セッション ~ J・K・シモンズの怪演(?)が印象的な音楽映画

これが長編初監督作品となる新鋭デイミアン・チャゼルによる音楽映画。2014年のサンダンス映画祭グランプリと観客賞に輝いた後、全米では2014年10月に限定公開され、今年のアカデミー賞では、作品賞をはじめ5部門でノミネートされ、J・K・シモンズが助演男優賞に輝いたほか、編集賞・録音賞を受賞している。

      Whiplash Poster

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになる事を夢見る青年ニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(シモンズ)だった。

 Whiplash 1

ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さないフレッチャーに怯えながらも、その指導に必死に食らい付いていき、練習に集中するために恋人のニコル(メリッサ・ブノワ)とも別れるニーマン

 Whiplash 2

だが、ニーマンがバンドの正ドラマーに昇格した後、フレッチャーのレッスンは一段と狂気じみたものになっていくのだった...

 Whiplash 3

音楽映画というよりは、嫉妬や愛憎入り混じった師弟関係の異様な緊迫感が印象に残る映画。アカデミー賞に輝いたJ・K・シモンズの演技は確かに際立っているが、ニュアンスに満ちた演技というよりは、怪演といった方がいいような(と言っても別に異常人格者と言う訳では全然ありません)...

 Whiplash 4

世間では音楽映画としての評価が高いこの作品だが、逆に私は音楽的な要素は非常に希薄な感じを受けた。チャゼル監督は音楽を主題にしたのではなく、あくまでも人間関係を主題にしている感じがするのだが、どうだろうか?  ⇒ 7/10点

セッション
Whiplash (2014年・アメリカ)
監督: Damien Chazelle
キャスト: Miles Teller, J. K. Simmons, Paul Reiser, Melissa Benoist, Austin Stowell, Nate Lang, Chris Mulkey, Damon Gupton, Suanne Spoke, Max Kasch, Jayson Blair, Kofi Siriboe, Kavita Patil, Michael Cohen, Kofi Siriboe, April Grace, Henry G. Sanders ほか
上映時間: 106分
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード