北米興行成績 (2015年3月30日)

全米が March Madness と呼ばれるバスケットボールの大学選手権に熱中するこのシーズン、例年、観客動員数が伸び悩む中、先週末は全米公開作が2本公開されたが:

① Home (初登場)
② Get Hard (初登場)
③ The Divergent Series: Insurgent (第2週、前週1位)
④ Cinderella (第3週、前週2位)
⑤ It Follows (第3週、前週圏外)
⑥ Kingsman: The Secret Service (第7週、前週5位)
⑦ Run All Night (第3週、前週3位)
⑧ The Second Best Exotic Marigold Hotel (第4週、前週7位)
⑨ Do You Believe? (第2週、前週6位)
⑩ The Gunman (第2週、前週4位)


興行収入54百万ドルでトップに立ったのが、最近ヒット作に恵まれていなかったドリーム・ワークス・アニメーションの最新アニメ映画、"Home"。ファミリー層を中心とする観た人の平均評価も A- と良く、ドリームーワークスにとっては久々のヒット作となりそう。

      Home Poster

その "Home" とトップを争うとみられていた、人気絶頂のコメディアン、ケヴィン・ハートウィル・フェレルと共演した刑務所ものコメディ、"Get Hard" は興行収入35百万ドルで大きく離されての2位に終わった。観た人の平均評価は B- とまあまあ。

      Get Hard Poster

興行収入4百万ドルで前週の圏外から5位に入ったのが、公開5週目に上映館数を32館から1218館に拡大したインディー系ホラー映画、"It Follows"。ホラー映画としては珍しく批評家からの評判が高いの注目される。

      It Follows Poster

限定公開作で評判が高かったのは、4館で公開されたベン・スティラーナオミ・ワッツが共演した "While We're Young"。監督のノア・バームバックとスティラーはこれが2度目のコンビだが、前作の「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」(10年)は個人的にあまり好きになれなかったのだが、本作はどうだろうか。

      While Were Young Poster

反対に、「世界にひとつのプレイブック」(12年)でも共演したジェニファー・ローレンスブラッドレイ・クーパーの注目の "Serena" は、60館での公開となったが、観客動員は今ひとつのようだ。

      Serena Poster
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード