マリアンヌ 〜 ロバート・ゼメキス監督による王道の古典的メロドラマ

「フォレスト・ガンプ/一期一会」(94年)ロバート・ゼメキス監督としては珍しいロマンス映画。ブラッド・ピットマリオン・コティヤールが共演している。全米では2016年11月に公開され、公開週に興行ランキングの4位にランクインしている(トップは「モアナ」)。また、今年のアカデミー賞では衣装デザイン賞にノミネートされた。

      Allied Poster

第2次世界大戦中の1942年。カサブランカのドイツ大使暗殺という任務を帯びたイギリスの諜報部員マックス(ピット)は、現地でフランスレジスタンス活動に従事している女性マリアンヌ(コティヤール)を紹介され、夫婦を装って大使に近づき、任務を成功させる。

 Allied 1

カサブランカから分かれて脱出した二人は、その後偶然にロンドンで再会し、マックスマリアンヌに求婚、二人は結婚する。

 Allied 2

二人の間には子供も生まれ、幸福な時間が流れていくが、ある日、上官のフランク(ジャレッド・ハリス)らに呼び出されたマックスは、マリアンヌドイツのスパイである疑いがあると告げられる…

 Allied 3

ゼメキス監督の最新作は、サスペンス・ドラマの要素を織り込んだロマンス映画。サスペンスのカラクリは意外に単純で深みはないのだが、ピットコティヤールの二人を中心にした、今時珍しいまでのクラシックなロマンス映画に仕上がっている。

 Allied 4

往年のハリウッド映画を思わせるようなメロドラマで、並の俳優が演じると陳腐になりかねないところ、そこはさすがピットコティヤールが堂々と演じきっていて、なかなか見応えのある王道のラブロマンスになっている。ただ、物語自体にはもう少し深みが欲しいところ。  ⇒ 7/10点

 Allied 5

マリアンヌ
Allied (2016年・アメリカ)
監督: Robert Zemeckis
キャスト: Brad Pitt, Marion Cotillard, Jared Harris, Camille Cottin, Matthew Goode, Lizzy Caplan, Anton Lesser, August Diehl, Charlotte Hope, Marion Bailey, Simon McBurney, Daniel Betts, Thierry Fremont, Raffey Cassidy ほか
上映時間: 124分


⇒ ゼメキス監督の前作「ザ・ウォーク」(15年)感想 〜 オススメ!

⇒ ピット出演作「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(15年)感想

⇒ コティヤール出演作「サンドラの週末」(14年)感想

⇒ ハリス出演作「コードネーム U.N.C.L.E.」(15年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード