王様と私 ~ 渡辺謙の圧倒的な存在感!

今シーズンのブロードウェイ最大の話題作の一つとなったミュージカル「王様と私」のリバイバル。日本人の私達にとっての最大の関心は、勿論渡辺謙ブロードウェイ初挑戦。トニー賞の発表の興奮冷めやらぬ6月末に念願かなって、会場のリンカーン・シアターに!

 King and I 1

マーガレット・ランダンの小説「アンナとシャム王」を原作とした1946年の映画をベースに、ロジャース&ハマースタインの黄金コンビによって1951年にミュージカル化されたブロードウェイの往年の名作。日本では、ユル・ブリンナーデボラ・カーの主演で1956年に映画化され、アカデミー賞で5部門を獲得した作品で有名。今回のリバイバル版は最近、メトロポリタン・オペラでもおなじみになったバートレット・シャーの手によるもの。今年のトニー賞では、見事ミュージカル・リバイバル作品賞に輝いたほか、ケリ-・オハラミュージカル主演女優賞ルーシー・アン・マイルズミュージカル助演女優賞を獲得している。

      King and I 2

映画で親しんでいた作品ながら、舞台で見るのは今回が初めてだったが、ちょっとエキゾチックだが、ロジャース&ハマースタインらしい、親しみやすいメロディ満載の楽しいミュージカル。惜しくもミュージカル主演男優賞を逃した渡辺謙だが、舞台での存在感は圧倒的で、歌や踊り、コミカルな演技も全て堂に入っていてさすがの一言だった!

 King and I 3

ブロードウェイきっての実力派、オハラの歌唱も勿論素晴らしかったし、全体的に水準の高い舞台。その中でも、やはり渡辺謙の舞台姿には同じ日本人としてジーンときました!

 King and I 4

終演後、もちろん楽屋口で出待ち。出てきた謙さん、気さくにサインに応じ、ファンと言葉を交わしていました。

 King and I 5

私もサインをしてもらった上に、お話する事まで出来て、感動も倍増! 舞台でのエネルギッシュな姿とうって変わって、穏やかな表情を見せていたのが印象的でした。

      King and I 6

The King and I
音楽: Richard Rodgers
台本・歌詞: Oscar Hammerstein II
演出: Bartlett Sher
振付: Christopher Gattelli (オリジナル: Jerome Robbins)
King of Siam: Ken Watanabe
Anna Leonowens: Kelli O'Hara
Lady Thiang: Ruthie Ann Miles
Tuptim: Ashlery Park
Lun Tha: Kelvin Moon Loh
Sir Edward Ramsey: Edward Baker-Duly
Prince Chulalongkorn: Jon Viktor Corpuz
Captain Orton: Murphy Guyer
Louis Leonowens: Jake Lucas
Kralahome: Paul Nakauchi
Phra Alack: Marc Oka ほか
2015年6月30日、リンカーン・センター・シアター
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

謙さん、こちらの県のご出身なんです。
>私もサインをしてもらった上に、お話する事まで出来て、感動も倍増! 舞台でのエネルギッシュな姿とうって変わって、穏やかな表情を見せていたのが印象的でした。
郷土の星の活躍ぶりが、とても嬉しいです。

今年は9月にニューヨークに行くので、謙さんの舞台を見れず、
とても残念です。

Re: No title

Yok さま、いつもコメントありがとうございます。そなんですね! 9月は残念ですが、謙さんは来年また戻ってくるらしいです。
プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード