映画: フルートベール駅で

2009年の新年の日にサンフランシスコで発生した、黒人青年が警察官に射殺された事件を題材にした映画。2013年1月のサンダンス映画祭でプレミエ上映され、審査員大賞に輝くなど、各地の映画祭で絶賛された後、米国では1月に限定公開されている。

      Fruitvale Poster

サンフランシスコ郊外のベイエリアオスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は、恋人ソフィーナ(メロニー・ディアズ)、愛娘のタチアナと3人で暮らす、22歳の黒人青年。優しい性格だが人生の目標が定まらず、ふらふらしている彼にソフィーナは不満で、二人の間はギクシャクしている。

 Fruitvale 1

大晦日の日、たび重なる遅刻が原因で務めていたスーパーをクビになったオスカーだが、ソフィーナや母親のワンダ(オクタヴィア・スペンサー)にはその事を言い出せないまま、プレゼントを買い、ワンダの誕生祝いをする。

 Fruitvale 2

ソフィーナや愛娘のためにも、自分の生活を何とか立て直そうと誓ったオスカーは、彼女や仲間たちと新年のサンフランシスコの花火を見るために、乗客でごった返す地下鉄に乗り込むのだが...

 Fruitvale 3

無抵抗な黒人青年を警官が射殺したとして当時大きな反響を呼んだ実在の事件を題材に、ドキュメンタリー・タッチで描いた作品。

 Fruitvale 4

主人公の青年を美化するわけではなく、ありのままに描く事により、アメリカのどこにでも見かけるような生活を送っていた普通の青年が突然事件に巻き込まれるという、事実の痛ましさが浮かび上がってくる。

 Fruitvale 5

主人公役のジョーダンディアズは、いずれもそれぞれの役を等身大に演じていて好感が持てる。出演者のほとんどが無名の俳優さんだと思うが、その中で、アカデミー助演女優賞にも輝いたオクタヴィア・スペンサー(「ヘルプ~心がつなぐストーリー」(11年))はさすがの存在感を放っている。いい映画だが、淡々と描いている分、映画としてのドラマ性・起伏にはやや乏しい感があり。  ⇒ 7/10点

フルートベール駅で
Fruitvale Station (2013年・アメリカ)
監督: Ryan Coogler
キャスト: Michael B. Jordan, Melonie Diaz, Octavia Spencer, Kevin Durand, Chad Michael Murray, Ahna O'Reilly, Ariana Neal ほか
上映時間: 85分


⇒ スペンサー出演作「ヘルプ~心がつなぐストーリー」(11年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード