ザ・ウォーク 〜 ロバート・ゼメキス監督が描くスリリングな綱渡り!

1974年にニューヨークワールド・トレード・センターでの空中綱渡りを敢行したフランス人、フィリップ・プティを描いたロバート・ゼメキス監督による実録ドラマ。2015年のニューヨーク映画祭でプレミエ上映された後、全米で限定公開され、上映館数が拡大された公開2週目に興行ランキングの7位にランクインしている(トップは「オデッセイ」)。

       The Walk

1974年、フランス・パリの街角で歌を歌いながら生計を立てているアニー(シャルロット・ルボン)は、大道芸人のフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)と出会う。

 Walk 1

伝説の綱渡り師、パパ・ルディ( ベン・キングズリー)に綱渡りを教わりながら、大道芸人として誰もが成し得なかったような大きな事をしたいと夢見るフィリップは、とうとう、ニューヨークの超高層ビル、ワールド・トレード・センターの2つのビルの間を綱渡りで渡ると言う、奇想天外な事を考えつく…

 Walk 4
 Walk 2

2011年9月の同時多発テロで崩壊してしまったワールド・トレード・センター。1973年の竣工直後に2つのビル間にワイヤー・ロープを張り、綱渡りを決行した男がいたなんて事は、この映画を見るまでは実は知らなかった。

 Petit.jpg
 実際のフィリップ・プティ

このプティと、彼の計画実行を支えた人たちの破天荒な物語を、ゼメキス監督は、スリリングに描いていく。地上417メートルのビルの屋上から、命綱もつけずに綱渡りを行うなんて、尋常な神経では考えられないのだが(風も強かったはずなのに!)、破天荒さもここまで来ると、痛快に思えてくるから不思議。

 Walk 3

プティ役のゴードン=レヴィット、どことなく軽やかな雰囲気が漂う役者さんだが、彼の演技が映画全体にも一種の軽やかさを醸し出していて、綱渡りをテーマにしたこの映画にピッタリな感じだった。ゼメキス監督らしい、エンターテイメント性とスリルを上手に組み合わせた作品!  ⇒ 7/10点

 Walk 5

ザ・ウォーク
The Walk (2015年・アメリカ)
監督: Robert Zemekis
キャスト: Joseph Gordon-Levitt, Charlotte Le Bon, Ben Kingsley, Clément Sibony, James Badge Dale, César Domboy, Ben Schwartz, Benedict Samuel, Steve Valentine ほか
上映時間: 123分


⇒ ゼメキス監督の前作、「フライト」(12年)感想太鼓判!!

⇒ ゴードン=レヴィット主演作「LOOPER/ルーパー」(12年)感想オススメ!

⇒ ルボン出演作「マダム・マロリーと魔法のスパイス」(14年)感想オススメ!

⇒ キングスレー出演作「ディクテーター」(12年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード