輪舞 〜 女性映画の巨匠がダニエル・ダリューを美しく描く

19世紀末のウィーンを舞台としたアルトゥル・シュニッツラーの戯曲の映画化で、監督は「女性映画の巨匠」と言われたドイツ出身のマックス・オフュルス監督。 ユダヤ人であったオフュルスは、ナチスの台頭により、活動の中心をフランスに移したが、第二次大戦勃発と同時にアメリカへ逃れ、戦後1950年にフランスに戻った直後に製作した作品だった。英国アカデミー賞では作品賞に輝き、翌年の米アカデミー賞では、脚色賞・美術賞の2部門にノミネートされた。

      Ronde Poster

1900年のウィーン。娼婦のレオカディ(シモーヌ・シニョレ)フランツ(セルジュ・レジアニ)という兵士に恋をしていて、彼を強引に誘惑しようとするが、その場から首尾よく逃げ出したフランツは、純情で可憐な小間使いマリー(シモーヌ・シモン)をたぶらかす事に成功する。

 Ronde 1

一方、ドンファンを気取る小間使いの若主人アルフレート(ダニエル・ジェラン)は、裕福な人妻エマ(ダニエル・ダリュウ)のところへ出かけ、苦心惨澹の末やっと自分になびかせる事に成功する。

 Ronde 2

エマの夫カール(フェルナン・グラヴェ)は、妻が最近とみに美しくなって来たので有頂天だが、その彼にもアンナ(オデット・ジョアイユー)という売り子とねんごろ。ところがそのアンナにも、自惚れ屋の詩人ロベルト(ジャン=ルイ・バロー)を始め彼女を追いかける男が沢山いる。

 Ronde 3

その実、ロベルトの本命は情熱的な女優シャルロッテ(イザ・ミランダ)なのだが、彼女が愛しているのは若い金持の伯爵士官(ジェラール・フィリップ)なのであった…

 Ronde 4

映画に登場する男女全員が恋の熱に浮かされていて、題名の輪舞そのままに、それらの恋愛模様がもつれ合いながら、物語が展開していく。

 Ronde 5

シモーヌ・シニョレジェラール・フィリップダニエル・ダリューなど、フランス映画界きっての美男美女が出演しているだけあって、映画全体の雰囲気が艶っぽい。舞台が世紀の移り変わる頃のウィーンというのも物語の艶っぽさを助長していて心憎い。

 Ronde 7

これだけ主要登場人物が多いと、物語が散漫になりやすいのだが、オフェルス監督はうまくまとめている。フランス映画史上最高の美女と言われたダリューはさすがに見とれてしまうほど美しい!  ⇒ 7/10点

 Ronde 6

輪舞
La Ronde (1950年・フランス)
監督: Max Ophuls
キャスト: Anton Walbrook, Simone Signoret, Serge Reggiani, Simone Simon, Daniel Gélin, Danielle Darrieux, Fernand Gravey, Odette Joyeux, Jean-Louis Barrault, Isa Miranda, Gérard Philipe ほか
上映時間: 95分


⇒ シニョレ主演の秀作スリラー「悪魔のような女」(55年)感想オススメ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード