聯合艦隊司令長官 山本五十六: 役所広司の誠実な演技で描かれる等身大の山本五十六像

連合艦隊司令長官としてラバウルで戦死した山本五十六の姿を描いた歴史ドラマ。日本では2011年12月に全国公開され、公開週に興行ランキングの2位にランクインしている。

      Yamamoto Poster

昭和14年夏、陸軍や世論が日独伊三国同盟へと傾く日本。その中で、海軍は、大臣の米内光政(柄本明)や次官の山本五十六(役所)を筆頭に、反対の立場を取り続けていた。

 Yamamoto 1

しかし、陸軍の思惑通り、三国同盟が締結され、第2次世界大戦が勃発、日本も、米国との戦争が不可避の情勢になってくる中、連合艦隊の司令長官となっていた山本は、ハワイ・真珠湾を攻撃する作戦を練り始める…

 Yamamoto 2

最新映像技術に基づいた海戦シーンは、もちろん迫力十分なのだが、そういったシーンよりも、等身大の山本五十六を描くことに焦点を当てた作品。そのため、山本の日常シーンもかなり織り込まれていて、山本の人間性を浮かび上がらせようという努力がうかがわれる。そういう意味では新鮮な印象を受ける作品。

 Yamamoto 3

但し、その観点から見れば、山本の人間としての弱さなどはこの映画からは伺い知れず、最後まで立派な人物として描かれている事が、逆に物足りない気がする。役所広司は、重厚に演じていてさすが。  ⇒ 7/10点

 Yamamoto 4

聯合艦隊司令長官 山本五十六
(2011年・日本)
監督: 成島出
キャスト: 役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、五十嵐隼士、坂東三津五郎、原田美枝子、瀬戸朝香、田中麗奈、中原丈雄、中村育二、伊武雅、宮本信子、香川照之 ほか
上映時間: 141分


⇒ 成島監督の「ふしぎな岬の物語」(14年)感想

⇒ 役所浩司 出演作「清須会議」(13年)感想

⇒ 柄本明 出演作「一枚のハガキ」(10年)感想

⇒ 原田美枝子 出演作「蜩の記」(14年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード