リヒャルト・シュトラウスの生涯をたどって: その7 〜 晩年

これまで、政治の世界からは離れたところに身を置いていたシュトラウスだが、1933年にナチスが政権を握ってからは、そういう訳にもいかなくなってきた。

  Nazis Parade

1933年3月には、ナチスの脅迫から逃れてウィーンに移ったブルーノ・ワルターのピンチ・ヒッターとして、ベルリン・フィルを指揮したのを皮切りに、8月にはバイロイト音楽祭に、これまたナチス政権に抗議して降板したアルトゥーロ・トスカニーニの代役を務めている。

 Strauss_20151207114416883.jpg

この後、政権の広告塔をとしてのシュトラウスの価値を認識した宣伝大臣、ヨーゼフ・ゲッペルスに任命され、ドイツ帝国音楽局総裁に就任する。

 Strauss and Goebbels
 ゲッベルスシュトラウス

ナチス政権の実態に無頓着だったシュトラウスは、むしろ当時はびこっていた、シュトラウスに言わせれば品のない通俗音楽からドイツ芸術を守ろうという使命感に燃えていた。

 Strauss 1944
 1944年頃のシュトラウス

ところが、ユダヤ人のシュテファン・ツヴァイクの台本によるオペラ「無口な女」の上演をめぐるゴタゴタから、ナチスとの関係も程なく悪化して、1935年7月には音楽局総裁のポストを辞任し、ウィーンで謹慎生活を送る羽目になる。

 Zweig.png
ツヴァイク

但し、ここで作曲に費やす時間が出来たせいか、シュトラウスは矢継ぎ早にオペラ「平和の日」「ダフネ」「ダナエの愛」を発表するのだが、才能のある台本作家に恵まれなかったせいか、いずれもシュトラウスを代表するものとはいえない出来に終わった。

 Danae.jpg
 「ダナエの愛」初演時のシュトラウス

ところが、ツヴァイクが始めた台本を、名指揮者クレメンス・クラウスを引き継いで完成させたシュトラウス最後のオペラ、「カプリッチョ」は、最後を飾るにふさわしい作品となった。戦況が悪化する中の1942年10月にバイエルン国立歌劇場で初演されたこの作品、シュトラウス自身は「生涯最高の作品」と語っていたという。

 Bayerische Staatsoper

次第に敗戦の色が濃くなる中、次に生み出された傑作が弦楽合奏のためのメタモルフォーゼン「23人のソロ弦楽奏者のための習作」という副題の通り、それぞれの奏者に独立したパートを与えたこの異色の作品は管弦楽法の達人シュトラウスの匠の技が最高度に発揮された作品となった。

 Strauss_20151207122945b9e.jpg
 作曲中のシュトラウス

そして、ガルミッシュで迎えた敗戦。再び全財産を失ったシュトラウス一家はスイスモントルーに腰を落ち着ける。名指揮者ウィルヘルム・フルトヴェングラーと共に、ナチス協力者のレッテルを貼られる中、1947年10月には、イギリスの名指揮者トーマス・ビーチャムに招聘されて、ロンドンで生涯最後コンサートの指揮をする。

 Strauss in London
 ロンドンでタクトを握るシュトラウス

健康状態が徐々に衰えていく中、モーツァルトを思わせるような清冷なオーボエ協奏曲ホルン協奏曲、人生の最後を迎えた諦念が色濃く感じられる絶筆となった、「最後の四つの歌」など、キラ星のごとく傑作を生み出し、1949年9月8日に世を去った。85年の生涯であった。

メタモルフォーゼン
Kempe_20151207125111855.jpg
メタモルフォーゼン
ルドルフ・ケンぺ指揮 ドレスデン・シュターツカペレ (1973年 録音)

第二次世界大戦末期、ドイツ敗戦の色が濃くなっていた1945年に作曲された、弦楽合奏のための作品。

 Strauss_2015120712571582d.jpg

「23人のソロ弦楽奏者のための習作」という副題が付けられている通り、奏者一人一人のパートが独立しているのが大きな特徴で、ドイツ語で変容を意味するメタモルフォーゼンの名の通り、終末部に現れるベートーヴェン英雄交響曲第2楽章「葬送行進曲」の主題に向けて、導入部の主題が様々に変容していく。オーケストレーションの大家であったシュトラウスの技が、23人のソリストを自在に動かして最高度に発揮された、奇跡のような作品。

ルドルフ・ケンペ率いる、シュトラウスともゆかりの深いドレスデン・シュターツカッペレの奏者達の優秀な技量によって、この曲の素晴らしさを余すところなく表現した録音。このコンビによるシュトラウスのオーケストラ曲全集に含まれているが、CD9枚で3,000円を切る値段という信じられない内容。マスタリングされた音質も素晴らしく、シュトラウス好きなら、是非持っていたいCD!

 Kempe_20151207130734021.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード