北米興行成績 (2016年10月17日)

このところ、すっかり秋めいてきたニューヨークだが、先週末は久々に暖かさが戻って一息ついた感じ。全米公開作は3作がデビューしたが:

① The Accountant (初登場)
② Kevin Hart: What Now? (初登場)

③ The Girl on the Train (第2週、前週1位)
④ Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (第3週、前週2位)
⑤ Deepwater Horizon (第3週、前週3位)
⑥ Storks (第4週、前週5位)
⑦ The Magnificent Seven (第4週、前週4位)
⑧ Middle School: The Worst Years of My Life (第2週、前週7位)
⑨ Sully (第6週、前週8位)
⑩ The Birth of a Nation (第2週、前週6位)


事前予想を上回る興行収入25百万ドルでトップに立ったのが、ベン・アフレックアナ・ケンドリックが共演したアクション・スリラー、"The Accountant"。前週にトップに立った "The Girl of the Train" と同じジャンルの作品だが、こちらは観た人の平均評価は A- と良好で、成績を伸ばしそう。

      Accountant Poster

興行収入12百万ドルで続く2位に入ったのが、人気絶頂のコメディアン、ケヴィン・ハートの舞台を映画化した "Kevin Hart: What Now?"。彼の舞台を映画化したものとしては3作目に当たるこの作品、批評家からの評価はこれまでで一番良く、観た人の平均評価も A- と良好。

      What Now Poster

玩具メーカー、マテル社のアクション・フィギュアを主人公にしたヒーロー物、"Max Steel" は、興行収入2.2百万ドルと不振のスタートでトップ10入りを逃してしまった。観た人の平均評価は B だった。

      Max Steel Poster

限定公開作では、今をときめくクリステン・スチュアートに、ローラ・ダーンミシェル・ウィリアムスという華やかな共演が実現した "Certain Women" が5館、杉浦日向子の人気漫画「百日紅」を原作にした2015年のアニメ映画 "Miss Hokusai" (邦題は「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」)が2館、1979年に自分のトークショーの生放送中にテレビカメラの前で自殺したニュースキャスター、Christine Chubbuck を描いた "Christine" (主演はレベッカ・ホール)が1館で公開され、それぞれ高い評価を得ているようだ。

      Certain Women Poster
      Miss Hokusai Poster
      Christine Poster
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード