清須会議 ~ 時代劇でも三谷幸喜らしさ全開!

ヒット・メーカー、三谷幸喜が、17年ぶりに発表した自身の小説を映画化したもの。日本では2013年11月に全国公開され、公開週より2週連続で興行ランキングのトップに立つヒット作となった。

      Kiyosu Poster

本能寺の変によって織田信長(篠井英介)が暗殺され、家中が動揺する中、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)羽柴秀吉(大泉洋)が後継者に名乗りを上げようと動き出す。

 Kiyosu 1

勝家は信長の三男、信孝(坂東巳之助)秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)信長の後継としてそれぞれ推挙し、さらに勝家信長の妹・お市(鈴木京香)秀吉信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付ける。

 Kiyosu 2

両派の思惑が複雑に交錯する中、いよいよ跡継ぎを決めるための清須会議が開催される事になる...

 Kiyosu 3

三谷監督初の時代劇映画だが、そこは彼らしく、戦国時代を舞台としながらも、軽妙なテンポでお得意の人間模様が描かれていく。

 Kiyosu 4

ストーリーに重厚感がないのは気にならないのだが、描かれている人間喜劇がちょっと軽過ぎる印象を受けるのが難点。つまらないという事はないのだが、見終わった後、何も残らないというか... 良くも悪くも三谷監督らしい作品。  ⇒ 6/10点

 Kiyosu 5

清須会議
(2013年・日本)
監督: 三谷幸喜
キャスト: 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島 進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しんぺー、染谷将太、篠井英介、戸田恵子、梶原 善、瀬戸カトリーヌ、近藤芳正、浅野和之、中村勘九郎、天海祐希、西田敏行 ほか
上映時間: 138分


⇒ 役所広司主演作「わが母の記」(12年)感想 ~ オススメ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード