二人のピアノのミューズ: ユジャ・ワン と アリス=紗良・オット

Wang_20141201121122947.jpg
トランスフォーメーション〜ストラヴィンスキー、スカルラッティ、ブラームス、ラヴェル
ストラヴィンスキー: ペトルーシュカからの3楽章
スカルラッティ: ピアノ・ソナタ ホ長調 K.380
ブラームス: パガニーニの主題による変奏曲
スカルラッティ: ピアノ・ソナタ ヘ短調 K.466
ラヴェル: ラ・ヴァルス
ユジャ・ワン (ピアノ)


Ott_20141201121655ef1.jpg
リスト: 超絶技巧練習曲集
アリス=紗良・オット (ピアノ)

11月末から12月初旬にかけて、現在注目度上昇中の若手実力派ピアニスト二人がニューヨークでリサイタルを開く予定。

北京生まれのユジャ・ワンは現在27歳。6歳からピアノを始め、北京中央音楽院で学んだ後、2001年に仙台国際音楽コンクールで第3位、審査委員特別賞もあわせて受賞し、2002年から2008年までフィラデルフィアカーティス音楽院で学び、在学中の2003年にチューリッヒデイヴィッド・ジンマン指揮のチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団と共演してデビューを果たしている。

 Wang 1

評論家の故・吉田秀和氏も感心した超絶技巧で評判を呼び、現在世界中でソロ・リサイタルや一流オーケストラとの共演など、華々しい活躍をしている。

 Wang 2

このアルバムは、クラシックの名門、グラモフォン・レーベルと契約後、2010年にリリースされた第2弾のアルバムで、彼女の超絶技巧を披露するのに好適なレパートリーが選ばれている。

 Wang 3

ストラヴィンスキーバレエ音楽「ペトルーシュカ」の音楽をピアノ曲にした「ペトルーシュカからの3楽章」は、ポリーニ若き頃の凄まじい演奏が有名だが、切れ味鋭いポリーニに較べ、彼女の演奏はなたでばっさり切ったような豪快な演奏!最後のラヴェルも超絶技巧全開・華やかさ満開の演奏で、スポーツの試合を見るかのような感覚が味わえる。

 Wang 4

ここのところ毎年カーネギー・ホールに客演している彼女だが、コンサートの都度進化した演奏を聴かせてくれていて、技巧だけでなく、昨年のリサイタルでは、ショパンのソナタでの抒情的な旋律の歌わせ方も素晴らしかった。今や疑いなく、若手ピアニストのトップの存在の彼女、今年のリサイタルではどのような演奏を聴かせてくれるか楽しみ!

⇒ 昨シーズンのリサイタル感想

一方のアリス=紗良・オットは、1988年生まれの26歳。ドイツ人の父親と日本人の母親の下、ドイツで生まれ育ち、子供の頃から各種コンクールで優勝するなど、子供の頃からその才能は注目されていた。彼女も2008年にグラモフォンとレコーディング契約を結んで注目され、すでに日本でも人気の高い若手ピアニストとなっている。

 Ott 1

このCDは彼女のデビュー盤で、ユジャ同様、素晴らしい技巧で難曲ぞろいのこのリストの曲集を弾きこなしている。彼女もリストでデビューしたせいか、技巧の勝ったピアニストという印象が強いが、シューベルトベートーヴェンのソナタを聴いても、構成力の確かさや旋律の歌わせ方はなかなかで、ユジャとも甲乙つけがたい感じ。

 Ott 2

昨シーズンにニューヨークに来演した彼女だが、ライブハウスでの演奏で、ピアノの状況も良くなく、彼女のピアノの魅力を知るには物足りないコンサートだったが、今年も日曜の午前中のミニ・コンサート。是非、フル・コンサートで彼女の真価を発揮してもらいたいものなのだが...

 Ott 3

⇒ 昨シーズンのライブ感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

Bibi さま

コメント、有難うございました! 家でCDを聴くのも大好きですが、やはり生で聴く喜びは何事にも代えがたいですよね。特に若い演奏家の場合、継続して聴いていくと、明らかに演奏の内容・スタイルが変化していくので、毎回聴くのが楽しみです!
プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード