フラッシングのフードコート

今やニューヨーク最大のチャイナタウンと成っているクイーンズ・フラッシング。ショッピングモールの地下を覗いてみると、一大フードコートが。

 Flushing 1
 ここは全く別世界!

 Flushing 2

様々な店が並んでいる中で、目を引いたのが、火鍋の店。

 Flushing 3

ショーケースの中にずらりと並んでいる食材の中から、洗面器のようなボウルに好きなだけ選び、重さを計ってもらって支払いをする仕組みのよう。

 Flushing 4

結構お客さんで一杯だったが、昼から鍋物を旺盛に食べているバイタリティーには脱帽!
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

フラッシングの Xi'an Famous Foods で刀削麺!

久しぶりにフラッシングでランチ。いつもは飲茶なのだが、本日は趣向を変えて Xi'an Famous Foods で刀削麺を食べることに。

フラッシングのメイン・ストリートにあった姉妹店の Biang! がいつの間にか Xi'an Famous Foods に変わっていた。メニューを見るとあまり Biang! 時代と変わらない感じ。

で、定番の刀削麺

【Stewed Pork Hand-Ripped Noodles in Soup】

 Xian 1

【Spicy Cumin Lamb Hand-Ripped Noodles in Soup】

 Xian 2
 Xian 3

定番のスパイシーな羊肉の刀削麺に煮込んだポークのもの。ポークはスパイシー・マークは付いていなかったが、変わらず辛かった(笑)。相変わらずの香辛料の香りが高くて、病みつきになる味!

これに、クミンをまぶした羊肉の串焼きをつけて。

 Xian 4

ご馳走様でした!

Xi'an Famous Foods

⇒ Biang! 訪問記
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

San Matteo Pizzeria e Cucina 〜 アッパーイーストで愛されるピッツェリア!

普段ほとんど足を踏み入れないアッパーイーストだが、たまたま所要があった帰りに立ち寄ったのが、このエリアで人気があるらしいピッツェリア、San Matteo

 Matteo 01

店に入ると、明らかにイタリア人と分かる主人にテーブルに案内される。私たちが訪れたのは日曜の夜だったのだが、店は家族連れのお客さんで一杯だった。

さて、まずは前菜として:

【Insalata di Rucola; Baby Arugula with Cherry Tomatoes, Goat Cheese, Pinenuts】

 Matteo 02

軽くルッコラのサラダでもと思って注文したら、ボリュームたっぷりでビックリ!

【Tagliere di Salumi; Prosciutto di Parma, Mortadella, Speck, Spicy Soppressata】

 Matteo 03

こちらもボリュームたっぷりの生ハム・サラミ類の盛り合わせ!

店自慢のナポリ・ピッツァは、ナポリから取り寄せたという、自慢のピッツァ窯で焼かれる。

 Matteo 04

【Margherita; Tomato Sauce, Homemade Mozzarella, Fresh Basil】

 Matteo 05

【Prosciutto e Bufala; Tomato, Fresh Basil, Buffalo Mozzarella, Prosciutto di Parma, Parmigiano Reggiano】

 Matteo 06

定番のマルゲリータに、生ハムを載せたものをオーダーしたが、ピッツァはさすがに美味しい!

この店はピッツァ以外のメニュー、パスタやメイン料理なども豊富で、幅広い使い方ができそう。この他にも鴨肉のラグーのタリアッテレを頼んだが、これも美味しかった。

デザートは定番のティラミス

 Matteo 07

家の近くにあったら、常連になりたい店!

San Matteo
1739 2nd Avenue (@ 81 St.)
Tel. 212-426-6943
営業時間: 5 - 11PM (金〜日: 12 - 11PM)
Zagat 評価: 4.6/3.4/4.1/$$ (料理/内装/サービス/予算)
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル 〜 2005年ショパン・コンクールの覇者!

2005年のショパン・コンクールの優勝者で、日本でもおなじみのラファウ・ブレハッチ。まだアメリカでは知名度が高まっていないのか、カーネギー・ホールの大ホールでリサイタルを開くに至っていないが、今回もアッパー・イーストにある 92Y にある小ホール、Kaufmann Concert Hall でのリサイタル!

 Blechacz 1

今回のリサイタルは、前半にバッハベートーヴェン、後半は得意のショパンという構成。

 Blechacz 2

バッハの4つのデュエットで開始された前半。全体で13分程度の曲集だが、ブレハッチは強靭なタッチでどちらかといえば力強くダイナミックに演奏した。実は彼の演奏を生で聴くのは初めてだったのだが、スマートな見た目とは裏腹に、小ホールという事もあったと思うが、フォルテではピアノの音が飽和気味になるほどの力強さがまずは印象に残った。

 Blechacz 5

続いては、ベートーヴェンの作品51-2 のロンドと、ピアノ・ソナタ第3番。こちらの演奏でも、バッハの時と印象は変わらず、特にソナタでのしっかりとした構成感と力強いタッチが印象的。

 Blechacz 3

後半は、ポーランド出身のブレハッチにとってはお国もののショパン幻想曲に始まり、作品48-2 の嬰へ短調の夜想曲を経て、あの有名な葬送行進曲を持つピアノ・ソナタ第2番で締めくくり。いずれも、旋律の歌わせ方の巧みさとダイナミックで華麗な力強さが両立した素晴らしい演奏。ダイナミックさだけではなく、葬送行進曲のしみじみとした歌わせ方も一級品!

 Blechacz 4

ショパン・コンクール覇者の実力を遺憾なく発揮したリサイタルでした!

 Blechacz 6

ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル

J.S. Bach: Four Duets, BWV802-805
Beethoven: Rondo in G Major, Op. 51-2
Beethoven: Piano Sonata No. 3 in C Major, Op. 2-3
Chopin: Fantaisie in F minor, Op. 49
Chopin: Nocturne in F-sharp minor, Op. 48-2
Chopin: Piano Sonata No. 2 in B-flat minor, Op. 35

2017年3月26日、カウフマン・コンサート・ホール
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

パッセンジャー 〜 SF映画というよりはロマンス映画だが…

ジェニファー・ローレンスクリス・プラットを主演に迎えた、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(14年)が高い評価を得たモルテン・ティルドゥム監督の最新SF映画。全米では2016年12月に公開され、公開週に興行ランキングの3位にランクインしている(1位は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」)。今年のアカデミー賞では、美術・作曲の2部門でノミネートされたが、受賞はならなかった。

      Passengers Poster

近未来の宇宙空間。地球から120年かけて新たな惑星へ移住する人たちを乗せた豪華宇宙船アヴァロン号。その乗客の一人でエンジニアのジム(プラット)は、 アヴァロン号が隕石群と遭遇した時の衝撃で、予定よりも90年早く冬眠装置から目覚めてしまう。

 Passengers 1

バーにいるバーテンダー・ロボットのアーサー(マイケル・シーン)のほかは、誰も目覚めている者がいない宇宙船の中で、ジムは再び冬眠に入ろうと試みるが、それは不可能と知り絶望のどん底に。

 Passengers 2

目覚めてから1年、自暴自棄の生活を送っていたジムだが、ある日、冬眠ポッドの一つで見かけた女性作家オーロラ(ローレンス)に一目惚れしてしまった彼は、葛藤の末、彼女を目覚めさせてしまうのだが…

 Passengers 3

ジェニファー・ローレンスクリス・プラットという、人気者2人を共演させた本作は、宇宙空間を舞台にしたSFサバイバル映画といった趣で、ヴィジュアルも圧倒される素晴らしさなのだが、SF映画としてのディテール描写は結構雑で、SF映画ファンが見たら、きっと物足りないと思うレベル。

 Passengers 4

多分ティルドゥム監督が描きたかったのは、SF映画ではなく、極限状況に置かれた男女のロマンスだったのであろう。そうして見ると、旬の実力俳優を起用しているだけあって、二人の熱のこもった演技はなかなか見応えがある。

 Passengers 5

公開時にはあまり評判が良くなかった本作だが、ラブストーリーとしてはまずまずの作品に仕上がっているのでは?  ⇒ 7/10点

パッセンジャー
Passengers (2016年・アメリカ)
監督: Morten Tyldum
キャスト: Jennifer Lawrence, Chris Pratt, Michael Sheen, Laurence Fishburne, Andy Garcia ほか
上映時間: 116分


⇒ 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(14年)感想 〜 傑作!!!

⇒ ローレンス出演作「X-MEN: アポカリプス」(16年)感想

⇒ プラット出演作「マグニフィセント・セブン」(16年)感想 〜 オススメ!
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード