太陽はひとりぼっち: イタリアの名匠ミケランジェロ・アントニオーニ監督の代表作

生涯、人間性と愛について探求する映画を撮り続けてきたミケランジェロ・アントニオーニ監督(1912〜2007年)による、「愛の不毛」3部作の最終編。本国イタリアでは1962年に公開され、同年のカンヌ映画祭では審査員特別賞を受賞している。

      Eclisse Poster

1960年代初めのローマ。婚約者のリッカルド(フランシスコ・ラバル)と別れたばかりの若い女性ヴィットリア(モニカ・ヴィッティ)だが、(今でいう)デイトレーダーである彼女の母親(リッラ・ブリニョーネ)は、証券取引所に入り浸っていて、彼女の話をろくろく聞こうとはしない。

 Eclisse 1

独り身の退屈を紛らわせようと、女友達のアパートでどんちゃん騒ぎをしたり、その夫の操縦するセスナに乗ってみたりしたものの、心にぽっかり開いた穴は、塞がる気配がない。一方の母親は、株式相場の暴落で今にも自殺しそうな状況。

 Eclisse 2

そんな中彼女は、株式取引所で以前から見かけていた若い仲買人のピエロ(アラン・ドロン)と親密になるのだが…

 Eclisse 3

アントニオーニ監督を代表する「愛の不毛」3部作の最終編である本作、高度成長期のイタリア社会の中で、愛だけではなく、人々の心のつながりが希薄になっている様を描いた、いかにもアントニオーニ監督らしい作品。

 Eclisse 4

アントニオーニのミューズと言われ、三部作全てに出演しているヴィッティは、ちょっとけだるさも感じさせる独特の存在感を発揮していて、対する当時新進気鋭のドロンは心を感じさせない色男ぶりを遺憾なく発揮している。

 Eclisse 5

ストーリーがあってないようなこの映画は、独特の映像描写の中に、監督が追求した人間関係の喪失・愛の不毛をどの程度感じ取るかによって、大きく評価が分かれるような気がする。一般的には評価の高い作品だが、私にはちょっとピンとこなかった…  ⇒ 6/10点

太陽はひとりぼっち
L'Eclisse (62年・イタリア)
監督: Michelangelo Antonioni
キャスト: Monica Vitti, Alain Delon, Francisco Rabal, Lilla Brignone, Louis Seigner, Rosasna Rory, Mirella Ricciardi ほか
上映時間: 126分
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード