そして父になる: 是枝監督らしい、誠実な作りの映画

「誰も知らない」(04年)で注目を集めた是枝裕和監督の2013年の作品。同年のカンヌ映画祭でプレミエ上映され、高い評価を得た後、日本では同年9月に全国公開され、公開週より2週連続で興行ランキングのトップに立っている。また、翌年の日本アカデミー賞では、作品賞をはじめ10部門でノミネートされ、助演男優(リリー・フランキー)・助演女優(真木よう子)の2部門で受賞を果たしている。

      Father Poster

高学歴のエリート・サラリーマンの良多(福山雅治)は、妻・みどり(尾野真千子)、息子の慶多(二宮慶多)と円満な家庭も築き、申し分のない生活を送っていた。

 Father 1

そんなある日、6年間息子と思って育ててきた慶多が、生まれた日に病院内で取り違えられた他人の子だった事が判明する。突然の事に、自分の気持ちを整理する事が出来ないまま、良多は、群馬で小さな電気屋を営んでいる斎木雄大(フランキー)・ゆかり(真木)夫婦と、彼らの長男として育てられた実の息子・琉晴(黄升炫)と対面する…

 Father 2

これまで育ててきた子供が他人の子供だった事を知った二組の家族の様子を、是枝監督らしく、淡々と、誠実に追っていた映画。エリート社員で、他人がどう考えているかは御構い無しに、自分の価値観を押し通そうとする良多と、その対極にあるかのような雄大。その対照が映画のリズムを作っていきながら、物語は進行していく。

 Father 3

ストーリーは、フランスロレーヌ・レヴィ監督の2012年の作品、「もうひとりの息子」と良く似ていて、メンツを重んじる父親たちに比べ、母親同士の方が先に打ち解けていくところなどはそっくりだが、こちらの方は息子たちが18歳とティーンエイジャーになっていて、子供達も含めた当事者達の感情の揺れ動きが、よりきめ細かく描かれていて、ユダヤ人とアラブ人の家族という、宗教的・政治的な要素も盛り込まれているので、さらに映画に奥行きが出ている感じがする。

 Father 4
 Autre Fils
 「もうひとりの息子」

ともあれ、この映画も心に残る佳作でした。  ⇒ 8/10点

 Father 5

そして父になる
(2013年・日本)
監督: 是枝裕和
キャスト: 福山雅治、尾野真千子、リリー・フランキー、真木よう子、二宮慶多、黄升炫、中村ゆり、高橋和也、田中哲司、井浦新、ピエール瀧、小倉一郎、吉田羊、大河内浩、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、滝沢美結、押場大和 ほか
上映時間: 120分


⇒ ロレーヌ・レヴィ監督の「もうひとりの息子」(12年)感想 〜 オススメ!

⇒ 福山雅治 出演作「るろうに剣心 伝説の最期編」(14年)感想

⇒ 尾野真千子 出演作「謝罪の王様」(13年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード