イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密: 2014年ベストのひとつ!

第2次世界大戦中、難解といわれたドイツ軍の暗号「エニグマ」を解き明かした、イギリスの天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた、アンドリュー・ホッジスの伝記 "Alan Turing: The Enigma" を、モルテン・ティルドゥム監督が映画化したスリラー・サスペンス。全米では2014年11月に限定公開され、上映館数が拡大された翌年1月に、興行ランキングの6位にランクインしている。アカデミー賞では、作品・監督・主演男優(ベネディクト・カンバーバッチ)・助演女優(キーラ・ナイトレイ)など8部門でノミネートされ、脚色賞を受賞している。

      Imitation Game Poster

1939年、第2次世界大戦下のイギリス。若き天才数学者アラン・チューリング(カンバーバッチ)は、誰も解読する事が出来ない、難解なドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。

 Imitation Game 1

周囲の反対を押し切って、女性のジョーン・クラーク(ナイトレイ)を雇ったチューリング、高慢で不器用な彼は作業に没頭するあまり、仲間から孤立していくが、紆余曲折を経て、次第にチームも一丸となっていき、不可能と思われるエニグマの解読に立ち向かっていく...

 Imitation Game 2

第二次世界大戦のターニングポイントの一つとなった、ドイツ軍の暗号エニグマの解読の立役者だったチューリングを描いたこの映画、前半は、チューリングたちが暗号の解読に奮闘していく様を、サスペンス映画を観ているような感覚で、鮮やかに描いていく。

 Imitation Game 3

後半は、英雄となったチューリングが、戦後一転して、当時のイギリスでは罪に問われる対象だった、同性愛疑惑に問われ、表舞台から消えて周囲からも忘れ去られていくさまを描いてるのだが、とにかく、このエキセントリックなチューリングを演じたカンバーバッチが一貫して素晴らしい演技で、見応えがある。個人的には2014年ベストワンの演技!

 Imitation Game 4

今まで知らなかった第2次大戦中の興味深い実話に触れる事が出来るのみならず、サスペンス的要素も巧みに織り込んで、映画としての面白さも万全、カンバーバッチの素晴らしい演技と、3拍子揃った作品!  ⇒ 10点満点!

イミテーション・ゲーム
Imitation Game (2014年・ イギリス/アメリカ)
監督: Morten Tyldum
キャスト: Benedict Cumberbatch, Keira Knightley, Matthew Goode, Rory Kinnear, Allen Leech, Matthew Beard, Charles Dance, Mark Strong, James Northcote, Steven Waddington, Tom Goodman-Hill, Alex Lawther, Jack Bannon, Tuppence Middleton, David Charkham, Victoria Wicks ほか
上映時間: 114分


⇒ カンバーバッチ出演作「8月の家族たち」(13年)感想

⇒ ナイトレイ主演作「はじまりのうた」(13年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード