ルーム: ジェイコブ・トレンブレイのみずみずしい演技が光る!

エマ・ドナヒューの同名小説の映画化作品。2015年9月のテルライド映画祭でプレミエ上映された後、同月のトロント国際映画祭観客賞を受賞するなど高い評価を得た。全米では10月に限定公開。今年のアカデミー賞では作品・監督など4部門でノミネートされ、ブリー・ラーソンが主演女優賞に輝いている。

      Room Poster

施錠され、外の世界から隔絶された狭い部屋で暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と母親のジョイ(ラーソン)ジョイオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)に誘拐され、7年間もこの部屋に監禁され、ジャックを産んだのだった。

 Room 1

ジャックにとっては、この狭い部屋が世界の全てだったが、ある日、オールド・ニックと言い争いをしたジョイは、彼を連れてこの部屋からの脱出を決意し、オールド・ニックに気づかれないよう、密かに計画を練る…

 Room 2

誘拐されて密室に7年間も監禁されていた若い女性と彼女がそこで産んだ子供。そこからようやく逃げ出した二人が、外の世界で新たな人生を歩んでいく姿を描いた作品で、物語は、密室で暮らす二人の日常を描いた前半と、戸惑いながらも外の世界に順応していこうとする二人の姿を描いた後半に分かれる。

 Room 3

ジャックはそれまでそこが世界だと思っていた密室からいきなり外の世界に出て、戸惑いながらも、子供らしい生命力で次第に折り合いをつけていく。それに対して、母親は、マスコミや周囲の好奇の目にさらされる生活に耐えられず、次第に心を病んでいく。そんな二人の対照的な姿を、アブラハムソン監督は、透明感を感じさせる映像で、淡々と追っていく。

 Room 4

アカデミー主演女優賞をはじめ、今年の映画賞をほぼ総なめにしたラーソンの演技はさすがだが、何よりも、5歳にして初めて外の世界に触れて戸惑うジャックを演じたトレンブレイの、本当にみずみずしい演技が心に残る。

 Room 5

センセーショナルな題材を、決してセンセーショナルにせず、繊細に描いがレニー・アブラハムソン監督の力量はさすが。心に残る秀作でした! 他にジョイの両親役として、ジョーン・アレンウィリアム・メーシーが出演。  ⇒ 9/10点

 Room 6

ルーム
Room (2015年・アメリカ)
監督: Lenny Abrahamsson
キャスト: Brie Larson, Jacob Tremblay, Joan Allen, William H. Macy, Sean Bridgers, Tom McCamus, Amanda Brugel, Joe Pingue, Cas Anvar, Wendy Crewson ほか
上映時間: 118分


⇒ メーシー出演作「セッションズ」(12年)感想太鼓判!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード