素晴らしきかな、人生 〜 脚本の出来が豪華キャストを殺している…

「プラダを着た悪魔」(06年)などのデヴィッド・フランケル監督によるヒューマンドラマ。ウィル・スミスをはじめ、ケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイエドワード・ノートンヘレン・ミレンら豪華俳優陣が出演している。全米では2016年12月に公開され、公開週に興行ランキングの4位にランクインしたのが最高で、興行的には不発だった。

      Collateral Beauty Poster

広告代理店の敏腕経営者として、共同パートナーのフィット(ノートン)、クレア(ウィンスレット)、サイモン(マイケル・ペーニャ)らと共にビジネスを順調に拡大させてきたハワード(スミス)だったが、愛娘を失ったのをきっかけに仕事も私生活も全て自暴自棄の状態になってしまう。

 Collateral 1

みるみるうちに業績が悪化した会社の状況を憂慮したフィットたちは、フィットがふとした事で知り合った舞台俳優エイミー(ナイトレイ)ブリジット(ミレン)らに協力を依頼し、一芝居打つ事によって何とかハワードを立ち直らせようとするのだったが…

 Collageral 2

愛娘の死をきっかけに生きる目的を失った男の再生の物語を、重くならないタッチで描いたヒューマンドラマで、舞台俳優たちに死や愛、時間を演じさせるというプロットの新鮮さと、ずらりと揃った豪華出演陣(前述に加え今年のアカデミー賞助演女優賞(「ムーンライト」)にノミネートされたナオミ・ハリスも出演!)からして、いい映画になる条件は揃っているはずなのだが、奇妙に面白くない…

 Collateral 3

その原因はひとえに、最初から最後まで微妙にツボを外し続ける脚本にあると思う。ウィル・スミスをはじめ、個々の出演者の演技はさすがにしっかりしているのだが、映画全体の成功にはつながっている感じがしないのはいかにも残念。

 Collateral 4

フランク・キャプラ監督の往年の名作、「素晴らしき哉、人生!」(46年)をもらった邦題だったのだが、豪華キャスト・新鮮なプロットを無駄にしてしまった感じの、才人フランケル監督らしくない作品でした…  ⇒ 6/10点

Collateral 5

素晴らしきかな、人生
Collateral Beauty (2016年・アメリカ)
監督: David Frankel
キャスト: Will Smith, Edward Norton, Keira Knightley, Michael Peña, Naomie Harris, Jacob Latimore, Kate Winslet, Helen Mirren ほか
上映時間: 97分


⇒ スミス出演作「スーサイド・スクワッド」(16年)感想

⇒ ノートン出演作「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(14年)感想傑作!!!

⇒ ナイトレイ出演作「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(14年)感想 〜 こちらも傑作!!!

⇒ ウィンスレットがアカデミー助演女優賞にノミネートされた「スティーブ・ジョブズ」(15年)感想太鼓判!!

⇒ ミレン出演作「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(15年)感想

⇒ ペーニャ出演作「オデッセイ」(15年)感想傑作!!!

⇒ ハリスがアカデミー助演女優賞にノミネートされた「ムーンライト」(16年)感想 オススメ!

⇒ こちらは問題なく傑作!!!「素晴らしき哉、人生!」(46年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

北米興行成績 (2017年4月24日)

先週末の北米興行界は、前週に記録的な興行成績でトップに立った大人気アクション・シリーズの第8弾に、 全米公開作3作が挑戦したが:

① The Fate of the Furious (第2週、前週1位)
② The Boss Baby (第4週、前週2位)
③ Beauty and the Beast (第6週、前週3位)
④ Going in Style (第3週、前週5位)
⑤ Smurfs: The Last Village (第3週、前週4位)
⑥ Born in China (初登場)
⑦ Unforgettable (初登場)
⑧ Gifted (第3週、前週6位)
⑨ The Promise (初登場)
⑩ The Lost City of Z (第2週、前週圏外)


興行収入38百万ドルと先週も好調を維持して2週連続でトップをキープした "The Fate of the Furious" をはじめ、上位3作は先週末も安泰だった。

 Fate of Furious 1

新規公開作の先陣を切って興行収入 4.8百万ドルで6位に入ったのが、ディズニーDisneynature 部門が製作したパンダを題材にしたドキュメンタリー映画、"Born in China"観た人の平均評価も A- と良好。

      Born in China Poster

同じく興行収入 4.8百万ドルで僅差の7位となったのが、キャサリン・ハイグルが久々に主演したスリラー映画、"Unforgettable"。こちらは観た人の平均評価は C と、期待外れだったよう。

      Unforgettable Poster

1915年に発生したトルコオットマン朝によるアルメニア人の大虐殺を描いた "The Promise" は興行収入 4.1百万ドルの9位と、総制作費90百万ドルをかけた作品としては期待外れのデビュー。批評家からの評価もあまり良くないのだが、観た人の平均評価が A- なのが救い。

      Promise Poster

SFホラー映画、"Phoenix Forgotten" は興行収入 1.8百万ドルでトップ10圏外のスタートとなった。観た人の平均評価も C- と芳しくない…

      Phoenix Forgotten Poster

逆に、公開2週目に上映館数を 4館から614館に拡大した "The Lost of City Z" は興行収入 2.1百万ドルで9位に入っている。

 Lost City of Z

1,070館で公開された、ブリー・ラーソン出演のイギリス発コメディ映画、"Free Fire" は興行収入わずか995千ドルとトップ10には遠く及ばなかった…

      Free Fire Poster

限定公開作では、アメリカの女性ジャーナリスト、ジェイン・ジェイコブズを描いたドキュメンタリー映画 "Citizen Jane" が2館、セレブ・シェフ、ジェレマイア・タワーを描いたドキュメンタリー映画、"Jeremiah Tower: The Last Magnificent" が同じく2館で公開され、いずれも評判が良いようだ。

      Citizen Jane Poster
      Jeremiah Tower Poster
関連記事

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

早速オーバー・ブッキング!

珍しく、カンファレンスに出席する事になり、ラスベガスへ。

今話題のユナイテッド航空は避け、アメリカン航空にしたのだが、早速オーバー・ブッキングとのアナウンス。席を譲る人に提示された金額は500ドルと、意外にケチ。。。

 AA1.jpg

取り敢えず、席に座るところまではこぎ着け、座ってから引きずり出されるかどうか、ワクワクして待っていたが、結局何事も起きずに離陸(笑)

 AA2.jpg

珍しく遅延もなく、無事に到着したのでした。

      AA3.jpg
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ジャッキー/ファーストレディ最後の使命 〜 ナタリー・ポートマンの熱演で描かれる知られざるジャックリーン・ケネディ像

1963年11月に発生したジョン・F・ケネディ米国大統領の暗殺事件から彼の葬儀までの4日間の、ジャックリーン・ケネディ大統領夫人の知られざる姿を描いた作品。監督はチリ出身のパブロ・ララインで、ナタリー・ポートマンジャックリーンを演じて話題となった。2016年のヴェネツィア国際映画祭でプレミエ上映され、最優秀脚本賞に輝いた後、全米では12月に限定公開されている。今年のアカデミー賞では、主演女優賞(ポートマン)をはじめ 3部門でノミネートされたが、受賞はならなかった。

      Jackie Poster

1963年11月22日、遊説のためテキサス州ダラスを訪れた米国大統領ジョン・F・ケネディ(キャスパー・フィリップソン)と夫人のジャックリーン(ポートマン)だが、市内をオープン・カーでパレード中に狙撃され、大統領は暗殺されてしまう。

 Jackie 1

悲しみにくれる間もなく、葬儀の取り仕切りから副大統領のリンドン・ジョンソン(ジョン・キャロル・リンチ)の大統領就任式への立会い、ホワイトハウスからの退去まで、あらゆる難題をこなしていくジャックリーン

 Jackie 2

父親の死を理解出来ない子供たちの姿に心を痛めるジャックリーンだが、そのような中、ジョンの弟で司法長官のロバート(ピーター・サースガード)や秘書官のナンシー・タッカーマン(グレタ・ガーウィグ)にサポートされながら、亡き夫が歴史から忘れ去られず、アメリカ国民の心の中に、いつまでも残り続ける存在となるよう、行動を開始する…

 Jackie 3

在任期間が3年未満であったにも関わらず、リンカーンルーズベルトに続く人気を維持しているケネディ。その裏に夫人ジャクリーンの知られざる奮闘があったという、興味深いストーリーの映画で、ヴェネツィア国際映画祭最優秀脚本賞に輝いただけあって、誰もが知っている歴史的事件に違った側面から光を当てたストーリー展開は秀逸。

 Jackie 4

身振りや話し方まですっかり変えて、ジャックリーンになりきったナタリー・ポートマンの熱演は、さすがにアカデミー主演女優賞にノミネートされただけあって、見ているこちらが引き込まれる素晴らしさ!

 Jackie 5

これは、ポートマンの演技を見るべき映画(彼女の表情のクローズアップを多用しているのが、そうした面を強調している)だと思うが、そこにフォーカスを当てた分、あまりにもドラマチックな史実を題材にした映画の割には、そうしたドラマチックな起伏は少ない(意図的にそうした面を避けた意図があるであろう事は理解出来るが)。  ⇒ 8/10点

 Jackie 6

ジャッキー/ファーストレディ最後の使命
Jackie (2016年・アメリカ/チリ/フランス)
監督: Pablo Larrain
キャスト: Natalie Portman, Peter Sarsgaard, Greta Gerwig, Billy Crudup, John Hurt, Max Casella, Beth Grant, Richard E. Grant, Caspar Phillipson, John Caroll Lynch, Julie Judd, Brody and Alden Weinberg, Mathilde Ripley, Barbara Foliot ほか
上映時間: 99分


⇒ ポートマン出演作「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(13年)感想

⇒ サースガード出演作「マグニフィセント・セブン」(16年)感想オススメ!

⇒ ガーウィグ出演作「ローマでアモーレ」(12年)感想
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

エフゲニー・オネーギン @ メトロポリタン・オペラ

シーズンもあとわずかとなったメト、本日はチャイコフスキーのエフゲニー・オネーギン

 Onegin 01

2013〜14年シーズンにプレミエ上映が行われたデボラ・ワーナーの舞台の3シーズンぶりの再演となった今回、オネーギン役はディミトリー・ホロストフスキーが務める予定だったのだが、現在脳腫瘍の闘病中の彼は、舞台に上がるまでの回復が叶わず、プレミエでオネーギンを歌ったマリウシュ・クヴィエチェンペーテル・マッテイが交代で代役を務めることに。タチアーナはプレミエ同様、アンナ・ネトレプコ

      Onegin 02

さて、私が行った日のオネーギンマッテイ。その朗々たる美声で、すっかり今を代表するバリトンの一人となった彼、ニヒルで斜に構えたオネーギンというよりは、明るくエネルギッシュといったイメージではあるものの、さすがに堂々たる歌唱!

 Onegin 03
 Onegin 04

ここ数年で、より重い声の役へと上手にレパートリーを転換する事に成功したネトレブコ、この日はやや声が不安定な感じだったが、それでも3シーズン前の歌唱から一段と表現力を増したタチアーナで、存在感を示してくれた。

 Onegin 05
Onegin 06

レンスキーオルガはそれぞれアレクセイ・ドルゴフエレーナ・マクシモーヴァロシア勢が演じたが、ドルゴフはやや声量は小さめながら、情熱的な歌いぶり、マクシモーヴァも美しいメゾで無難に歌いこなしていた。

 Onegin 07
 Onegin 08

指揮は2014年よりグラインドボーン音楽祭の音楽監督を務めるロビン・ティチアーティで、こちらはチャイコフスキー特有のロマンチックな旋律をしっかりと歌わせた万全のサポートぶりを聴かせてくれ、好印象。

 Onegin 09

ワーナーの舞台は少し中途半端な感じがするもので、可もなく不可もなくといった感じでした。

 Onegin 10
 Onegin 11

Eugene Onegin (1881年、ボリショイ劇場にて初演)
演出: Deborah Warner
指揮: Robin Ticciati
Onegin: Peter Mattei
Tatiana: Anna Netrebko
Lenski: Alexey Dolgov
Olga: Elena Maximova
Filippyevna: Larissa Diadkova
Triquet: Tony Stevenson
Prince Gremin: Stefan Kocan ほか
2017年4月22日、メトロポリタン歌劇場


⇒ 前回上演感想

⇒ ネトレブコ出演のメト「マノン・レスコー」感想

⇒ マッテイ出演のメト「セヴィリアの理髪師」感想
関連記事

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード