北米興行成績 (2016年10月24日)

ハロウィンを来週に控えたニューヨーク。先週末はハロウィンをテーマにした人気シリーズの最新作を含め、4本の全米公開作がデビューしたが:

① Boo! A Madea Haloween (初登場)
② Jack Reacher: Never Go Back (初登場)
③ Ouija: Origin of Evil (初登場)

④ The Accountant (第2週、前週1位)
⑤ The Girl on the Train (第3週、前週3位)
⑥ Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (第4週、前週4位)
⑦ Keeping Up with the Joneses (初登場)
⑧ Kevin Hart: What Now? (第2週、前週2位)
⑨ Storks (第5週、前週6位)
⑩ Deepwater Horizon (第4週、前週5位)


興行収入29百万ドルと、予想を上回る成績でトップに立ったのが、黒人観客層から根強い人気を誇っているタイラー・ペリー"Madea" シリーズの最新作でハロウィンをテーマにした "Boo! A Madea Halloween"。シリーズ9作目となるこの作品、最近人気に陰りが見られてきたこのシリーズとしては、久々のヒットとなった。批評家からの評価はあまり高くないのだが、観た人の平均評価は A と、相変わらず支持は厚い。

      Boo Poster

興行収入23百万ドルと、こちらも事前予想を上回る成績で2位に入ったのが、ジャック・リーチャーを主人公にした人気小説シリーズをトム・クルーズ主演で映画化した「アウトロー」(12年)の続編、"Jack Reacher: Never Go Back"。今年は人気映画の続編にあまりヒット作がなく、受難の年とみられていたのだが、本作は前編を上回る成績でジンクスを打ち破った。批評家からの評価はまちまちだったが、見た人の平均評価は B+ とまずまず。

      Never Go Back Poster

興行収入14百万ドルと、こちらは予想を下回る成績で3位スタートとなったのが、2014年にサプライズ・ヒットとなったホラー映画 "Ouija" の続編、"Ouija: Origin of Evil"。こちらは他のホラー映画の例にもれず、観た人の平均評価は C と低調だったが、批評家からの評価は高いのが意外。

      Origin of Evil Poster

興行収入 5.5百万ドルと、上記3作より話されての7位発進となったのが、ザック・ガリフィアナキスアイラ・フィッシャーが共演したコメディ映画 "Keeping Up with the Joneses"「ハングオーバー」シリーズで一躍ブレイクしたガリフィアナキスも、その後今一つ勢いに乗り切れていない感じ。見た人の平均評価は B-

      Keeping Up with Joneses Poster

限定公開作では、マイアミの貧困地区で育った黒人青年の青春を描き、批評家から絶賛されている "Moonlight"ニューヨークロスの4館で公開されたほか、ドナルド・トランプを題材にしたマイケル・ムーアの最新ドキュメンタリー "Michael Moore in TrumpLand" が2館、韓国発のスリラー映画 "Handmaiden" が5館で公開され、注目を集めている。

      Moonlight Poster
      TrumpLand Poster
      Handmaiden Poster

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード