トランスフォーマー/ロストエイジ

タカラトミーの玩具ロボットから派生した、スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮・マイケル・ベイ監督のご存知人気アクション映画シリーズの第4弾。今作よりキャストは一新され、主演はシーア・ラブーフからマーク・ウォルバーグに代わっている。全米では2014年6月に公開され、公開週より2週連続で興行ランキングのトップに立つなど、相変わらずの人気ぶりだった。

      Transformers.jpg

オプティマスオートボットと宿敵ディセプティコンとの死闘から4年たったアメリカオートボットの存在が邪魔になった政府は、彼らを取り締まる秘密機関KSIを組織し、オートボット狩りを展開していた。

 Extinction 1

そんな中、テキサスのしがない発明家ケイド(ウォールバーグ)が、偶然安価で手に入れたトラックが潜伏していたオプティマスであった事から、ケイドと娘のテッサ(ニコラ・ペルツ)テッサの恋人シェーン(ジャック・レイナー)らもKSIに狙われる事にる。

 Extinction 2

危機一髪でオプティマスに助けられたケイドたちだが、新しいディセプティコンロックダウンが地球に襲来し、さらにはダイナボットも復活する。オプティマスたちオートボットは、地球の危機を救うため、ケイドたちと力を合わせ、再び立ち上がる...

 Extinction 3

キャストが一新されたトランスフォーマー・シリーズの第4弾。登場人物が多くなってストーリーが込み入った感じになったものの、肝心のアクション・シーンの邪魔にならない程度に収まっている。

 Extinction 4

一段と精緻になったトランスフォーマーたちが縦横無尽に繰り広げるアクション・シーンはこのシリーズのファンにはたまらないものだろうが、これまで同様、私には精緻過ぎて、敵味方が入り乱れての戦闘シーンになると、どれがどれだか全く分からない状態で、映画に集中しにくい。。。

 Extinction 5

4作目ともなると、個人的にはマンネリ感を感じさせるのだが、2014年の全米興行ランキングの7位に入っていることからすると、まだまだ人気は衰えなさそう。第5弾は2016年の公開が予定されている。  ⇒ 6/10点

 Extinction 6

トランスフォーマー/ロストエイジ
Transformers: Age of Extinction (2014年・アメリカ)
監督: Michael Bay
キャスト: Mark Wahlberg, Nicola Peltz, Jack Reynor, Stanley Tucci, Kelsey Grammer, Bingning Li, T.J. Miller ほか
上映時間: 165分


⇒ 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(11年)感想

⇒ ウォールバーグ主演作「ローン・サバイバー」(14年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード