ユジャ・ワン ピアノ・リサイタル

最近、一段と活躍の場を広げ、若手ピアニストのトップとの評価を揺るぎないものとしているユジャ・ワン。ここのところ、毎年カーネギー・ホールに客演しているが、今シーズンは12月にお目見え!

      Wang 1

リサイタルのたびに、多彩な選曲で、レパートリーの広さを見せているワンだが、今回のリサイタルは、シューベルトスクリャービンを軸にしたプログラム。

 Wang 3

プログラムの開始はリスト編曲によるシューベルトの歌曲から。歌曲集「白鳥の歌」と「美しき水車小屋の娘」から3曲が演奏されたが、これは達者だが無難な演奏といった感じで、特に強く印象に残るところはなかった。こういった曲でプログラムを始めるのは、最近は珍しいのではないだろうか。

 Wang 2

続いて、シューベルト最晩年のピアノ・ソナタ3曲の一つ、ソナタ第20番。こちらも達者な演奏である事には変わらないが、どことなく流動感に欠ける感じがして、奏者と曲との間に距離がある印象。どんな曲でもそれなりに聴かせるのはさすがだが、シューベルトはまだまだこれから、といったところだろうか。

 Wang 4

ドイツ・ロマン派から一転して、後半のプログラムはスクリャービンとバラキレフという、ロシアの後期ロマン派の作曲家の曲が並べられた。

 Wang 5

スクリャービンからは、初期のショパンの影響が色濃い曲から、神秘主義の影響が色濃く表れている後期の作品まで6曲が演奏されたが、こちらはいずれも色彩豊かに、素晴らしい技巧を発揮して弾き切った名演でうならせた。

 Wang 6

プログラムの最後に据えられたのは、バラキレフの技巧的で華やかなイスラメイ。こういった曲を弾かせたら右に出るものがないワン、切れ味のある技巧を最大限に発揮した、大向こうをうならせるといった感じの演奏で締めくくり!

 Wang 7

アンコールは、シューマンからシューベルトショパン、さらにはホロヴィッツ編曲のカルメン等、これまた多彩な選曲で5曲も演奏し、歌舞伎役者が大見えを切るかのような派手は終わり方で、観客も拍手喝采。シューベルトは今後の熟成を待つとしても、来年のリサイタルがまた楽しみです!

 Wang 8

ユジャ・ワン ピアノ・リサイタル
Schubert: Liebeshotschaft from Schwanengesang, D.957
Schubert: Aufenthalt from Schwanengesang, D.957
Schubert: Der Muller und der Bach from Die Schone Mullerin, D 798 (all arr. Liszt)
Schubert: Piano Sonata No. 20 in A Major, D.959
Scriabin: Prelude for the Left Hand, Op. 9-1
Scriabin: Prelude in F-sharp minor, Op. 11-8
Scriabin: Fantasy in B minor, Op. 28
Scriabin: Prelude in B-flat minor, Op. 27-1
Scriabin: Two Poems, Op 63
Scriabin: Piano Sonata No. 9 , Op. 68 "Black Mass"
Balakirev: Islamey
(Encores)
Schumann: Der Kontrabandiste, Bar, Op 74-10 (arr. Tausig)
Schubert: Gretchen am Spinnrade, D.118 (arr. Liszt)
Bizet: Carmen Variations (arr. Horowitz)
Chopin: Waltz in C-sharp minor, Op. 64-2
Youmans: Tea for Two (arr Tatum)
2014年12月11日、カーネギー・ホール


⇒ 昨シーズンのカーネギー・ホール・リサイタル感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード