にもわたり、展開してみせた作品。ところが、そこはガンス監督、あくまで格調高く最後まで詩情豊かに描き切っている!

 Roue 3

メロドラマでありながら、随所に織り交ぜられる機関車の走行シーンでは、フラッシュの技法による極端に短いショットが次第に速いスピードで交互にカットされていき、最終的には1コマ単位でカットされていくという加速的モンタージュ技法を採用してリズミカルな映像効果をもたらすなど、ロシアの巨匠エイゼンシュテインを始め、後の映画作家に多大な影響を与えた、考え抜かれた映像も見もの。かって映画評論家の淀川長治さんが、フランス映画好きは必ず見なければいけない映画とコメントされていた!

 Roue 4

それにしても、4時間でも相当長いのに、完成当初は9時間近くかかる作品だったらしい(その後、監督自身により短縮される)。代表作の「ナポレオン」はなんと12時間。昔は破天荒な映画監督がいたものである。  ⇒ 8/10点

 Roue 5

鉄路の白薔薇
La Roue (1923年・フランス)
監督: Abel Gance
キャスト: Séverin-Mars, Ivy Close, Gabriel de Gravone, Pierre Magnier, Max Maxudian, Georges Térof, Gil Clary ほか
上映時間: 240分


⇒ 同時代のフランス映画の傑作「裁かるるジャンヌ」(28年)感想傑作!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ルーズベルト大統領の故郷、ハイド・パーク

Culinary Institute of America を訪問したついでに立ち寄ったのが、合衆国第32代大統領、フランクリン・D・ルーズベルトの家として知られているハイド・パーク

 FDR 01

1866年にルーズベルトの父が購入したこの邸宅で生まれた彼は、ここで亡くなるまで、その生涯の大部分をこの地で過ごしている。現在は National Historic Site に指定されているが、立派なビジター・センターの裏には彼と、妻のエレノア・ルーズベルトが仲良く腰掛けている銅像が置かれている。

 FDR 02
 FDR 03

ビジター・センターを出て、広大な敷地内を歩き始めるとまず目に入ってくるのが、Franklin D. Roosevelt Presidential Library and Museum。ここには、ルーズベルトの蔵書や、彼が政治家として活動していた期間に関する様々な資料が保存・展示されている。

 FDR 04

さらに歩くと見えてくるのが母屋。夏の大半をここで過ごしたルーズベルトは、各国の要人もここで出迎え、彼の在職時には夏のホワイトハウスと呼ばれていたらしい。

 FDR 06

裏庭からは、ハドソン川が見えるのかと思いきや、敷地が広大過ぎて、見えませんでした。。。

 FDR 08
 FDR 07

次に見えてくるのが、これまた立派な厩舎

 FDR 05
 FDR 09

そして厩舎の前には、ルーズベルトが眠る墓が。

 FDR 10
 FDR 11

在職中には、日本に対して差別的な見方をしていたらしいルーズベルト、あまり親近感が有る訳ではないのですが、この広大な邸宅は見る価値がありました。

 Hyde 14

Home of Franklin D. Roosevelt
114 Estates Lane, Hyde Park, NY
開館時間: 日の出から日没まで
休館日: 感謝祭・クリスマス・新年の各祝日


Culinary Institute of America 訪問!
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

The Bocuse Restaurant 〜 料理界のハーバード、Culinary Institute of America を訪問!

マンハッタンの郊外、ハドソン川沿いを北に2時間程走った ハイド・パーク にある料理界のハーバードと言われる Culinary Institute of America。前から一度訪れてみたいと思っていたのだが、今回ようやく訪問。

 CIA 01

フランスの城館を思わせる立派な建物。小高い丘にあり、ハドソン川の眺めも良い。

 CIA 02

さて、この学校には生徒たちの研修の場として運営されているレストランが幾つかあるのだが、今回はその中からフランス料理The Bocuse Restaurant を訪問。

 CIA 03

フランス料理の巨匠、ポール・ボキューズの名前を取ったこのレストラン、入り口にはそのボキューズの写真が飾られている。

      CIA 04

モダンでクリーンな店内。

 CIA 05

ガラス張りのキッチンでは、生徒たちが働いているのが見える。勿論、給仕の方も生徒たちが行っている。

 CIA 06

メニューには、生徒たちを指導している先生の名前が記されている。

 CIA 19

さて、ランチ・メニューはアラカルトのほか、3コース35ドルのプリフィックスも用意されている。アラカルトのメニューから選べるのが嬉しい(料理によっては追加料金あり)。今回はそのプリフィックスで。

【Butter Poached Lobster; Lobster Ravioli, Mango Compote, Lobster Crisps, Champagne-Mango Butter, Baby Leaks】

 CIA 07

【Slivered Raw Baby Artichoke Salad; Puree of Artichokes, Shaved Foie Gras, Tomato Macedoine, Orange Popsicle, French Olive Oil】

 CIA 08

【Black Truffle Soupe V.G.E.; Beef Broth, Vegetables, Black Truffles, Puff Pastry】

 CIA 09
 CIA 10

トリュッフやフォアグラ、ロブスターなど高級食材を使用した正統的なフレンチ。きっちりと仕上げられているが、パイ包みスープの蓋のパイはちょっと厚過ぎて、サクサク感が減退していたのが残念。でも、ポール・ボキューズの代表的な料理で、彼がフランスの大統領で会ったヴァレリー・ジスカール=デスタンのために考案したこのスープ、パイ皮をスプーンで破って開けると芳醇なトリュッフの香りが一杯に広がり、フレンチを食べる醍醐味を感じさせてくれる秀逸な一品で、もう25年以上も前に、リヨン近郊にあるボキューズの店で食べた時の感動を思い起こさせてくれた!

 Bocuse.jpg
 ボキューズの店

【Grilled Salmon; Wilted Spinach, Artichoke, Caviar Rye Galette, Red Pepper】

 CIA 11

【Lamb Loin; Lamb Tortellini, Morel Cream, Pickled Mustard Seed, Baby Lettuce Hearts, Buttermilk Dressing】

 CIA 12

【Tournedos of Beef with Foie Gras; Toasted Brioche, Seasonal Mushrooms, Glazed Sweet, Potatoes, Smoked Poivrade Sauce】

 CIA 13

メインも堂々たるフランス料理で、生徒の料理としては上々。

コーヒーはフレンチ・プレスでたっぷりとした量があり、嬉しい!

 CIA 14

【Gateau Noix de Coco; Coconut "Cotton" Cake, Saffron-Passion Fruit Pickled Pineapple, Pandan Ice Cream, Coconut Mochi, Sesame Halva Coockie】

 CIA 15

【Charlotte a la Fraise et a la Rhubarb, Cheesecake, Strawberry and Rhubarb Compote, Salted Butter Sable, Strawberry Foam, Almond Clusters】

 CIA 16

【Le Vacherin; Mascarpone Ice Cream, Encrusted Raspberry-Lime Chutney, Banyuls "Sangria" Sauce】

 CIA 17

【Chocolate Variation; Semi-Sweet Chocolate Cake, Bitter Chocolate Ganache, Sea Salt, Bittersweet Chocolate Mousse, Pistachio Wafer, Cassis Ice Cream】

 CIA 18

生徒のウェイターが間違えて、違うデザートを持ってきたために、結果的にデザートを4種楽しめる事に。全般的にサービスはぎこちないが、それも愛嬌。

久しぶりに正統的なフランス料理を食べたという感じだが、素材にはお金を使っているし、プリフィックス・メニューは食材費だけ頂いています、という感じでお得。マンハッタンウェストチェスターからはちょっと離れているが、たまに天候の良いシーズンには訪れてみたい場所。

校舎内では、生徒達が実習に励んでいる様子が見られました。

 CIA 20
 CIA 21

The Bocuse Restaurant
The Culinary Institute of America
1946 Campus Drive (Route 9), Hyde Park
Tel. 845-451-1012
ランチ: 11:30AM - 1PM; アラカルト、プリフィックス 35ドル(火〜木のみ)
ディナー: 6 - 8:30PM; アラカルト、プリフィックス 45ドル(火〜木のみ)
定休日: 日・月
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Taim 〜 マンハッタンで人気のファラフェル・サンドウィッチとヘルシー・スムージーの店

今回訪れたのは、「中東のコロッケ」とも言うべき、ファラフェル・サンドウィッチの専門店、Taim

 Taim 1

オーナーは、Bar BolonatBalaboosta など、ニューヨークで人気イスラエル料理店を経営する女性シェフ Einat Admony。この店は、彼女が子供の頃から慣れ親しんでいるファラフェル(そら豆やひよこ豆で作ったコロッケ)をファストフード風にサンドウィッチで提供したら、という発想でオープン。ヘルス・コンシャスなニューヨーカーの間で評判を呼んでいる。

 Taim 2

メニューは、そのファラフェルフムスなど、中東色満々のサンドウィッチが中心。いずれも、ピタ・パンとサラダが付いたプレートを選ぶ事ができる。

 Taim 3

そのファラフェル・サンドウィッチ、ホクホクとした味わいで旨み十分のファラフェルがピタパンの中にゴロゴロ入っていて、ボリューム満点!

 Taim 4

もう一つの売り物が、スムージー。3種類のメニューの他に、素材をオーダーメイドで組み合わせる事ができる。今回は、店のお勧めの組み合わせである、ケールとりんご、バナナにジンジャーのスムージー。ジンジャーのアクセントが効いていて美味しいし、いかにも体に良さそう!

Taim
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

昔ながらの店構え

常に変化しているマンハッタン。昔ながらの佇まいを残している店も少なくなってきましたが、これはロウアー・イースト・サイドで目に付いた、味のある店構え。

 Yonah Shimmel

1910年創業、クニッシュで有名なユダヤ系のパン屋さんです。
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード