緑園の天使: 輝いていた12歳のエリザベス・テイラー!

1935年に発表されたイーニッド・バグノルドの同名小説の映画化作品で、デビュー間もない当時12歳のエリザベス・テイラーを主演に迎えている。共演はミッキー・ルーニー。米国では1944年12月に公開され、翌年のアカデミー賞では、監督賞を含む5部門でノミネートされ、助演女優賞(アン・リヴィア)と編集賞を受賞している。

      National Velv et Poster

1920年のイギリス。田舎街で肉屋を営んでいるブラウン夫妻(ドナルド・クリスプ、リヴィア)家の次女ヴェルヴェット(テイラー)は何よりも馬が好きで、いつかは自分の馬を持ちたいというのが夢。

 National Velvet 1

そんなブラウン家のもとに、騎手くずれの少年マイ(ルーニー)が訪ねてくる。彼は、くじで村きっての暴れ馬パイを引き当てたヴェルヴェットの訓練を引き受ける事になるのだが…

 National Velvet 2

1942年にデビューした子役スターとしてブレイクするきっかけとなった作品。デビュー当時のテイラーはその瞳をはじめ、全体的に大人びた雰囲気なので、子役には向いていないという評価だったらしいが、この作品では、その特徴ある瞳の魅力を逆に存分に活かし、ヴェルヴェット役をハツラツと演じていて、やはり印象的!

 National Velvet 3

彼女を取り巻く共演陣が、ヴェルヴェットを見守る優しい母親役を演じたアカデミー初演女優賞を獲得したリヴィアをはじめ、手堅い演技でテイラーを盛り立てていて、しっかりとした作品に仕上がっている。 

 National Velvet 4

原作はその後1978年に、当時人気のあった子役スター、テイタム・オニールを主演に迎えて「インターナショナル・ベルベット 緑園の天使」として再映画化されているが、やはりテイラーの魅力には比べるべくもない…  ⇒ 7/10点

 International Velvet

緑園の天使
National Velvet (1944年・アメリカ)
監督: Clarence Brown
キャスト: Elizabeth Taylor, Mickey Rooney, Donald Crisp, Anne Revere, Angela Lansbury, Jackie Jenkins, Juanita Quigley, Arthur Treacher, Reginald Owen, Norma Varden, Terry Kilburn, Eugene Loring, Arthur Shields ほか
上映時間: 123分


⇒ テイラーの凄演がアカデミー主演女優賞獲得につながった「バージニア・ウルフなんかこわくない」(66年)感想

⇒ ルーニー出演作「少年の町」(38年)感想

⇒ リヴィア出演作、アメリカに存在していたユダヤ人差別の実態を描いたエリア・カザン監督の「紳士協定」(47年)感想オススメ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード