今週のジュリアード・プレカレッジ

早いもので、今年のプレカレッジも1年の半ばを過ぎ、オーケストラの2回目の定期演奏会プレカレッジには String Ensemble、Pre-College Symphony、Pre-College Orchestra の3つのアンサンブルがあり、年少は弦楽アンサンブル、年長は Orchestra というように、年齢によって所属が割り振られていたのだが、どうやら父母の間から、不公平だという声が出て、年齢に関係なくそれぞれのアンサンブルに割り振られる事になったとの事。日本でもアメリカでも親が過熱気味になるのは変わらないようだ。

 PCO 1

さて、今回娘が所属した Pre-College Orchestra のコンサート、プログラムはガーシュウィンのキューバ序曲ヴュータンのヴァイオリン協奏曲第5番、そしてメインにシューベルトの長大な交響曲第9番というプログラム。

 PCO 2

明るく華やかなガーシュウィンは、若者たちらしく、ノリの良い演奏!

続くヴュータン、ソリストに選ばれたのは中国出身で高校2年生の女の子。色々なコンクールでの優勝・入賞経験も十分なようで、安定感のある堂々たる演奏ぶり。それにしてもこの曲、ヴァイオリン弾きにとってはポピュラーな曲だと思うが、堂々たる1楽章に比べ、2楽章・3楽章にかけて段々曲が短くなってきて、3楽章なんてエッ、これで終わり? といつも思わせる変な曲。。。ヴュータン先生、作曲していて最後に霊感が尽きてしまったのだろうか??

メインのシューベルト、かってシューマン「天国的に長い」と評した通り、全曲を通じて、同じ動機がしつこく繰り返されるので、弾いていても疲れるらしいが、こちらも若者たちらしい、情熱的な演奏で、聴いているこちらも眠くなる事なく、シューベルトの旋律の美しさを堪能させてもらいました!

 PCO 3

Juilliard Pre-College Orchestra Concert
指揮: Adam Glaser
Gershwin: Cuban Overture
Vieuxtemps: Violin Concerto No. 5 in A minor, Op. 37
(ヴァイオリン独奏: Kit Ying Chen)
Schubert: Symphony No. 9 in C Major, D. 944
2016年2月20日、ピーター・ジェイ・シャープ・ホール(ジュリアード音楽院)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイオリン
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード