グローリー/明日への行進

アメリカ公民権運動の波が高まる中、キング牧師が先導したデモに端を発した血の日曜日事件を描いた歴史ドラマ。2014年11月のAFI映画祭でプレミエ上映された後、全米では同年12月に限定公開された。翌年のアカデミー賞では作品賞ほか2部門でノミネートされ、歌曲賞を受賞している。

      Selma Poster

1960年代の米国、度重なる妨害にも関わらず、公民権運動は徐々に高まりを見せていた。そのような中の1965年3月、運動の主導者の一人、マーティン・ルーサー・キング牧師(デヴィッド・オイェロウォ)は、アラバマ州セルマで、黒人の有権者登録への妨害に抗議する州都モンゴメリーへのデモ行進を組織する。

 Selma 1

ところが、デモ行進が始まって間もなく、アラバマ州知事で人種隔離主義者のジョージ・ウォーレス(ティム・ロス)が差し向けた警官隊が、デモを制圧しようとする...

 Selma 2

「血の日曜日」として世界中に知れ渡る事になる、アメリカ公民権運動の大きな転機となった事件を頂点に、史実を丹念に描きながら、運動の中心人物であるキング牧師が苦悩しながらも信念を貫いていく姿を追っていく歴史ドラマ。

 Selma 3

キング牧師を演じたオイェロウォをはじめ、オプラ・ウィンフリーらの誠実な演技によって、堂々たる感動作になっているが、もう一つ映画として踏み込んだものが欲しかった気がする。  ⇒ 7/10点

 Selma 4

グローリー/明日への行進
Selma (2014年・アメリカ)
監督: Ava DuVernay
キャスト: David Oyelowo, Tom Wilkinson, Cuba Gooding, Jr., Alessandro Nivola, Carmen Ejogo, Lorraine Toussaint, Colman Domingo, Tim Roth, Oprah Winfrey, Tessa Thompson, Nigel Thatch, Ruben Santiago-Hudson, Andre Holland, Common, Trai Byers, Dylan Baker, Stephen Root, Wendell Pierce, Henry G. Sanders, Stephan James ほか
上映時間: 127分


⇒ ホワイト・ハウスで執事を務めた黒人男性の目からアメリカ史を描いた「大統領の執事の涙」(13年)感想 〜 オススメ!

⇒ 公民権運動に取り組む若い白人女性の姿を描いた「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」(11年)感想 〜 オススメ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード