北米興行成績 (2014年11月24日)

2012年に公開されるや、記録的ヒット・シリーズとなった「ハンガー・ゲーム」。先週末は、シリーズ最終作となる第3作が公開された:

① The Hunger Games: Mockingjay - Part 1 (初登場)
② Big Hero 6 (第3週、前週2位)
③ Interstellar (第3週、前週3位)
④ Dumb and Dumber To (第2週、前週1位)
⑤ Gone Girl (第8週、前週5位)
⑥ Beyond the Lights (第2週、前週4位)
⑦ St. Vincent (第7週、前週6位)
⑧ Fury (第6週、前週7位)
⑨ BIrdman (第6週、前週10位)
⑩ The Theory of Everything (第3週、前週圏外)


その “The Hunger Games: Mockingjay – Part 1” は、興行収入123百万ドルで順当にトップの座を獲得。これは今年最高の成績であるが、事前予想の150 – 170百万ドルを大きく下回る数字で、前作のシリーズ第2弾、「ハンガー・ゲーム2」(13年)の150百万ドルをも下回った。これは、「ハリー・ポッター」「トワイライト」シリーズと同じように、最終篇を前後篇に分けて少しでも儲けてやろうという魂胆が嫌われたのかも知れない。観た人の平均評価は A- で、批評家からの評価もまずまずではあった。

      Mockingjay Poster

競合を避けたのか、先週末は他に全米公開作はなく、順位にも大きな変動は見られなかった。その中で、イギリスの理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士の若い頃を描いた “The Theory of Everything” が、公開3週目で上映館数を41館から140館に拡大し、興行収入1.5百万ドルで10位にランクインしたのが注目される。

 Theory of Everything
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード