バレエ: ボリショイ・バレエ訪米公演 ~ 白鳥の湖

7月7日から8月16日にかけて開催された夏の芸術の祭典、リンカーン・センター・フェスティヴァル。期間中は、歌舞伎の平成中村座の引っ越し公演を始め、オペラ・バレエ・演劇など、注目公演が目白押しだったが、今回はその中からボリショイ・バレエ団の公演に出かけた。

 Bolshoi 1

今回の引っ越し公演では、白鳥の湖、ドン・キホーテ、スパルタカスなど、ボリショイ得意のレパートリーが上演されたが、本日の演目は白鳥の湖。主役を務めるのは、現在のボリショイを代表するプリマ、スヴェトラーナ・ザハロワに、ABT出身で、アメリカ人として初めてボリショイのプリンシパル・ダンサーとなったデイヴィッド・ホールバーグ

      Bolshoi 2
 Boshoi 3
 開演前の会場
 Bolshoi 3

注目の二人の踊りだが、伸びやかな身体を十分に生かした美しく伸びやかな踊りで、それはそれで素晴らしいと思ったのだが、不思議に感情の発露が感じられないところがあり、その点がやや残念。

 Bolshoi 4

ただし、端役に至るまで踊り手のクオリティが高いのがボリショイの特徴で、今回の公演でもその点は存分に感じられ、やはり質の高い舞台でした!

 Bolshoi 5

Swan Lake (1877年、モスクワ・ボリショイ劇場にて初演)
演出: Yuri Grigorovich
オデット/オディール: Svetlana Zakharova
王子: David Hallberg
ロットバルト: Vladislav Lantratov ほか
2014年7月17日、David H. Koch Theater
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード