北米興行成績 (2017年7月31日)

夏休みもいよいよ最後の月に入った先週末は、前週トップに立ったクリストファー・ノーラン監督の最新戦争映画に、ソニー・ピクチャーズ製作のCGを駆使したコメディ映画が立ち向かったが:

① Dunkirk (第2週、前週1位)
② The Emoji Movie (初登場)
③ Girls Trip (第2週、前週2位)
④ Atomic Blonde (初登場)
⑤ Spider-Man: Homecoming (第4週、前週3位)
⑥ War for the Planet of the Apes (第3週、前週4位)
⑦ Despicable Me 3 (第5週、前週6位)
⑧ Valerian and the City of a Thousand Planets (第2週、前週5位)
⑨ Baby Driver (第5週、前週7位)
⑩ Wonder Woman (第9週、前週9位)


ノーラン監督の最新作 "Dunkirk" は先週末も好調で、興行収入28百万ドルを記録してトップの座をキープ。

 Dunkirk.jpg

CGを駆使したソニー・ピクチャーズの最新コメディー "The Emoji Movie" は、興行収入26百万ドルとわずかに及ばず2位発進。絵文字を主人公にした本作、批評家からは酷評されているが、観た人の平均評価は B とそれほど悪くない。

      Emoji Movie Poster

興行収入19百万ドルと事前予想をわずかに下回る成績で4位に入ったのが、シャーリーズ・セロン主演のアクション映画、"Atomic Blonde"セロンジェームズ・ボンドジョン・ウィックを合わせたようなヒロインを演じる本作、批評家からは概ね好評をもって迎えられていて、観た人の平均評価は B

      Atomic Blonde Poster

限定公開作では、地球温暖化をテーマにしたドキュメンタリー映画、"An Inconvenient Sequel: Truth to Power" が4館で公開され、高い評価を得ているほか、「ハート・ロッカー」(08年)アカデミー賞に輝いたキャサリン・ビグロー監督の最新作 "Detroit" が20館、厳格な戒律に基づいて生活するブルックリンハシディック・ユダヤ教徒をテーマにした "Menashe" が3館、コメディー映画 "Brigsby Bear" が3館で公開され、いずれも評判が良いようだ。

      Truth to Power Poster
      Detroit Poster
      Menashe Poster
      Brigsby Bear Poster
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

ロックフェラー・センターに恒例のファーマーズ・マーケット!

ロックフェラー・センターに、夏恒例のファーマーズ・マーケットがオープン! という事はニューヨークの短い夏もあと1ヶ月あまり。。。

 Market.jpeg
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

北米興行成績 (2017年7月24日)

日本に負けず劣らず暑いニューヨーク。湿度が低いのが救いだが、屋内は逆に強烈に冷房が効いたりしていて体の調節が難しいのが悩ましい。さて、先週末はクリストファー・ノーラン監督の注目の最新作が全米公開されたが:

① Dunkirk (初登場)
② Girls Trip (初登場)
③ Spider-Man: Homecoming (第3週、前週2位)
④ War for the Planet of the Apes (第2週、前週1位)
⑤ Valerian and the City of a Thousand Planets (初登場)
⑥ Despicable Me 3 (第4週、前週3位)
⑦ Baby Driver (第4週、前週4位)
⑧ The Big Sick (第5週、前週5位)
⑨ Wonder Woman (第8週、前週6位)
⑩ Wish Upon (第2週、前週7位)


第二次世界大戦初期の連合軍によるダンケルク撤退作戦を描いたノーラン監督の最新作 "Dunkirk" は、興行収入 51百万ドルで前週トップの "War for the Planet of the Apes" に代わってトップに立った。シリーズ作品ではない単独の作品でトップに立ったのは、今夏初めてで、4月の "The Boss Baby" 以来。批評家からの評価は高く、観た人の平均評価も A- と良好。

      Dunkirk Poster

興行収入 30百万ドルで続く2位に入ったのが、すっかり夏の定番となった感がある R指定のコメディ映画、"Girls Trip"クィーン・ラティファをはじめとするオール・ブラック・ 女性キャストの本作、観た人の平均評価 A+ と絶賛されている。

      Girls Trip Poster

興行収入 17百万ドルで5位にとどまったのが、フランスリュック・ベッソン監督の最新SF映画、"Valerian and the City of a Thousand Planets"。制作費180百万ドルをかけた大作としては不本意な出だしだが、本国フランスではどこまで観客動員出来るだろうか。観た人の平均評価も B- と微妙。

      Valerian Poster

限定公開作では、ギリアン・ロペスピエール監督のアンサンブル・コメディ映画、"Landline" が4館、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の "The Midwife" 3館で公開され、いずれも評判が良いようだ。

      Landline Poster
      Midwife Poster
関連記事

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

お父さんと伊藤さん @ ジャパン・カッツ!

毎年この時期にジャパン・ソサエティで開催される北米最大の日本映画祭、ジャパン・カッツ!。息子が学生時代に関わっていた事もあって、毎年幾つかの作品を観るようになったが、今年も日本から帰米早々、タナダユキ監督「お父さんと伊藤さん」を観た。

 Japan Cuts 1
 Japan Cuts 2

 Japan Cuts 3
 「この世界の片隅に」も観たかったのだが、早々に売り切れ…

「ふがいない僕は空を見た」(12年)で注目されたタナダユキ監督の最新作で、第8回小説現代長編新人賞を受賞した中澤日菜子の小説の映画化作品である本作、主演の上野樹里に加え、リリー・フランキー藤竜也らが共演している。日本では昨年10月に全国公開されていて、今回が米国初公開

 My Dad
      My Dad Poster

書店でアルバイトをしている34歳の彩(上野)は、給食センターでアルバイトをする20歳上のバツイチ男・伊藤さん(フランキー)と交際中。

 My Dad 1

そんなある日、彼らが一緒に住むアパートを、同居していた兄の潔夫婦(長谷川朝晴安藤聖の家を出てきたの74歳の父(藤)が訪ねてくる。

 My Dad 2

に懇願され、渋々父との同居を受け入れた。その日からちょうど20歳ずつ歳が離れた3人の奇妙な共同生活が始まるが、長年学校の先生を務めた謹厳で口うるさい父との毎日に、は辟易するのだった…

 My Dad 3

ちょうど20歳ずつ歳が離れた世代の違う3人がぎこちない共同生活を送っていく様を描いた本作、かっての家族関係が成り立たなくなっている現代の日本の社会状況を描きながら、主役3人の軽妙でユーモアが漂うやり取りのおかげで、テーマの重苦しさを感じさせない軽やかな手応えの作品となっている。

 My Dad 4

とにかく主役3人のそれぞれの持ち味を生かした演技が印象的。この演技を引き出したタナダユキ監督の力量はなかなかのもので、最後まで面白く観る事が出来た。最後が単純なハッピーエンドとならないところも良い。  ⇒ 8/10点

お父さんと伊藤さん
(2016年・日本)
監督: タナダユキ
キャスト: 上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也、長谷川朝晴、安藤聖、渡辺えり ほか
上映時間: 119分


⇒ リリー・フランキー出演作「そして父になる」(13年)感想 〜 オススメ!

⇒ 藤竜也 出演作「私の男」(14年)感想
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

麺ず工房武新 の まぜ麺!

こちらも日本からの持ち帰り。当地ではまだまだ市民権を得ていないまぜ麺。通販で取り寄せた麺ず工房武新まぜ麺は、極太麺と濃厚な魚介ベースのタレがベストマッチで旨い!

 Takeshin_20170801101257444.jpeg

麺ず工房武新
関連記事

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード