インデペンデンス・デイ: リサージェンス 〜 大ヒット作の20年ぶりの続編は…

1996年に公開され、ローランド・エメリッヒ監督の名を一躍高める事になった大ヒット作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。ちょうど前作から20年後という時代設定で、エイリアンによる地球侵略に、再び人類が立ち向かう様子が描かれている。ジェフ・ゴールドブラムビル・プルマンら、前作の主要キャストが再び集結している。全米では、2016年6月に公開され、公開週に興行ランキングの2位にランクインしている(トップは「ファインディング・ドリー」)。

      Resurgence Poster

エイリアンによる侵略攻撃の前に、滅亡の危機に瀕しながらも何とか勝利する事が出来てから約20年が経過、その間に、人類は次のエイリアンの来襲に備え、20年前にエイリアンが遺棄していった宇宙船の技術を転用した防衛システムを築き上げていた。

 Resurgence 1

そんな中、アメリカ全土を覆うほど巨大な宇宙船が出現し、重力を自由に操る圧倒的な攻撃力で、ニューヨークロンドンなど世界の主要都市を破壊していく。

 Resurgence 2

ついに頼みの防御システムも無力化されてしまう中、20年前の攻撃で両親を失ったジェイク・モリソン中尉(リアム・ヘムズワース)地球防衛司令部の部長となっていたデイヴィッド・レヴィンソン (ゴールドブラム)、20年前当時アメリカ大統領だったトーマス・J・ホイットモア(プルマン)、彼の娘で現大統領の補佐官を務めるパトリシア(マイカ・モンロー)らが反撃を試みるべく、奇しくも20年前と同じ7月4日(米国独立記念日)に立ち上がる…

 Resurgence 3

1996年の前作を皮切りに、今やディザスター映画の帝王としての評価をすっかり確立したエメリッヒ監督。20年ぶりの続編ではスケール感は一段とアップし、映画を通じてエメリッヒ節全開で凄まじい破壊ぶりが展開されていく。

 Resurgence 4

但し、ディザスター度はアップした分、ストーリーは置き去りにされている印象で、映画としては妙に味が薄い。前作のウィル・スミスのように、超人的な活躍をするスターがいれば良かったのだが、本作のヘムズワースはやや小粒な感で、映画を引っ張るには至っていなかった。他にシャルロット・ゲンズブールが出演。  ⇒ 6/10点

 Resurgence 5
 Resurgence 6

インデペンデンス・デイ: リサージェンス
Independence Day: Resurgence (2016年・アメリカ)
監督: Roland Emmerich
キャスト: Liam Hemsworth, Jeff Goldblum, Bill Pullman, Maika Monroe, Jessie Usher, Seta Ward, William Fichtner, Judd Hirsch, Corin Nemec, Brent Spiner, Patrick St. Esprit, Vivica A. Fox, Angelababy, Charlotte Gainsbourg, Deobla Oparel, Nicolas Wright, Travis Tope, Ng Chin Han ほか
上映時間: 120分


⇒ エメリッヒ監督の「2012」(09年)感想

⇒ ヘムズワース出演作「ゴーストバスターズ」(16年)感想

⇒ ゲインズブール主演作「ニンフォマニアック Vol. 1」(13年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード