北米興行成績 (2016年10月3日)

早くも先週末は10月となり、来年のアカデミー賞を占う重要な場であるニューヨーク映画祭も開幕。そんな中で全米公開作3作がデビューしたが:

① Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (初登場)
② Deepwater Horizon (初登場)

③ The Magnificent Seven (第2週、前週1位)
④ Storks (第2週、前週2位)
⑤ Sully (第4週、前週3位)
⑥ Masterminds (初登場)
⑦ Queen of Katwe (第2週、前週圏外)

⑧ Don't Breathe (第6週、前週7位)
⑨ Bridget Jones's Baby (第3週、前週4位)
⑩ Snowden (第3週、前週5位)


興行収入29百万ドルで事前予想通り順当にトップに立ったのが、人気ファンタジー作家 Ransom Riggs の代表作を鬼才ティム・バートン監督が映画化した "Miss Peregrine's Home for Peculiar Children"バートン監督にとっては、2010年の「アリス・イン・ワンダーランド」以来、久々のヒットとなった。観た人の平均評価は B+

      Peregrine Poster

興行収入21百万ドルで続く2位に入ったのが、実際の出来事を題材にしたマーク・ウォルバーグ主演のアクション大作 "Deepwater Horizon"。総製作費1億ドル以上をかけた作品としてはやや不本意な出だしだったかも知れないが、批評家からの評判は良く、観た人の平均評価は A- とこちらも良好なので、この先どこまで観客数を伸ばす事が出来るだろうか。

      Deepwater Horizon Poster

興行収入6.6百万ドルと、上記2作からやや離されての6位スタートとなったのが、ザック・ガリフィアナキスクリステン・ウィグが共演したコメディ映画、"Masterminds"。人気コメディアン同士の共演作品としては、ちょっと寂しいスタートとなってしまったが、こちらは観た人の平均評価は B- と、あまりパッとしない。

      Masterminds Poster

この他では、52館での公開でスタートしたルピタ・ニョンゴ主演のディズニー映画 "Queen of Katwe" が、上映館数を 1,242館に拡大した公開2週目にトップ10入りしている。

 Queen of Katwe

限定公開作では、ホロコーストの研究で知られるアメリカの歴史家 Deborah Lipstadt の2005年の著作 "History on Trial: My Day in Court with a Holocaust Denier"レイチェル・ワイズ主演で映画化した "Denial" が5館、シャイア・ラブーフ出演のロード・ムービー、"American Honey" が4館で公開され、いずれも高い評価を得ているようだ。

      Denial Poster
      American Honey
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード