ザ・ウィメン: 女優のみ出演の映画の中で、ジョーン・クロフォードの悪女ぶりがひときわ光る!

1936年にニューヨークで初演されたクレア・ブース・ルースの戯曲を、ジョージ・キューカー監督が1939年に映画化したもの、出演者は全て女優で、男優が一切出演していない事でも話題を呼んだ。2008年には、ダイアン・イングリッシュ監督の下、メグ・ライアンアネット・ベニングらの共演で再映画化されている。日本ではなぜか劇場未公開。

      Women Poster

マンハッタンに住む裕福な女性、メアリー(ノーマ・シアラー)は、彼女の夫が宝石店の店員クリスタル(ジョーン・クロフォード)と不倫をしている事を知り、ショックを受ける。

 Women 1

友人のシルヴィア(ロザリンド・ラッセル)エディット(フィリス・ポヴァー)に慰められても収まらない彼女は、離婚を届け出るために、レノに向かい、そこでド・ラーヴ伯爵夫人(メアリー・ボーランド)ミリアム(ポーレット・ゴダード)ペギー(ジョーン・フォンテイン)と親しくなる。

 Women 2

考え直して、夫を取り戻す事を決意したメアリーは、クリスタルと対決する事にするのだが…

 Women 3

ストーリーは割合ありきたりながら、女優のみを出演させるという思い切りの良さが画面にもたらす華やかさと、名匠ジョージ・キューカーの練達の演出で、なかなかの佳作に仕上がっている。当時の旬の女優たちの華やかな競演の中でも、クロフォードの弾けた悪女ぶりがひときわ際立っている!  ⇒ 7/10点

 Women 4

ザ・ウィメン
The Women (1939年・アメリカ)
監督: George Cukor
キャスト: Norma Shearer, Joan Crawford, Rosalind Russell, Mary Boland, Paulette Goddard, Phyllis Povah, Joan Fontaine, Virginia Weidler, Lucile Watson, Marjorie Main, Virginia Grey, Ruth Hussey, Muriel Hutchison, Hedda Hopper, Florence Nash, Cora Witherspoon, Mary Beth Hughes, Dennie Moore, Jane Isbell, Butterfly McQueen, Barbara Jo Allen, Gertrude Astor, Marie Blake, Theresa Harris, Barbara Pepper, Terry as Dog in Salon ほか
上映時間: 133分


⇒ こちらもキューカー監督の秀作「ボーン・イエスタディ」(50年)感想オススメ!

⇒ シアラーの代表作「結婚双紙」(30年)感想オススメ!

⇒ クロフォードとベティ・デイヴィスの息詰まる対決劇「何がジェーンに起ったか?」(62年)感想

⇒ ゴダード出演作「モダン・タイムス」(36年)感想傑作!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード