ピエール・ブーレーズを偲んで: 二つのオケコン

Bartok 1
バルトーク: 管弦楽のための協奏曲 ほか
ピエール・ブーレーズ指揮 シカゴ交響楽団(1992年 録音)

Bartok 2
バルトーク: 管弦楽のための協奏曲 ほか
ピエール・ブーレーズ指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック (1972年 録音)

現代を代表する作曲家で、指揮者としても幅広く活躍したピエール・ブーレーズが1月5日に90歳で亡くなった。

 Boulez 1

作曲家としては、十二音音楽の理論をさらに推し進めたセリー技法の完成者として有名だが、理論に偏ったように見えるその音楽は、彼の作品で家に唯一あったピアノ・ソナタ第2番(ピアノはマウリツィオ・ポリーニ)を聴いても、あまり魅力的とは思えない。

Sonata 2

指揮活動も作曲に劣らず活発に行い、BBC響の首席指揮者やニューヨーク・フィルの音楽監督などの主要ポストを務め、CBSグラモフォンなどに膨大な録音も行っている。

 Boulez 2
 1973年、ニューヨーク・フィルの音楽監督在任中のブーレーズ

録音に残されたレパートリーは、モーツァルトベートーヴェンなどのドイツ古典派音楽こそないものの、得意の近現代の音楽はもとより、ワーグナーのオペラまで幅広い。

Ring_20160120122620cce.jpg
大きな話題を呼んだバイロイト音楽祭でのニーベルンクの指環の全曲録音

その音楽作りは、自身の作品同様、感情に流されない、いわゆる理知的なイメージが強く、晩年に録音したマーラーの交響曲などは、バーンスタインなどの演奏とは対極にあるかのようなクールな演奏で、あまりマーラーらしさを感じさせないものになっているが、ストラヴィンスキーやバルトーク、それにラヴェルなどの演奏は、彼の特質が最大限に発揮された素晴らしい演奏の数々を残してくれた。

 Boulez 3
 最晩年の指揮姿

私がその中でも愛聴しているのが、バルトークの代表作である管弦楽のための協奏曲の録音。ニューヨーク・フィルの音楽監督を務めている頃、1972年に録音されたものと、その20年後、1992年にシカゴ響を指揮して録音した盤の2種類が残されていて、いずれも名盤として知られている。

 Boulez 4
 同時代の作曲家仲間たち、ルイジ・ノーノカールハインツ・シュトックハウゼン

マルチ・チャンネルで効果的に響くように、特殊な楽器配置を行った上で録音した1972年盤(楽器配置はCDジャケット参照)は、各声部の明確な描き分けと歯切れの良さが身上。一方で、1992年盤は各声部の明瞭さはそのままに、ゆったりとしたテンポでスケールの大きさも合わせ持つ、まさに円熟の演奏。どちらの演奏も好きだが、シカゴ響の優秀な機能性を生かし切った92年盤に軍杯が上がるだろうか。でも、二つとも是非聴いて欲しい録音です!

     Boulez 5
     ニューヨーク・フィルの前任の音楽監督だったレナード・バーンスタイン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード