キャバレー 〜 ボブ・フォッシーがライザ・ミネリの魅力を引き出す!

ジョン・V・ドルーテンの舞台 "I am Camera" を、名振付師ボブ・フォッシーが映画化したもの。ヴィンセント・ミネリ監督「オズの魔法使」(39年)ジュディ・ガーランドの娘、ライザ・ミネリが主演して一躍注目を浴びた事で知られる。全米では1972年に公開され、1973年のアカデミー賞では、そのミネリが主演女優賞を獲得したのをはじめ、監督賞など8部門で栄冠に輝いている。また、アメリカン・フィルム・インスティテュートが2007年に発表したアメリカ映画ベスト100では、63位にランクインしている。

      Cabaret Poster

1930年代、ナチス台頭前夜のベルリン。スター歌手になる事を夢見てこの街にやってきたアメリカの若い女性サリー(ミネリ)は、エムシー(ジョエル・グレイ)が仕切るキャバレー、キットカットクラブで働いていた。

 Cabaret 1

ある日そんなサリーのもとに、イギリスから留学生のブライアン(マイケル・ヨーク)がやってくる。二人は固い友情で結ばれるが、そこにマクシミリアン男爵(ヘルムート・グリーム)という青年貴族が登場し、二人の関係にも微妙な変化が生じていく…

 Cabaret 2

ナチス台頭前夜、爛熟した文化が頂点に達していたベルリンの退廃的な雰囲気を背景に展開される映画で、ミュージカルと思いきや、むしろ音楽で彩られた映画といった感。

 Cabaret 3

ライザ・ミネリは美人とは思わないし、演技も上手いとは思わないのだが、この映画が醸し出す雰囲気と完全に結びついて、強烈な存在感を発揮している。ストーリー展開は今ひとつのような気がするし、この点ではミュージカルの方がまとまりがあるように思うのだが、とにかくミネリのためにあるような映画!  ⇒ 7/10点

 Cabaret 4

キャバレー
Cabaret (1972年・アメリカ)
監督: Bob Fosse
キャスト: Liza Minnelli, Michael York, Joel Grey, Helmut Griem, Fritz Wepper, Marisa Berenson, Helen Vita, Oliver Collingnon ほか
上映時間: 125分
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード