北米興行成績 (2016年6月27日)

いよいよ学校が夏休みに入った先週末、1996年に大ヒットとなったSF大作の20年ぶりの続編が、前週トップのピクサー最新作に挑戦したが:

① Finding Dory (第2週、前週1位)
② Independence Day: Resurgence (初登場)
③ Central Intelligence (第2週、前週2位)
④ The Shallows (初登場)
⑤ Free State of Jones (初登場)
⑥ The Conjuring 2 (第3週、前週3位)
⑦ Now You See Me 2 (第3週、前週4位)
⑧ X-Men: Apocalypse (第5週、前週6位)
⑨ Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows (第4週、前週7位)
⑩ Alice Through the Looking Glass (第5週、前週9位)


1996年に公開されて大ヒットとなり、ローランド・エメリッヒ監督の名を一躍高めた「インデペンデンス・デイ」の久しぶりの続編、"Independence Day: Resurgence" だが、期待したほど観客動員数が伸びず、興行収入42百万ドルで、興行収入73百万ドルと先週も圧倒的な成績でトップの座を堅持した "Finding Dory" に遠く及ばず、2位スタートとなった。エメリッヒ監督が再びメガホンを取り、前作の出演者の多くが引き続き出演した本作だったが、批評家からの評判は芳しくなく、観た人の平均評価も B と微妙。

      Resurgence Poster

興行収入 17百万ドルとこちらは予想を上回る成績で4位に食い込んだのが、ブレイク・ライブリーがサメに襲われるサーファー役を演じたスリラー、"The Shallows"。批評家からの評価はまあまあで、観た人の平均評価も B+

      Shallows Poster

興行収入 7.8百万ドルと、少し引き離されての5位となったのが、南北戦争を舞台にしたマシュー・マコノヒー出演作、"Free State of Jones"。こちらは批評家からの評価はそこそこだが、観た人の平均評価は A- と好評。

      Free State of Jones Poster

限定公開作では、今年のサンダンス映画祭で高い評価を得たダニエル・ラドクリフポール・ダノの共演作、"Swiss Army Man" が3館、サム・ニール主演のニュージーランドのアドベンチャー・コメディ、"Hunt for the Wilderpeople" が5館、エレン・バースティンをはじめ、ダニー・デヴィート、グレタ・ガーウィグ、ジュリー・デルピーなど豪華出演陣の "Wiener-Dog" が2館で公開され、いずれも評判が良いようだ。

      Swiss Army Man Poster
      Hunt for Wilderpeople Poster
      Wiener Dog Poster
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード