スーサイド・スクワッド 〜 DCコミックスの悪役が勢ぞろいしたが…

DCコミックスに登場する悪役たちで結成された特殊部隊が、悪に立ち向かっていく姿を描いた異色のアクション映画。監督は「エンド・オブ・ウォッチ」(12年)で注目されたデヴィッド・エアー。全米では2016年8月に公開され、批評家からの評価は低かったものの、公開週より3週連続で興行ランキングのトップに立つ大ヒット作となった。

      Suicide Squad Poster

スーパーマンが死亡し、迫り来る世界崩壊の危機を前に、米国政府の高官アマンダ・ウォーラー(ヴィオラ・デイヴィス)は、凄腕の殺し屋デッドショット(ウィル・スミス)ジョーカー(ジャレッド・レト)の恋人で元精神科医のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、元ギャングのエル・ディアブロ(ジェイ・ヘルナンデス)ら、死刑や終身刑になってベルレーブ刑務所に服役していた犯罪者を結集し、減刑と引き換えに、悪と対決させる特殊部隊スーサイド・スクワッドを結成する。

 Suicide 1

命令に背いたり、任務に失敗すると作動する自爆装置を埋め込まれた彼らは、リック・フラッグ大佐(ジョエル・キナマン)の指揮の下、魔女のエンチャントレスに取り憑かれてしまい、世界征服を企む考古学者のジューン・ムーン博士(カーラ・デルヴィーニュ)と対決する事に…

 Suicide 2

アメコミのヒーローたちを主人公にした映画が全盛のアメリカ映画界、それだけでは飽きられると思ったのか、最近はアンチヒーロー的な存在を主人公にした「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(14年)「デッドプール」(16年)などが公開されているが、本作もその流れに乗った作品。

 Suicide 3

DCコミックス選りすぐりのアクの強いキャラクターが活躍する本作、その中でもひときわ異彩を放っているのが、ハーレイ・クインを演じるマーゴット・ロビージョーカーを演じるジャレット・レト。特にロビーは従来のイメージからは考えられないぶっ飛びぶり!

 Suicide 4
 Suicide 5

但し、この二人の演技を覗くとストーリーは意外に平凡で、主演格のウィル・スミスも精彩を欠く感じ。思い切りハメを外した映画にした方が、これらのキャラクターが生きたのではないだろうか?鬼才エアーの作品としてはちょっと残念な出来。  ⇒ 5/10点

 Suicide 6

スーサイド・スクワッド
Suicide Squad (2016年・アメリカ)
監督: David Ayer
キャスト: Will Smith, Margot Robbie, Jared Leto, Viola Davis, Joel Kinnaman, Jai Courney, Jay Hernandez, Adewale Akinnuoye-Agbaje, Cara Delevingne, Karen Fukuhara, Ike Barinholtz, Scott Eastwood, Adam Beach ほか
上映時間: 123分


⇒ エアー監督の前作「フューリー」(14年)感想

⇒ スミス主演作「コンカッション」(15年)感想

⇒ ロビー出演作「アメリカン・レポーター」(16年)感想

⇒ デイヴィス出演作「エンダーのゲーム」(12年)感想

⇒ レトのアカデミー助演男優賞受賞作「ダラス・バイヤーズクラブ」(13年)感想オススメ!

⇒ キナマン出演作「ラン・オールナイト」(15年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード