映画: 白熱 ~ キャグニー!

ギャング映画に多数出演したジェームズ・キャグニーが主演した1949年のギャング映画で、ギャング映画、及びフィルム・ノワールの古典とされている作品。監督はラオール・ウォルシュ




      White Heat Poster

凶悪さで知られるコーディ・ジャレット(キャグニー)率いるギャング団は、列車を襲撃し乗務員を殺した上、現金を強奪したが、重罪に問われるのを避けるため、同じ日に遠隔地で手下に起こさせた軽犯罪の犯人として自首する事により、強盗殺人に問われるのを巧みに逃れる。

 White Heat 1

母親で犯罪の師でもあるマー・ジャレット(マーガレット・ウィンチェリー)に溺愛されて育ったコーディはマザコンのサディストであるため、妻のバーナ(ヴァージニア・メイヨ)は彼に愛想を尽かし、コーディの右腕であるビッグ・エド(スティーヴ・コクラン)と関係を持ってしまう。

 White Heat 2

一方、列車強盗をコーディ一味の仕業と疑うフィリップ・エヴァンス(ジョン・アーチャー)率いる捜査当局は、証拠をつかむため、捜査官のハンク・ファロン(エドモンド・オブライエン)を囚人に仕立て上げてコーディが服役する刑務所に潜入させるが...

 White Heat 3

乾いたタッチで、スピーディに展開されるギャング映画で、暴力シーンも当時としては生々しいが、主人公コディをはじめ、登場人物の性格描写がしっかりとしている点で、凡百の類似映画とは一線を画している。

 White Heat 4

とにかく、凶暴なサイコパスで、狂気にかられながら破滅へと突き進んでいくコディ役をキャグニーが強烈に演じていて、印象的。警官隊に追い詰められたコディが、ガスタンクの上に立ち、「やったぜママ!世界の頂点だ!」と叫ぶと同時に爆死する最後の有名なシーンはアナーキーな雰囲気満点! 数多くのギャング映画に出演したキャグニーだが、本作の後はほとんどギャング映画に出演する事はなかった。  ⇒ 7/10点

 White Heat 5

白熱
White Heat (1949年・アメリカ)
監督: Raoul Walsh
キャスト: James Cagney, Virginia Mayo, Edmond O'Brien, Margaret Wycherly, Steve Cochran, John Archer, Wally Cassell, Mickey Knox, Fred Clark ほか
上映時間: 114分


⇒ キャグニー主演作「ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ」(42年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード